ユニクロのリネンコットンシャツは夏でも快適!

夏になるとトップスはTシャツ一枚という方も多いはず。周囲がそうであるなら、差別化のためにも、襟のあるシャツがオススメです。しかしそうは言っても「暑くて着ていられない」という方が大半でしょう。

ユニクロのリネンコットンシャツ(半袖)1990円(税別)は、麻が混紡されているので、夏でも快適に着られる半袖シャツです。麻とコットンという異なる素材をうまく使った一枚なので、紹介します。

オーソドックスな形と色展開

襟は一般的なセミワイドカラー。襟は開き角度が約90℃で、襟先までの長さが6㎝あるので、セミワイドカラーと呼ばれるものに近いです。一般的な襟の形なので、合わせやすくなっています。

(ポケットは左胸にひとつ)

ポケットの位置は左胸で、形は下側がラウンドしているカジュアルな形。タックアウトして着るために、裾はラウンドカットになっています。スーツのインナーに着るドレスシャツであれば、シャープなイメージを求めて下側も斜めにカットされた直線的なデザインも素敵ですが、半袖のカジュアルシャツなのでラウンド形が合わせやすいでしょう。

(裾も一般的なラウンドカット)

(背中にはサイドプリーツがあります)

背中のサイドプリーツにより、肩回りが動かしやすくなっています。着る人のことを考えられたデザインです。

(袖口)

袖丈は22.5㎝(洗濯後22.0㎝になりました)あり、袖幅は16.5㎝(洗濯後)でした。糸の色も生地と同色でまとめられており、変なカジュアル感はありません。

光が反射してわかりづらいですが、ボタンは同系色です。ボタンは同系色でまとめられており、さらに生地には麻特有の光沢もあるので、半袖シャツなのにカジュアル感は少なめです。色展開も豊富で7色あります。こちらは最後にまとめて表記しております。まだ半袖シャツを持っていないなら、ホワイトやネイビーが使い易いのでお勧めです。

素材について

タグには予備ボタンが付いています。素材は麻が53%、綿が47%です。麻の特徴として、通気性や吸湿性の良さ、強度のある生地、光沢がある、そしてしわになりやすいなどがあげられます。綿の特徴としては、吸水性が良い、肌触りが良い、染色性に優れており染めやすい、縮みやすいなどがあげられます。

これら2種類の素材の性質をうまく組み合わせて、綿100%ほどではないですが、着心地も良く、清涼感あり涼しく着られ、見た目には光沢があるので、品良く見えます。

洗濯テスト

(洗濯についての注意書)

色々と書いてありますが、いつもの洗濯のように、ネットに入れ他の物と一緒に全自動モードで洗いました。麻製品ということもあり、若干の縮みはありましたが、着心地にはさほど影響はしていません。筆者としては許容範囲というところです。

しわに関しては、洗濯後しわしわになりますので、洗い終わったらなるべく早く形を整えて干すことをお勧めします。もし、洗濯して1時間ほど放置してしまったときは、霧吹きで全体的にスプレーしてあげると、乾いたときにある程度はしわがとれます。

しわくちゃになってしまったけどアイロンがけする元気がない時にお試しください。参考までに実測数値を記載しておきます(単位は全て㎝です)。筆者の身長は165㎝、体重は60㎏で、いつもはSかMサイズを着ています。

洗濯テストで使用したリネンコットンシャツのサイズはSサイズです。洗濯前は肩幅44.0、身幅51.0、着丈72.5、袖丈22.5。洗濯後は肩幅43.0、身幅50.5、着丈71.0、袖丈22.0。なお、カタログ表記では着丈は73.0でした。

色落ちに関して

ハンドタオルを一緒に洗濯してみました。洗濯に際して、色落ちや色移りも気になるところですので、調べてみました。色落ちに関しては、一度や二度の洗濯で見た目に影響することはありませんでした。色移りに関しては、先の洗濯実験の時にシャツと同じネットに入れて洗うことで試してみました。

上記写真の左側がタオルだけで洗ったもの、右側がシャツ(色はネイビー)と同じネットにいれて全自動洗濯したものです。筆者には違いは気になりませんでした。これからも何も気にせず洗うつもりです。

では実際夏に着られるか

本当に暑くなった時に着ることができるのかは気になるところです。そこで、ガスストーブをつけて室温を上げ、写真の通り28.9℃まで上げました。ストーブで空気も乾いてしまい、日本の夏の蒸し暑さは再現できませんでしたが、腕立て程度のトレーニングですぐに汗が出てくるほどには暑かったです。

インナーにウォッシャブルクルーネックセーター(綿85%、ナイロン15%)を着て、その上にリネンコットンシャツを羽織りました。麻の特徴である清涼感が発揮されているのか、暑くて不快というところまではいきませんでした。襟元が汗でべたつくこともありませんでした。

夏は冷房が効いているところがほとんどなので、Tシャツだけででかけるときも、軽く羽織っていくと良いのではないかと思います。
インナーに使ったのは「ウォッシャブルクルーネックセーター(半袖)」https://goo.gl/uBocwS

色は00ホワイト、23オレンジ、32ベージュ、54グリーン、67ブルー、68ブルー、69ネイビーの7色、サイズはXS・S・M・L・XL・XXL・3XL・4XLの8サイズ。XS・XXL・3XL・4XLサイズは、オンラインストアのみでの取り扱いです。

今回のレビューで使用したのはネイビーのSサイズです。価格は1990円(+税)。ブルーが2色あったり、パソコンやスマホの画面で見るのとは印象が違うと筆者は感じましたので、是非店頭で試着していただければと思います。

ユニクロおすすめメンズアイテムのレビューはこちら↓

【92選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.11.12

メンズおすすめシャツまとめはこちら↓

【2018】おすすめメンズシャツを55点レビュー!あなたならどのシャツを選ぶ!?

2018.11.04

ユニクロコーディネート集はこちらから↓

【42選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16