細みの男性にオススメなユニクロのレディースレギンスパンツ

まず端的にユニクロのレディースをオススメする理由を挙げておきます。
①シルエットがキレイ
②細みの男性であれば兼用が可能
③なんといっても安い
ちなみにユニクロではウルトラストレッチジーンズなどがスキニーとしては定番ですが、今回はあえてレギンスパンツをオススメします。

レギンスパンツは究極のコスパアイテムである

レギンスと聞くと女性がスカートやハーフパンツの中にはいているイメージがありますが、これに関してはサイズさえ間違わなければ、キッチリとスキニージーンズの代わりを果たしてくれます。筆者は165cmの50kgで細み体形ですので、レディースのLサイズを選びました。

レギンスパンツに関してはウエストがゴムなので少し大きめのサイズを選ぶ事をオススメします。ちなみに、筆者の場合、Mサイズだとウエストはあっていたのですが、足がパツパツでした。

しかもストレッチが効いているので、変にピタっと貼りつく感じが少ないのも利点です。そして、1990円(+税)という圧倒的にコスパに優れたアイテムです。ウルトラストレッチジーンズが3990円(+税)なので、半分の値段で買えてしまいます。

だが、やはり欠点もあった!!

細み体形の人にとってはかなり優秀なアイテムなのですが、メンズがはくにあたり、欠点というか注意事項があります。こちらの写真でわかるでしょうか?実はポケットが無いんです!

普段ポケットに財布やスマホを入れる人にとっては中々厳しい状況です。ポケット使わない方は問題ないかと思いますさらにいうと、フロントジップもついていません。フェイクのボタンがついています。笑

ここまで長所、短所と書いてきましたが、実際にはいてみた感想は非常にストレッチが効いていて動きにくいという事もありませんでした。

実際スキニーってどうやって合わせるの?

このレギンスパンツ、合わせ方はスキニーと同じでOK。IラインシルエットかYラインのシルエットが簡単につくれます。ただかなり細いので、体形によって似合う人、似合わない人がいます。足ががっちりしてる人はパツパツになってしまうので、そういう方はテーパードパンツをオススメします。自分はこの時期、カットソーに組み合わせてラフな感じに合わせたりしています。

カットソーが少し着丈の長めのモノだったりゆったりしたモノをチョイスする事によってスキニーのシルエットも引き立ちます。カジュアルなから少しフォーマルな印象に持っていくのであればシャツをオススメします

このシャツもボックスのシルエットで少しゆとりのある作りになっているのでトップスがゆったりめ、パンツがタイトの鉄板バランスにしています。

また足元にハイカットやハイテク系のボリューミーなスニーカーを合わせている方をよくみます。パンツを細くする事でスニーカーのボリューム感が引き立ち足元にポイントを持ってきやすくなるという効果があります。こういった着こなしは、脚長効果はありませんが、メリハリがつくので、中級者に向いたコーディネートでしょう。

スキニー自体がシンプルなアイテムなので、トップスに少しハデなTシャツなんかを持ってきても面白いです。

まとめ

①ユニクロのレディースはコスパがよくて種類が豊富

②レギンスパンツがオススメだがポケットがない(笑)

③細み体形の人は合わせるのが簡単

レギンスパンツを買う場合は女性フロアの試着室で試着する事になりますが、男性の皆様そんな事は気にしてはいけません!逆に堂々としていましょう。

 

小太郎

この記事を書いた人

小太郎

身長165cm 体重50kg 靴25cm

服が好き過ぎてクレジットの請求に泣いた事多数。 古着とブランドのミックスコーデやシンプルの中に柄モノを入れたコーデが好きです。 趣味はカフェ巡り、音楽、カメラ。