ユニクロのヒートテックパイルハーフソックスは最高の防寒を誇る隠れた名作!

冬に暖かく使い勝手がよい靴下を探しているなら最適なソックスがあります。しかし、あくまで防寒用なので、オシャレな靴下とはいえません。その点、ご承知おきください。

ユニクロのヒートテックパイルハーフソックスは、10年ほど前から毎年展開している定番商品です。普通の綿の靴下は、履き心地がよいですが、寒いです。そして汗をかくと濡れて冷たくなります。

他社のオシャレなパイルソックスは、暖かいけど蒸れます。化学繊維でできているので、汗で濡れるんです。また、裾から入る風が肌まで通り、足首が寒くなります。昔のヒートテックパイルソックスも蒸れました。しかし最近は、暖かいのに蒸れない素材を使っています。ヒートテックの靴下は他にもあります。デザイン的にもかっこいいのがあります。しかし、パイル地ではないので、筆者は足が冷えてしまいます。特に足首は寒いです。

なぜ冬場にハーフソックスなのか?

実は、ヒートテックパイルハーフソックスとヒートテックタイツが最強のコンビなのです。冬場に、暖パンではなく、普通のパンツをはく場合、ヒートテックのタイツは必須です。しかし、通常サイズの靴下は、ずり落ちます。ずり落ちて、足首にクシャとたるみができます。これはカッコ悪いし、はいていても気持ちよくないです。

しかし、ハーフソックスであれば、ヒートテックのタイツの上からはけば、丁度足全体を覆って、暖かく違和感もありません。

足首はヒートテックタイツとヒートテックパイルハーフソックスの重ね技で、裾から入る風でも寒くありません。筆者は、この組み合わせで下半身は寒さ知らずです。

弱点は?

1つ目の弱点は、先にも書きましたが、柄がないので、オシャレとしてのチラ見せは難しいです。靴やパンツと色を合わせて、脚長効果を持たせたいものです。

2つ目の弱点は、色の展開が少ないことです。昨年まで、ヒートテックパイルハーフソックスは、3〜4色展開でした。白、ライトグレー、ダークグレー、黒です。黒のパンツには合わせられますが、インディゴデニムやカラーパンツには合わせられませんでした。それが、今年は、ワイン、ブラウン、ブルー2色も追加されて、合計8色になったので、弱点は少し解消されました。


http://urx.blue/Pf3F

3つ目の弱点は、パイルの為、厚みが出て、靴がきつくなることです。夏場、薄手の靴下でジャストサイズの靴だと、ヒートテックパイルハーフソックスを履くときついです。靴のサイズをハーフサイズ上げると丁度良い感じです。しかし、それだと普通の靴下を履くと靴がぶかぶかです。靴下二枚重ねや、インソールで対応しないといけません。

4つ目の弱点は、毛玉が出来ることです。外側にもできますが、内側のパイル地の毛が擦れて剥がれて固まって、かなり大きな毛玉が出来ることがあります。洗濯後、靴下を裏返し、毛玉を取る作業を行う必要があります。

弱点もありますが、寒がりの筆者は、冬の仕事のある日のほとんどをこの靴下で乗り切っています。寒い場所での仕事や、ちょっとしたお出かけに、足元ぽかぽかのヒートテックパイルハーフソックスはいかがでしょうか。

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【119選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.02.17
とおげ

この記事を書いた人

とおげ

身長165㎝ 体重70㎏ 靴25.5㎝

ブログ「ポッコリ男子のオシャレ講座」執筆中。お腹ポッコリ男子でもかっこよくなれる方法を模索してます。

「ポッコリ男子のオシャレ講座」