2019春夏ユニクロイネスのシルクスカーフはツヤがすばらしい!

2019年春夏ユニクロ×イネスのコラボはメンズの展開こそありませんが、「シルクスカーフ」は春を彩るオシャレな小物として、男性にもオススメしたいアイテムです。シルクのツヤがたっぷりで、なめらかな肌触り。見た目にも高級感が漂います。オシャレ上級者のイメージが強いスカーフですが、価格は1990円(+税)で、手に取りやすいことも魅力です。簡単な使い方も後述していきます。「どうせメンズの展開は無いし」とチェックしていなかった方、もったいないのでこれだけは是非見てみてください。

かわいらしいデザインは気にするな

お花が描かれたようなデザイン。イネスコラボは男性をターゲットとしていないため、女性向けであることがかわいらしさに反映されていますね。当然、これだけ見たらかわいすぎて買うのをためらいますよね。正直言ってこのデザインに惹かれて買う男性は少ないでしょう。

形状はいたって普通で、50×50の正方形でワンサイズ展開。首に巻く分には特に支障ないサイズ感です。

(参考/別のブランドのスカーフ)

筆者は別のブランドでもいくつかスカーフを所持していますが、柄は大して重要視していません。上掲のスカーフは、犬がモチーフです。柄はやんちゃな印象で、大人っぽさは微塵もありません。

しかし、スカーフは主にたたんで使います。こんなふうに折りたたむと、柄はわからず、黒を基調とした白・青・赤のペイントデザインとなります。広げた時のような妙にガキっぽい印象はありませんよね。

イネスコラボのスカーフも、このように元の柄はわかりません。配色が少々かわいらしいですが、これだけ小さい面積ですから、こと女性っぽいということにはならないでしょう。

案外、柄が気に入ってスカーフやストールを買っても、巻いたときの印象は違って見えます。使いにくそうな柄でも、巻いてしまえば意外と使いやすいこともあります。イネスコラボのスカーフも、同様。春夏らしい爽やかな色使いは、レディースアイテムならではでしょう。普段黒ばかり着ているような方でも、小物ならチャレンジしやすいのではないでしょうか。

高級素材のシルクはツヤ抜群

柄は意外と使いやすことがわかりました。筆者が惹かれたのは、なんといっても素材です。シルク100%で、抜群のツヤを伴う高級感溢れる生地にこそあります。高そうに見えると言うだけで、大人っぽく見えます。コーディネートの中でも、顔まわりは特に視線を集めやすい箇所です。目立つ首元にツヤの強いスカーフを巻くと、まず地味には見られません。

肌触りもツルツルしています。なめらかで上品な印象のため、薄っぺらい感じも無く、ふっくらとすら感じる風合いです。あまり薄手でツヤを伴わない生地感では、ハンカチっぽくなってしまいます。柄と違って、安っぽく見えないことが重要であるとご理解いただけるはずです。

洗濯は手洗い推奨。水に強い素材ではないため、徐々に風合いは褪せていく可能性があります。キツくしぼるような洗い方も避けた方が無難です。干す際にシワが出ないように伸ばしましょう。シワやヨレは、持ち味である高級感や大人っぽさを損ないます。アイロンは当て布をしてサッと掛けるのがオススメです。

ライフウエアを提唱するユニクロにありがちな、イージーケア性は一切ありません。四角く折りたたんで保管すれば、いざ使うときにたたみジワが気になります。かなりシワになりやすく、デリケートな天然素材なので、丁寧に扱う必要があります。

発色の綺麗な4色展開

http://u0u1.net/vhIe

「01 OFF WHITE」「15RED」「25 ORANGE」「69 NAVY」の4色展開。「01 OFF WHITE」は、ピンクと赤の小さい面積で装飾された柄となっています。注目すべきは配色。スカーフの柄があまり重要でないことは述べたとおりです。例えば、ネイビーのカットソーを着ている場合、スカーフと色が一体化するため、ただのクルーネックが、上品なデザイン服のようになります。

「15 RED」少々女性的です。あからさまにハートマークではないものの、かわいすぎる。いくら柄を見せないとはいえ抵抗がありますね。男性にはオススメしません。女性にこそオススメしたい一品。プレゼントにはいいかもしれません。

「25 ORANGE」は黄色を基調とした元気なお色味。こちらは店舗でも実物を確認できていません。通販サイトで見た限り、こちらも少々女性的です。春らしいと言えばその通りなのですが、「15 RED」同様強くはオススメしません。「69 NAVY」は「01 OFF WHITE」と似ています。色が反転しているような感じで、白とネイビーを基調とした清涼感溢れる配色。赤の発色がよく、筆者はこちらを選択しました。本当に微妙な差なので、お好みで選んでいいでしょう。

使い方は工夫次第でいくらでも

さて、いざスカーフを手に取ってみると、しっかりがっつり見せなきゃと思う方もいるでしょうが、慣れない内はかなり小さい面積で巻いてみてください。上掲の写真が別のスカーフで申し訳ありません。襟に沿わせるようなイメージで、「ある」と感じさせるだけで十分。印象は激変します。

レディースでは鞄に付ける方も見かけますね。男性でも問題ありません。

テーラードジャケットのポケットチーフとして使うのも面白いでしょう。綺麗に折りたたんで入れてもいいのですが、くしゅっとラフに差し込むのも男性的でかっこいいです。また、手首やベルトループにつけるのは、少々ハードルが高く、好みもあるでしょう。差別化は進みますが、着こなしが若干難しいです。自信のある方は挑戦してみるのもいいでしょう。

時計、ブレスレットは付けても、ネックレスは何を選ぼうか悩むことも多く、ジャラジャラとしたデザインはどうしても抵抗感があります。また、ホストっぽい上にわざとらしい。スカーフであれば、首に巻く以外の選択肢もあり、金属ネックレスと違って洋服と同じ布でできているため悪目立ちしにくいです。通販サイトでは在庫切れとなっていますが、大型店舗限定で、まだまだ在庫があります。取り寄せも可能なため、気になる方は是非チェックしてみてください。

ユニクロユー2019春夏まとめはこちらから↓

【2019春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【24選】

2019.04.07
ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【125選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.03.04
TAKUMA

この記事を書いた人

TAKUMA

身長167㎝ 体重51kg 靴25.5㎝

オシャレになって見た目も中身も磨きたいアラサー男子。人に見られることに臆さず自信を持って、胸を張って生きて欲しい願いを込めます。細身のシンプルなコーディネートが好き。さあ「脱地味」しよう。