2017秋冬ユニクロUはレディースのサテンイージーパンツ+Eを狙おう

エルメスのディレクターを務めたこともあるクリストフ・ルメール氏とユニクロとのコラボ「ユニクロU」。その2017秋冬コレクションの一部アイテムが9/29(金)に発売になりました。その中から、メンズでも活用できるレディースのサテンイージーパンツ+E(3990円+税)をご紹介します。

ワイドパンツ、ゆったりパンツのトレンド

9/29に一部先行発売されたユニクロUの2017秋冬コレクション。発売日に店頭で試着してみたもののメンズアイテムは購入しませんでした。そんな中で唯一購入したアイテムがこのレディースのサテンイージーパンツです。

少し長くなりますが筆者がこのアイテムを購入した理由を説明します。1年ほど前までは「究極の普通」スタイルである「ノームコア」がトレンドでした。このトレンドではボトムスは細身のパンツが選ばれていました。

しかし、ある程度の期間続いたノームコアの反動もあって、最近ではワイドパンツが新たなトレンドになりつつあります。セレクトショップの店員さんがよく履いているあの太いパンツです。

また、ワイド幅までは行かないまでもゆったりとした「ゆるい」サイズ感のアイテムも増えてきています。このようなトレンドのなか、「細身のシルエットにもあきたのでゆるっとしたパンツに挑戦したい」という読者の方も多いでしょう。

筆者もその一人で、最近いろいろなワイドパンツ、緩めのパンツを試していました。そしてようやく出会えたのが今回紹介するサテンイージーパンツ。

このアイテムはシルエットはゆったりしていてカジュアル感があるものの、素材にツヤがあり、落ち感が高く、歩くことによりドレープがきれいに入るというアイテムです。ドレス度高めの要素が多く、全体としてドレスよりのゆったりパンツとして使いやすいアイテムに仕上がっています。

また腰回りはゆったり感が強いものの、裾は17cmと細いために裾にむかってテーパードしていて極端に太くは見えません。これらの点からゆったり目パンツ初心者にもオススメしやすいアイテムです。

これならばドレスカジュアルが適度にバランスされていて着回ししやすいと考え、購入することにしました。

※ドレスとカジュアルのバランスについてはこちらをお読みください。http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

ツヤ感、落ち感のあるゆったりパンツ

それでは商品の説明に入ります。前と後ろから撮影した写真をご覧いただいてお分かりいただけるように本アイテムをひと目見て分かる特徴はそのツヤ感・光沢感です。商品名にあるとおりサテン地のパンツで、材質は表地がレーヨン100%、裏地がポリエステル100%です。

サテンは生地の織り方の一種であり光沢があり滑らかな肌触りで、レーヨンはシルクの代用品としても使われるほどツヤがあり、手触りもなめらかな生地です。素材も織り方もツヤがあるもの同士の組合せであるため生地のツヤ感は強烈で、遠目に見てもその光沢がわかります。

また生地はとても柔らかくフワフワとした動きをするもののシワになりにくく、また落ち感が高く、履くと腰から裾までシワもなくストンと落ちたような見た目になります。

また、歩くと、その動きに伴いドレープができ、そのドレープが脚の動きに合わせて変化するさまがとても優雅に見えて、高級感を醸し出します。一般的なレディースのパンツと比べても圧倒的にツヤ感・落ち感が強いアイテムです。

シルエットは全体的にゆったり感があります。Mサイズでは、わたり幅が35cmと広く、裾幅17cmと細めで腰のあたりから裾にかけて緩やかにテーパードしています。股上は28cmとゆったり目です。

着用において、一番上まで上げてアンクル丈に、少し下げてハーフクッションを出してなど腰位置により裾の高さが調整できます。

色はベージュ、ブラウン、ネイビーの3色展開です。ベージュは赤みの混じった色でレディース品であることがわかりやすい色だったので男性が使用するときには避けるのが賢明です。ブラウン、ネイビーはお好みの色を選択いただいてよいかと思います。

