ユニクロのスーピマコットンVネックTは1080円とは思えない完成度!

今回ご紹介するのは、年間を通して使えるTシャツです。シャツ等のインナーとして使うのも良いですが、暑い時期には一枚着で“主戦力”としても大活躍してくれるのがありがたいところ。

ベーシックなアイテムであるからこそ、ユニクロの強みが存分に活かされた逸品です。

肌触りとツヤ感に優れたスーピマコットン

ではこのTシャツのスペックについて、生地から順番に見て行きましょう。生地の素材は商品名にもついている“スーピマコットン”100%。ユニクロで扱われることが多いため、意識されているかどうかはさておくとして、「目にしたことはある」という方も多いのではないでしょうか。

コットンは繊維が長いものほど高級とされるのですが、中でもアメリカ産で最高級の品質を誇るものが「スーピマコットン」です。特徴は絹のような光沢と、ソフトでしなやかな風合い。また後述しますが、発色の美しさも挙げられます。そんなわけで、高級ブランドのシャツで使われるような素材なのです。

本来的にTシャツは“カジュアル”なアイテムですが、この生地のツヤのおかげでドレスな印象を確保することができるのです。
※ドレスとは? こちらをご参照ください。http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

また、着心地の良さも大きな魅力です。肌にストレスなくなじみ、またコットンなので吸汗性も抜群。積極的に見せるのではなく肌着として使うとしても、大変秀逸なアイテムと言えます。

続いてケアについてです。洗濯機で普通に洗えますが、生地が摩擦で毛羽立つことを防ぎ、生地の光沢感を保つために、裏返してからネットに入れて洗うようにしましょう。また、同じ理由で生地を傷めないためにも、乾燥機はオススメできません。

また、コットンであるがゆえに、シワがつきやすい点にも注意したいところです。シワがあると上述のドレス感が損なわれてしまいます。シワをとるには丁寧にアイロンをかけるのが確実ではありますが、普段使いしたいTシャツにわざわざアイロンと言うのも正直面倒です。

そんなわけで、洗濯機で脱水を弱めにして、脱水が終わり次第、できるだけシワを伸ばして陰干しすることをオススメします。

徹底した引き算で大人っぽさを確保したデザイン

続いてデザインについて見ていきましょう。一見するとなんてことのないベーシックなVネックのTシャツですが、ディテールに注目すると、実によくできた作りです。

まず一番の特徴である“Vネック”の部分。ここが浅すぎず深すぎず、すっきりとした絶妙な見え方です。

試しにこのTシャツのMサイズの上に、ユニクロのYシャツ(ファインクロスドビーシャツ)のMサイズを、一番上のボタンだけを開けて着ると、ちょうどTシャツが見えません。

一方で、このVネックが広すぎたり深すぎたりすると、それはそれでいやらしい印象になってしまいます。この控えめな開き方に加えて、悪目立ちするようなステッチが入っていない点で、見る人の視線を集めがちな首回りが上品で大人っぽい印象に仕上がっています。

アームホールは細め。袖の先端のステッチも細やかで、洗練された印象です。また、袖自体も短め。袖がガバガバしていると、ともすれば腕の細さが強調されてしまうものですが、袖が二の腕の太い部分に寄り添うような作りなので、相対的にたくましささえ強調できそうです。

一方で、半袖のシャツやニットのインナーにした際にも、はみ出しにくくなっています。

同様に、裾の先端のステッチも細やか。サイズ感については後述しますが、裾幅も身丈も、基本的に体に密着しない程度に体に寄り添うような作りです。

このTシャツは総じて、単体で何かを主張しようとしないデザインになっていると言えます。そしてそれは、悪目立ちするところがひとつもない、“引き算”で成立しているデザインとも言えます。

ストレスを感じさせないすっきりとしたシルエット

続いてシルエットについて見て行きましょう。昨今はユニクロでも“オーバーサイズ”や“リラックスシルエット”のTシャツが散見されますが、このTシャツはゆったりでもピタピタでもない、すっきりとしたシルエットです。

インナーとして着るのであれば、肩幅や身幅がジャストサイズのものを選べば間違いありません。一方で一枚着として使うのであれば、インナーで着るものよりもサイズを上げて着ることをオススメします。

カラバリについては後述しますが、特にダークトーン、つまり収縮色を選ぶ場合は、2サイズ上げても問題ないでしょう。

以下、それぞれの部位の寸法を列記します。このシャツはXSサイズから4XLサイズまで、全8サイズが用意されています。ちなみに身長178cm体重64kgで上半身が細身の筆者が選んだのはMサイズ。そんな筆者の着用実感も付記しますので、ご参考にしていただければ幸いです。

肩幅はXSで40cm、Sで42cm、Mで43cm、Lで45cm、XLで47cm、XXLで49cm、3XLで51cm、4XLで53cm。筆者の場合、まさにジャストサイズです。

身幅はXSで44.5cm、Sで47.5cm、Mで50.5cm、Lで53.5cm、XLで57.5cm、XXLで61.5cm、3XLで65.5cm、4XLで69.5cm。筆者の場合、ブカブカ感は一切なく、それでいて肩を動かしたり体をひねったりしてもストレスを感じない絶妙なサイズ感です。

身丈はXSで63cm、Sで65cm、Mで68cm、Lで71cm、XLで74cm、XXLとXXLで76cm、4XLで76.5cm。筆者の場合、胸を張って裾をしっかり伸ばした時に、スラックスのポケットが8割隠れる程度です。

袖丈はXSとSで19cm、Mで20.5cm、Lで22cm、XL~4XLで23cm。筆者の場合、袖先が二の腕の一番太いところに寄り添う程度です。

生地で色味が活きる9色展開ながら、人気は手堅くモノトーン。


https://goo.gl/G35SRZ

このシャツはユニクロ表記で「00WHITE」「03GRAY」「08DARK GRAY」「09BLACK」「29DARK ORANGE」「47YELLOW」「55GREEN」「66BLUE」「69NAVY」の9色展開。

今回筆者が選んだのは、「29DARK ORANGE」。ユニクロが「ユニクロU 2017AWコレクション」以降プッシュしている色ですが、深みのある色味がスーピマコットンの素材感と相まって上品な印象に仕上がっています。

同様に「47YELLOW」「55GREEN」も落ち着いたトーン。普通のコットン生地であればカジュアル過ぎるかもしれませんですが、この生地感だからこそ大人っぽい印象を確保できています。

一方で、人気が高いのは「00WHITE」「08DARK GRAY」「09BLACK」のSサイズとMサイズ。発売一週間で早々に欠品しています。インナー利用の需要が高いことがうかがえます。

価格は1000円(+税)。完成度と使い勝手の良さを思えば驚異的なコスパと言えます。このVネックのTシャツは通販限定ということで、5枚以上の購入で送料無料。色違い、サイズ違いで複数枚購入する価値アリです。

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【87選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.10.13
EQ03

この記事を書いた人

EQ03

身長178cm 体重64kg 靴27.0cm

洋服を“食”と共に、「コミュニケーションを最適化するためのツール」と位置付けています。物産展マニア。国内外を問わず、地域・人に根差した物語性のあるモノ・コトに惹かれます。コーディネートはワイルドよりもきれいめを。