2019春夏ユニクロ×JWアンダーソンのボーダーソックスは春らしさを足元で簡単にプラスできる

ユニクロとハイブランドのデザイナーコラボ

ユニクロとJWアンダーソンとのコラボはユニクロUに比べてデザインに富んだ商品が多い特徴があります。その違いは当然ながらデザイナーの違いによるものですが、使いやすさという点においては、ユニクロUに軍配が上がります。ベーシックな商品が多いので、アイテムとの親和性が高く、コーディネートとしての合わせをする上で苦労することがありません。

一方、JWアンダーソンはデザイン性に富んでいるため主張が強く、一点のパワーという意味では高いと言えます。そんな攻撃力の高いJWアンダーソンとのコラボを味わうアイテムとして、もっとも使いやすい商品といえば、靴下です。

デザインはシンプルなボーダー

同じ靴下でも多色使いの商品がある中でこちらはダークトーンのネイビーと白のボーダー柄です。ネイビーがベースで、ボーダーのピッチは細めです。靴下単体で見てしまうとこうしたシンプルなボーダー柄でも主張が強いなぁと感じてしまう方もいるかもしれません。ただ、コーディネートを想像してみて下さい。フルレングスやアンクル丈のパンツを履いて、靴を履いてしまえばボーダーのソックスが見える部分はほんの僅かです。

しかしながら、そんな僅かな領域にボーダーという主張が覗くことで程よいアクセントになります。また、靴を脱ぐ機会があれば、靴下にまで気を遣っていることが分かり、オシャレだなと思われることも多いでしょう。ちなみに、ワンポイントで赤色のブランドのロゴマークが入っています。それぞれにワンポイントなので、右足用と左足用の区別のついた靴下となります。

(デザインはシンプルなボーダー)

(ワンポイントにブランドのロゴマーク)

サイズは25〜27cmと27cm〜29cmの展開です。価格は3点で990円(+税)です。良心的価格かつシンプルなデザインなので手を出しやすいと言えるでしょう。また、機能的には消臭機能をプラスしているとのことです。実感としてなかなか分かりづらいところではありますが、オマケの機能と捉えておいてもらえればいいかと思います。

素材はコットン100%。コットンコーマという上質でハリのある素材のようです。確かに何度も着用していますが伸びたり型が崩れたりということで気になることはないです。耐久性にも問題はないと感じています。また、かかとを立体構造にしており、フィット感がよくズレにくいように作られています。こちらも実感としてズレたりすることはなく、フィット感も感じられます。以上のことから靴下としての基本機能は全て備えられていると言えます。

(ボーダーのピッチは細め)

洗濯後はやや毛羽立ちも

写真を見て頂ければ伝わるかと思うのですが、購入後少なくとも5回以上は着用しています。つまり5回以上洗濯機に入れて洗濯をしているのですが、やや毛羽立ってきました。着用時に細かく見られることも少ないのでそこまで気にしなくてもいいと思いますが、気にする方もいらっしゃるかもしれないので、正直に書いておきます。

(やや毛羽立ちが出てきた)

春らしさは足元から

冬から春の装いへなかなか切り替えきれない方もいるかと思います。そういった方はこういったボーダーの靴下を使って、ちらっと見せてあげれば、春らしさが出てきて良いので是非お試し下さい。パンチが強いJW アンダーソンとのコラボの中でも使いやすさは抜群なのでおすすめします。

メンズおすすめソックスまとめはこちらから↓

【2019】おすすめのメンズソックス42選!足元からオシャレしよう!

2019.05.27
きつね顔

この記事を書いた人

きつね顔

身長173㎝ 体重67㎏ 靴27㎝

ずっとコンプレックスだったファッションを克服し、同じような悩みをもつ人達を少しでもらくにしてあげたいと考える29歳。ファストファッションをメインにコスパのいいファッションがモットー。最近の趣味は美術館やアート作品巡り。

twitter