筆者は着回しがしやすいダークトーンのネイビーを選びました。

ウエスト部分、裾、ポケットなどの詳細

イージーパンツという名のとおりウエストはゴムとドローコードでサイズ調整をする構造です。ウエストは太めの幅のゴムを使用し、ひだが多めのデザインで、ゆったりとした装着感です。

ウエストを合わせたサイズを選ぶことでドローコードを結ばなくてもパンツが下がってくることはありません。なお本アイテムにはベルトループがありませんので、ベルトを付けたりベルトループにウォレットチェーンを通すことはできませんのでご注意ください。

ウエストのドローコードの先端は結び目がなくフラットな形状です。コードが抜けてしまうかどうか試してみましたが、コードが抜けない構造になっていて抜くことはできませんでした。

コードは背中部分でパンツ本体に縫いつけてあり、完全に抜き取ることはできません。ドローコードが穴の中に入ってしまって困った経験をしたことがある方は多いと思いますので、このような工夫は地味な点ですがユーザーにはうれしいところです。

裾は下から5cmの部分に折り返しの縫い付けがあります。この幅が気になる方もいらっしゃるでしょうが、ネイビーはこの縫い付けが遠目でほとんど見えないため、それほど気にする必要はないでしょう。

ポケットは前面左右に一つづつ、ポケットの入口はタテになっています。背面には幅14cm、高さ17cmのポケットが右側に1つだけについています。これらは、飾りではなく実用性のあるポケットです。

レディースのパンツは、ポケットの底が浅く、物を入れておくと落としてしまいそうな気がして、実質的にポケットが使用できないことも多いです。またポケット自体が飾りポケットであることがよくあります。

それらと比べこのアイテムはポケットが深いため物を落としてしまう心配がほぼなく、また腰回りも余裕がありますので、ポケットにかなりの量を入れることも可能です。

写真はポケットの深さの参考になるように手をポケットに入れたときの写真です。指を伸ばして指先がポケットの底に当たる位置で撮影しています。

洗濯は手洗い可、アイロン中温、ドライクリーニング可です。洗濯の注意事項がタグに記載してありますので、詳しくは指示に従ってください。

購入の際は試着してウエストサイズを合わせましょう

165cm、57kgの筆者はメンズ用のパンツのサイズはS(44, 29,73)です。本アイテムは最初Lサイズを試着したところウエストが緩くウエストのゴムのみではずり落ちてきました。

さらにSサイズではウエストゴムが若干きつめで、 Mサイズはウエストがジャストサイズでしたので、Mサイズを選びました。ウエストなどはサイズが異なりますが、股下は全サイズ66cmで同一ですのでウエストと腰回り裾周りのシルエットをみて好みのシルエットが出るサイズを選びましょう。

レディースの商品を男性が着用するときに気になるのはレディースアイテムだとバレるのではないかという点ではないかと思います。筆者も気になったので、実際にこのパンツを履いて、洋服好きの男性5名にこのパンツをどう感じるか聞いてみました。

多い回答は、ツヤ感がすごい、落ち感がある、ドレープがきれいというものでした。ユニクロのしかもレディースアイテムであることがわかった人は一人もいませんでしたので、レディース品であることがバレる可能性はかなり低いと考えてよいでしょう。

これだけ上質なツヤと落ち感、ドレープ感がありなおかつゆったりしたパンツは中々お目にかかれません。また価格も3990円(+税)とお手軽感がありますので、ぜひ試着してみてください。コーディネートのレベルが一段上がった感覚を味わえるかと思います。

ユニクロUまとめはこちら↓

【11/16更新】ユニクロユー2017秋冬アイテムレビューまとめ【全24点】

2017.11.16
バラバシ

この記事を書いた人

バラバシ

身長165cm体重58kg靴24.5cm47歳

イタリア的なファッションに惹かれつつもフランスもいいなとか多方面に手を出し被服費が家計を圧迫気味。最近はネイビーのアイテムに目がない。足が小さく服屋さんの靴ではサイズが合わないことが最近の悩み。