まるで本革!ユニクロのキルティンググローブは雪かきを1時間しても浸水しない優れもの。

今やユニクロといえば、「高品質な良品を安く提供する日本を代表するブランド」と世界的に評価されています。安かろう悪かろうのイメージは微塵もありません。

服だけでなく、小物についても、良品が増えています。今回は、冬に大活躍するキルティンググローブを紹介致します。

実は本革ライクな手袋

店頭でこのグローブを見かけた際、「ユニクロも本革の取扱いを始めたのかな?」と思いました。しかし、本革ではなく合皮。このリアルな質感にはたして何人の人が合皮だと気づくでしょうか。

筆者は、ものの見事に騙されました。しかも、このグローブは、1500円(+税)という価格。この値段でこのレザーの風合いに文句をつける人は、もはやいないでしょう。

合皮の裏側、手が触れる部分は、ユニクロが得意なフリース生地を使用。肌触りが滑らかで、指入れの際に引っかかりを感じることがありません。最近気がついたのですが、「ヒートテックフリース」と名前が付いていました。

ユニクロ通常のフリースと比べ、発熱性と保温性に優れており、掌だけでなく指先まで抜群の暖かさを実現しています。素材の詳細は次のとおり。表地は合成皮革、裏地は本体ポリエステル84%、レーヨン16%、別布ポリエステル100%、リブ部分:アクリル100%です。

最低気温-1、最高気温3度の関東圏の電車通勤では充分の保温性です。もちろん、長時間外に及ぶ外での使用はアウトドア用の本格的なグローブをしていただいた方が適しているでしょう。

(裏面のフリース生地)

https://goo.gl/knFKWP

フィット感は、あと一歩

続いて、指を通した際のフィット感はそこそこのでき。グローブで最重要なポイントはフィット感です。手のひらや指部分に余計な余りがあると、違和感となり不恰好な印象を与えてしまいます。

「そんなに目立たないから大丈夫でしょ?」と思った方。侮っては、いけません。人の視線の集まる先端部分というのは、中央付近の洋服に比べ、なかなか目立つもの。靴の柄やマフラー、帽子に人の目がいくのと同じです。これらのアイテムに視線がいった記憶ありませんか?

合皮でこの肉感なので防寒性こそ高めですが、フィット感が犠牲になっています。これ以上タイトにしてしまうと指の可動域が狭まってしまうため、このぐらいが適正との考え方もあるでしょう。

しかし、筆者が「本革にしてタイトにしてくれれば完璧」と感じました。本革はある程度タイトでもなじむからです。とはいえ、雨などの水に強いといったメリットが合皮にはありますから、一概にはなんともいえません。

(少しだけ指の先端が余る)

(掌もあと一歩)

(雪かき時1時間着用でも浸水しなかった)

サイズはMとLの2サイズ展開。筆者は、手を入れた際にLだと余裕を感じたため、少しタイトかな?と思いながらMを選択。1か月程着用しておりますが、こちらのサイズで正解でした。

血が止まるほどきついものはやめた方がいいですが、できるだけ密着感が高いものの購入をオススメ致します。

カラーはブラック(黒)がお勧め

オススメは断然ブラック。合皮の技術が上がってきているものの、リアルな風合いや高級感といったものは、ブラックの方が雰囲気がでています。ブラウンもいいところまできていますが、見る人が見れば合皮だとわかってしまうレベル。

(09BLACK)

(39DARK BROWN)

https://goo.gl/knFKWP

そもそもブラックであれば洋服にカラーが入ったコーディネートをしても、邪魔をしないため、汎用性の高い着用が可能です。

ブラックのアウターやインナーを合わせる場合は、手と腕の境界線がボヤけ、手がより長く見える目の錯覚を使った効果も期待できます。洋服にどちらを選んでも上手くいく万能カラーは、断然ブラックです。

機能性もばっちり

このグローブは、キルティングの縫い付けが表面に施されています。これには2つの意味があります。1つ目は、装飾性。縫いがない無地のものに対して、立体的に見え、地味な印象を防ぎ、大人で上品な印象を与えています。

2つ目は、防寒性。キルティングというのは、表地と裏地の間に異なる生地を挟んで縫い合わせるもの。キルティングのないものに比べ、保温性に優れた特徴を持っています。

また、ユニクロにしては珍しく、中指の付け根の縫い付け部分に不要な余りが出ており、浮き上がっています。返品する程ではないのですが、少し気になってしまいました。

(中指付け根余り部分)

続いて、リブ。手首付近には、冷たい空気の侵入を許さない、フィット感のあるリブをつけています。肌触りも良く、付いていないものと比べると温かさは雲泥の差です。人は3首を温めると体感温度が2度は違うと言われていますので、当然の結果かもしれません。

「ユニクロ(UNIQLO)のキルティンググローブ」ですが、実はレディース。抵抗を感じてしまう方もいるかもしれませんが、グローブ探しで1番重要なのはフィット感です。

ユニクロに限らず、グローブ市場というのは、数多くの指型に対応するため、少し大きめに作られています。そのため、フィット感が犠牲になることも少なくありません。

そこで、今回レディースのグローブを購入しました。ユニクロのようなスタンダードで長く愛用できるデザインを開発しているブランドは、メンズが着用しても違和感のないものが多いです。レディースであれば、メンズのものよりフィット感が少し強く、指部分や手のひらといったパーツがタイトに作られています。

しかも、何度も言いますが、これで1500円(+税)。失敗しても後悔の少ない価格ですから、是非、一度試してみてはいかがでしょうか。

ご紹介時点でネット通販では、完売となっていますが、一部店舗に商品を集約して、販売を継続しているようです。最近は毎年販売されている商品なので、買い逃してしまった方は、来年の冬に購入を考えてみてもいいかもしれませんね。

Bamukeron

この記事を書いた人

Bamukeron

身長184㎝ 体重69㎏ 靴27.5㎝~28.5㎝

IT企業営業職のパパ。IT系によくある、理系マジックでお洒落だと勘違い。本物のお洒落な大人に出会ってからは、自分もそのようになりたいと憧れ続ける日々。TOMORROWLANDのような清潔感のあるブランドが好きなイクメンです。