20回洗ってもヘタレないユニクロのオックスフォードシャツをレビュー

カジュアルなシャツ持っていますか?

みなさんカジュアルなシャツは持っていますか? 襟の付いたシャツはTシャツと違って一枚着るだけでサマになるので非常に使いやすい。仕事でシャツを着用される方は大勢いらっしゃるかと思います。

しかし、仕事用のシャツはいわゆるドレスシャツなので、私服として街着で着るのは中々難しいもの。ドレスシャツはスーツと合わせてネクタイを締めることを想定されているものがほとんどなので、単体で着ると浮いてしまい「仕事帰りのサラリーマン」のように見えてしまいます。

そこで、私服としてサラッと着られるような、カジュアルなシャツがあると便利でしょう。「カジュアルなシャツは欲しいけど何を選べばいいのか分からない」という方には、まずUNIQLO(ユニクロ)のオックスフォードシャツをおすすめします。

なんと言っても価格が安い。1990円(+税)は他のファストファッションブランドのシャツを見渡しても中々ありません。

ここまで安いとデザインがダサいのではないか、品質に難があるのではないかと心配になりますが、結論から言うとデザイン、品質共にヘビーユースに耐え得るものであると断言できます。次項から説明していきます。

体型を選ばないスタンダードなデザイン

サイズSで着丈74cm、肩幅44cm、身幅52cm、袖丈58.5cmです。日本人の体型に合った、かなりスタンダードなサイズ感だと思います。シルエットは標準的で、細さもなく、ゆったりとした印象もありません。

前立ては表前立て、後ろ身頃の仕様はセンターボックスになっており、肩周りは動かしやすくなっています。どちらも最近のシャツの標準的な仕様であり、流行に左右されない使いやすいデザインと言えます。体型、年齢を選ばず誰にでも似合う形です。

生地は綿100%のオックスフォード地です。ブロード地と比べて生地が厚く、硬さがあるのでシワは付きにくいです。糸は太めなのでツヤは少ないですが、その分丈夫と言えます。全体的に洗いがかかったような加工がしてありラフな印象です。多少シワが付いてもサマになります。

襟はボタンダウンです。襟を留めるボタンはわずかに小さくなっており、留めやすくなっています。襟の大きさは標準よりやや小さめです。ネクタイ着用、ノーネクタイどちらでも様になる絶妙な大きさだと思います。

カフス周りです。カフスを留めるボタンは二つ付いており、袖周りのサイズ調整が効きます。これは地味に嬉しい仕様で、手首をキュッと締めてスマートに見せたり、大き目の腕時計を着用する時は緩めたりと融通が利きます。

袖の剣ボロのアップです。非常に細かいステッチでほつれもなく丁寧な印象です。シャツ全体の刺繍も同様であり、糸が目立たないのでカジュアルシャツながら子供っぽい印象はありません。

補強布は付いていませんが、表地から裏地にかけて折り返して縫ってあるので頑丈です。縫い自体もしっかりしているので耐久性は高いと思います。

ボタンはプラスチック製で若干安っぽい印象ですが、色はクリアで悪目立ちしないのでそこまで気になりません。

タグに大きさ違いのボタンが二つ付属していました。小さいほうは襟留め用のボタンですね。

20回ほど着てみた感想

サイズSを購入し、着てみた感想です。1年以上前に購入しているので(デザインや仕様は現行品とほぼ変わっていないことは確認しています)着用回数は20回以上、洗濯回数も同様です。

サイズ感は身長168cm、体重56kg、体型やや細めの私でジャストサイズ、タイトに着るならワンサイズ下げてXSも着られそうだと感じました。特に深く考えずに、普段着られているサイズをチョイスすれば問題無いと思います。

着丈はベルトが隠れるくらいの標準的な長さで、タックイン、アウト、どちらも様になります。やや厚さと硬さのあるオックスフォード地ですが、着心地は柔らかで体も動かしやすいです。通気性も良好で長く着ていても蒸れは感じません。

しかし多少厚さのある生地なので、夏に着用するのは厳しいでしょう。さて、気になるのは耐久性です。1990円(+税)とシャツの中では格安の部類に入りますが、数回の使用でダメになってしまってはかえって高くつきます。

20回以上着用、洗濯したこのシャツのダメージは如何ほどなのでしょうか。

(洗濯機の使用可です。ガシガシ洗いました)

驚きの耐久性

毛玉、毛羽立ちが全体に渡って殆どありませんでした。糸のほつれやボタンが取れかけている部分もありません。20回も洗えば何処かしら毛羽立ってくるものですが、これには驚きです。

生地は少しよれてきているのかもしれませんが、元々洗いざらしのような加工がされているので全く分かりません。

毛羽立ち、毛玉の付きやすい後ろ身頃の裾周りです。洗いざらしのシワは見て取れますが、毛羽立ちなどの傷みはほぼ分かりません。写真では分かりにくいですが、色あせもありません。

他にも摩擦が多くて傷みやすい部位である腋下、襟周りなども確認しましたが、傷みはほぼ分かりませんでした。生地、縫製共にかなりしっかりしていると言っていいと思います。また、アイロンをかけた時のシワの取れやすさも中々です。

体感ではユニクロのイージーケアシャツより少し劣るか同等程度に感じました。綿100%のブロードシャツと比べると遙かにケアしやすいです。写真のように多少シワが残っても、洗いざらしっぽくてあまり気になりませんしね。

使いやすい万人向けのデザイン、そして何より頑丈

スリムでもゆったりでもない標準的なデザイン、襟の大きさや着丈のバランスからオフィスカジュアル、普段使いの私服にしても様になる、極めて使い勝手のいいシャツだと言えます。

耐久性も合格で、数年ヘビーユースしても十分耐えることが出来るでしょう。ケアも湿気や虫食いなどの最低限に気を払えば問題無く、「ケアが面倒で着なくなってしまった」というようなことも起こりにくいかと思います。

価格も1990円(税抜)と、シャツの中では最安値に迫るのではないかというお手頃さです(更にこの価格からセールにかかることも)。また、同じオックスフォードシャツのスリムフィット版もあります。タイトに着たい方にはこちらをおすすめします。

「カジュアルなシャツを持っていなくてまず一枚欲しい」「シャツを数揃えたい」という方には特にうってつけです。ユニクロは店舗も多いので試着するのもそこまで難しくないと思います。店舗に立ち寄ることがあれば、一度手に取って見られることをおすすめします。

より詳しいレビューはこちらから↓

おすすめメンズシャツを12点レビュー!あなたならどのシャツを選ぶ!?

2017.10.17
与作

この記事を書いた人

与作

身長168㎝ 体重56kg 靴25.5㎝

IT企業に勤めるエンジニア。私服勤務のためカジュアルファッション研究に余念がない。テーマは「外見と機能性」で、ドレッシーながらスポーツ、ストリートな服装が好み。