2019年春夏ユニクロ×JWアンダーソンの「アシンメトリーT」はメンズも使える一枚

2019年春夏ユニクロ×JWアンダーソンのコラボアイテムが販売開始となりました。春夏らしく、カラフルなカラーパレットに、遊びの利いたデザインが多く展開されています。そんな中で「アシンメトリーT(半袖)」は、左右の裾が左右非対称の変わったデザイン。レディースアイテムらしくメンズにはなかなか見られない攻めた印象です。生地もツヤがあり、コットン素材でありながら高級感を伴います。サイズは決して大きめの作りではありませんが、展開されているサイズが合えば是非お試しいただきたい一品となっています。

個性的な左右非対称なデザイン

まずはこのアイテム最大の特徴である「アシンメトリー」な裾。右側の丈に対して左側が15㎝短いです。平置きするとわかりやすいのですが、縦以上に横に幅広な作りとなっています。裾幅は80㎝以上あります。

とは言えこれが実際に着用すると、生地が落ちてくるため、こんな風に裾が左右非対称のデザインとなります。インナーに裾が見えるタンクトップなど重ね着しても面白いですね。ドレープ感が、若干モードっぽい印象もあります。テーラードジャケットのインナーなどに使えば、雰囲気抜群です。

裾以外は比較的シンプルなクルーネックデザインのカットソーです。ネック部分はレディースアイテムにありがちな大きく開いたようなセクシーさはありません。男性でも安心して着られるスタンダードな作りです。逆に、キツくて苦しいといったこともありません。ご安心ください。

袖は若干短めです。中途半端に長いよりは、短い方が、二の腕の一番太い部分が露出するため、実は腕が太く見えます。筆者も細腕が悩みですが、視覚効果によって男らしくたくましさを獲得できることを実感しています。

ワンポイントでロゴも入っています。よく見ても見えないので、支障はありませんが、アクセントともなり得ません。

高級感があるつやつやの生地

特徴的なデザインにばかり目が行きがちですが、生地にも注目。綿100%の割には妙にツヤがあります。ツヤのあるコットンと言われるとスーピマコットンが思い浮かびますが、極細の繊維のため、柔らかい生地感になります。こちらはハリがあり、あまり柔らかくはありません。なめらかな肌触りはスーピマコットンに共通しますが、ハリがあり、耐久力もより高そうです。

しっかりとした生地ではありますが、着心地も天然素材のため、不快感など特にありません。首のストレッチや、上半身の可動も特に支障はありません。肩のつっぱりも特に気になりませんでした。

若干ほこりが付着しやすく、目立ちます。淡色を選ばれていれば特に気にならないかもしれませんが、濃色の場合、試着室の時点でくっつきやすさが実感できるでしょう。試着室の床に置き、数点試着しているうちにくっついていましたから。ご注意ください。

洗濯機洗いが可能です。ネットに入れて裏返すくらいはしましょう。気になるのが繊維付着によって褪せたような見た目になりやすそうであること。経験上、数回の洗濯では特に気にならず支障もありませんが、夏に増える洗濯回数を考えると、避けては通れないので、割り切るのもいいでしょう。

決して大きくはないサイズ感

XS~3XLまでの7サイズ展開。167㎝、52㎏の筆者でXLをジャストサイズで選択しています。特別大きい作りでもないため、気持ち大きめを選んでも問題無いでしょう。筆者も大きめのサイズを、今後通販で購入するつもりでいます。

左右非対称の着丈は、短い方はスラックスを履いた時にポケットに掛からないくらいの長さです。長い方は太ももに掛かる程度の長さになります。XSで55㎝、Sで56㎝、Mで58.5㎝、Lで61㎝、XL・XXLで63㎝、3XLで65㎝。

やや短めの袖丈はXSで15㎝、S・Mで16㎝、L・XLで17㎝、XXLで18㎝、3XLで19㎝。

細身体型ではあるものの、肩幅はある方です。肩のラインがジャストなサイズ感で着られます。XSで38㎝、Sで39㎝、Mで40㎝、Lで41.5㎝、XLで43㎝、XXLで44㎝、3XLで45㎝。

身幅はゆとりがあります。ひらひらとした裾のため少々わかりにくいですが、裾に向かって少しずつ広がるようなシルエットになっています。レディースアイテムは、メンズアイテム以上に体型を綺麗に見せる意匠が多く見られます。スタイルアップに繋がるデザインで、オーバーサイズで着用したとしても、野暮ったい印象は少ないでしょう。XSで42㎝、Sで45㎝、Mで47㎝、Lで50㎝、XLで53㎝、XXLで56㎝、3XLで59㎝。

夏らしく爽やかなカラー展開


http://urx.blue/T0YH

「00 WHITE」「09 BLACK」「10 LIGHT PINK」「60 LIGHT BLUE」「69 NAVY」の5色展開。春夏らしく爽やかなカラーパレットになっています。筆者が選択したのは「69 NAVY」。「09 BLACK」と同様にダークトーンではありますが、青みが強く、夏の太陽光の下で映えるでしょう。

「00 WHITE」「09 BLACK」はスタンダードに着こなしやすい筆頭です。「09 BLACK」は特に、夏に1枚で着るなら間違い無い活躍をしてくれるでしょう。「00 WHITE」も、筆者はよくカットソーの下に白いインナーをレイヤードすることが多く、裾から覗かせるように重ね着します。アシンメトリーが普段とは違う見え方になると思い、最後まで悩んだ色です。

「06 LIGHT BLUE」非常に爽やかで好感を持てるお色みです。例えオールブラックの着こなしの中で一点こちらを使うだけで随分と春夏らしい着こなしになるでしょう。

「07 LIGHT PINK」も「06 LIGHT BLUE」と同様にかなり季節感のあるお色みです。ピンク系はよりかわいいイメージが増すため、女子っぽくならないように注意しましょう。黒パンツや黒ジャケットと合わせれば問題ありません。

通販サイトの商品ページを見てみると、「ベーシックとは何かを考えさせられる1枚」と書かれています。なんとも意味深なコメントです。ユニクロの通販サイトはかなりの頻度でチェックしていますが、なかなかこんなこと書いてあるアイテムはありません。できあがった商品が全てと思っている節のあるユニクロ。普段からアイテムに関して多くを語らず、商品ページの紹介文はかなり淡泊です。消費者にこんなにも考えさせてくるカットソーですから、一度は袖を通してみてもいいんじゃないでしょうか。価格は1500円(+税)。

【2019春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【25選】

2019.07.06
ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【147選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.08.05
「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【76選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
TAKUMA

この記事を書いた人

TAKUMA

身長167㎝ 体重51kg 靴25.5㎝

オシャレになって見た目も中身も磨きたいアラサー男子。人に見られることに臆さず自信を持って、胸を張って生きて欲しい願いを込めます。細身のシンプルなコーディネートが好き。さあ「脱地味」しよう。