ポロシャツが苦手な人にこそ着てほしい。ユニクロ「リラックスフィットポロシャツ」

突然ですが、実はわたくしポロシャツというのが苦手アイテムの一つです。ポロシャツ自体が悪いというわけではないのですが、どうしても夏のビジネスマンや体育教師、ゴルファーが着ているといったイメージがあり、おしゃれ感よりもおじさま感が先行してしまいなかなかコーデに取り入れることがありません。

ただ、そういったイメージは自分がポロシャツを着用した際の印象なので、決してポロシャツを着ている方がダサいと思うことはありません。むしろ、ポロシャツを使ってハッと思える素敵な着こなしをされている方を見かけると、自分もポロシャツをかっこよく着こなしたいという思いが強くなります。

そんな経緯で、苦手アイテムの克服と挑戦をしたいと思いユニクロでいろいろ試着してみたところ、ポロシャツが苦手な自分でもトレンドライクなデザインで使いやすいアイテムを見つけました。それが、ユニクロ「リラックスフィットポロシャツ」です。

https://goo.gl/byUPbU

こちら、定番のドライカノコポロシャツなどと違い、ユニクロ側でもあまり推されず地味なアイテムとなっていますが、これが意外にもおしゃれ着こなすことができる隠れた良品だったのです。

流行りのビッグサイズで体型カバーをしよう!

こちらのリラックスフィットポロシャツの大きな特徴としては、商品名からもわかるように全体的にゆとりのあるビッグサイズで作られているところになります。

肩の部分もドロップショルダーになっていて、リラックス感が出ています。そして、素材についてはポロシャツでよく使われるカノコ素材で、がしっとした肉厚な生地感です。

上半身をすっぽり覆うようなビッグサイズで、綿100%の鹿の子素材でがしっとした硬い生地感により、中年太りなどでコンプレックスのある体型も覆い隠すことができます。「大きめサイズだとだらしなく見えるんじゃないの?」と心配になる人もいるかと思います。

個人的にはぴちっとした洋服で、たるんでしまった胸やぽっこりお腹を目立たせてしまうほうがだらしなく見えてしまうのではないかと思ってしまいます。確かに、アイテム単体だけを見るとルーズな印象はありますが、細身のボトムスなどをあわせて全体のシルエットにメリハリをつけたりしてあげることで、スタイリッシュに着こなすことができます。

ちなみに、ビッグサイズで作られている洋服を購入する際に悩むのが、サイズ選びではないでしょうか。もともと身幅や着丈が大きめに設定されているということで、通常よりもワンサイズ落として着ても問題はないのですが、中途半端なシルエットというのはスタイルを良く見せることが難しくなります。

ビッグサイズのトップスであれば、上半身にボリュームを出して、ボトムスを細みにすることで、Yラインシルエットを簡単に作ることができます。そして、きれいなYラインシルエットを作るためには、上下のメリハリが重要です。

サイズ選びに迷った際は、普段よりもワンサイズアップを選ぶことで、上下のメリハリをしっかり出しやすくなります。シルエットをきれいに整えてあげることができれば、コーディネートもさらに洗練されるようになりますよ。

身長178cm、体重64kgの自分でカットソーなどはLサイズが適正サイズなのですが、こちらは普段よりもワンサイズアップのXLで着用しています。

それと、素材が綿100%ということで、洗濯時のシワや縮みなどが懸念されますが、手洗いコースなどで脱水や水流を弱めて洗えば、型崩れなどもなくきれいに洗濯することができますので、サイズ選びとあわせてご参考にしていただければと思います。

ロールアップをしても違和感のない袖

僕がポロシャツを苦手とする理由について、おじさま感のあるイメージがついてしまっているからだということを最初に書きましたが、もう一点ポロシャツを敬遠してしまう理由があります。

それは、ポロシャツがもともと競技用で使われていたという歴史もあり、スポーツ感のあるリブを袖口に付けているデザインが多く、袖をロールアップした際に違和感が出てしまうところです。

一度試して頂けるとわかるのですがリブ付きの袖をまくりあげると、裏地側にあるリブの縫い目があらわになってしまい悪目立ちしてしまいます。

「ロールアップができないぐらいで細かいな」と思うかもしれませんがトップスの先端部分である袖をロールアップすることで、袖部分が細く短くなり対比効果として腕を長く逞しく見せることができます。

細かいと思われるかもしれませんが少しでもスタイルをよく見せることによって、体型的にコンプレックスを抱えている多くの人たちとの差別化を生み周りからのおしゃれという評価をもらいやすくなりますよ。

そしてリラックスフィットポロシャツについては、そんな小さな不満を解消してくれるかのようにリブがついてない仕様になっていますので、ロールアップをしても悪目立ちすることがなく、硬い生地感のおかげでロールアップが落ちてくることもありません。

全体的にルーズで野暮ったいシルエットのアイテムにはなりますが、先端部分である袖をロールアップすることで、全体の印象がすっきりしたように見せることができます。

脱おじさまイメージを脱却するためには小物で華やかさを!

リラックスフィットポロシャツの特徴である、ビッグサイズを活かしてシルエットにメリハリのあるYラインコーディネートなどができるということはわかりましたが、それでもポロシャツ本来のイメージというものはなかなか拭うことが難しいです。

そこで、少し裏技的にはなりますが、小物をプラスすることによってイメージを払拭させる方法も提案したいと思います。その方法とは、スカーフやバンダナを首元に巻くことで華やかさや装飾性を与えることです。

スカーフは全面に出す必要はなく、細巻きにしてさりげなくチラッと見せる程度で大丈夫です。襟や袖などに切り替えなどのデザインを入れているポロシャツなどもよく見かけます。

目立つ先端部分に色や柄を過剰に入れてしまうと幼く子供っぽい印象が強くなってしまいますので、上品なイメージのあるスカーフを使い襟の中に潜り込ませることで主張を抑えてあげるとちょうどいいバランスに落ち着きます。

ポロシャツ好きよりも、ポロシャツ嫌いな方にこそ勧めたい。

シルエット:★★☆☆☆
素材   :★★☆☆☆
デザイン :★★★☆☆

正直、どんなコーデにも使いやすくて万能なアイテムだとは言いづらいですが、一般的なポロシャツとは違ったゆるいシルエットやデザインがいい意味でポロシャツのイメージを打ち砕いてくれています。

普段使い慣れているアイテムで安定した着こなしをするのももちろんいいですが、たまには苦手アイテムや敬遠しがちなアイテムを着こなすように挑戦するというのも新しい発見があっていいですよ。

自分と同じようにポロシャツに対して苦手イメージがある方は、値段も現在値下げされて790円(税抜)というお手頃価格になっていますので、この機会に一度袖を通してみてはいかがでしょうか。

よっこん

この記事を書いた人

よっこん

身長178cm 体重63kg 靴28.5cm

三度の飯より、服が好き、よっこんです。ユニクロ・guなどのファストファッションをメインに、シンプル&スタイリッシュな着こなしが大好物な26歳。 最近は古着の世界を知り、個性を出したコーデにも徐々に興味が出ている。