毎年進化し続けるユニクロのスウェットパーカーをレビュー

ユニクロのヒット商品でもあり、個人的にもかなりオススメなのがスウェットパーカー。

一見するとどこにでもあるパーカーですし、「ユニクロのパーカーなんてオシャレに興味ない人も着てそう」と思う方がいるのも当然ですが、一度そういった先入観は捨ててみてください。実はびっくりするくらい完成度の高いアイテムです。

ユニクロのパーカーのどこがいいの!?

ユニクロのパーカーをオススメする理由はズバリ、「シルエットの良さ」。パーカーの最大の特徴であるフードですが、しっかりと存在感があってボリューム感満載。袖も細くスマートな印象で、身幅は少しゆったり目のトレンド感あるシルエットです。

特にフードですが、この価格帯のパーカーでこんなにふっくら立ち上がる物は見たことありません。もっと高いブランドのパーカーでも、フードがへニャっと寝てしまってる物も少なくないですから。

「フードが凄いからって何の意味があるんだ?」と思われるかもしれませんが、まず大きなメリットとして小顔に見えること。顔の近くに何か物を配置することで、相対的に顔が小さく見えるという視覚効果です。

さらに、首元に「情報量をプラスする」というメリットもあります。首元というのはファッションにおいて非常に重要なポイントで、最も視線が集まるところでもあるんです。

オシャレに興味がない人でも、TシャツがクルーネックかVネックかくらいは気にするでしょう?また、同じVネックでもVの深さによってずいぶん印象が変わってきますよね。ブルゾンでも襟があるタイプとそうでないタイプ、雰囲気がガラッと変わります。

そんな首元ですから、ここに「情報量が足りない」ということになれば途端に物足りなくなるものです。

「真っ白な無地のTシャツ」を1枚で着こなすのが難しい理由の一つもこれです。誰でも着ている丸首のクルーネックで、なおかつ真っ白となれば「情報量」は無に等しい。そのため、オシャレに気を使っている人であればネックレスなどといったアクセサリーを首元に足してりするわけです。

このように多くの人が無意識に首元を気にしているのにはそれなりに理由があります。つまりパーカーにとって首元、つまりフードの部分はパーカーの心臓部といっても過言ではないのです。

シルエットが良ければ着こなすのは簡単

先ほど1枚で「真っ白な無地のTシャツ」を着こなすのは難しいと言いましたが、ユニクロのパーカーのようなしっかりフードが立ち上がる物を上に羽織れば簡単にサマになります。

このようにユニクロのパーカーなどのような、首元に情報量のあるアウターは着こなすのは簡単で、難易度という面から見てもまだあまりオシャレに自信のない初心者の方にも向いています。

そういった良いシルエットのアウターはそれなりに値段がするものも多いですが、ユニクロですからその心配は無用。「コスパ」はまさに最強です。あまり考えなくとも簡単にサマになるアウターというのは一枚持っておくと重宝しますよ。

ちなみにジップアップじゃない、羽織るタイプのスウェットパーカーも販売しているので、インナーとして使いたい方はそちらもオススメします。ジャケットの下にパーカーを着てドレスダウンする着こなしなどに使えます。

もちろん単体でも。Uniqlo U(ユニクロ ユー)から出ているパーカーも良品ですが、こちらは生地が厚いのでインナーとしては使いにくいでしょう。

細部まで計算され尽くされたユニクロパーカーのディテールに迫る

ではレビューですから、ディテールもしっかり見ていきましょう。まずはフード部分から。生地は二重になっていて、厚みがあります。 ほんと気持ちいいくらいフードが綺麗に立って広がるんです。財布とかハンカチとかスマホくらいだったら収納出来そう。

フードやリブ以外の生地は、綿100%。普通のスウェット生地ですが、この価格帯にしてはなかなか良いです。安っぽさなども感じませんね。

身幅を少しゆったりさせている分、袖は細く作られているので全体的にスマートなシルエットに。袖先のリブでさらにキュッとなります。リブの締め付け具合はそれほど強くないので窮屈感はありません。

ウエストにもリブがあるのですが、昨年の冬くらいにマイナーチェンジで少し緩くなっています。何年も前からあるアイテムですが、時々改良されているようですね。

生地の裏側、つまり裏地は裏毛になっていて、肌ざわりもそれなりに良いです。実は私はこのパーカーをルームウェアとしてTシャツの上に着ているんですが、一日中着てもストレスはありません。

私が購入したのはジップアップタイプなので、フロントにジップがあります。YKK製で滑らか動作しますし、特に問題ないのですが、できればダブルジップが良かった。コスト的にもかなり厳しいとは思いますが、そのほうが座ったときに快適なんですよね。

ダブルジップであれば、着こなしの幅が広がるというメリットもあります。同じファストファッションの無印良品であれば、ダブルジップのパーカーが出ていたり。しかし価格はユニクロより少し高いですし、これ以上は厳しいでしょうか。もしダブルジップになってくれたら私は追加購入します(笑)。

ワンサイズアップがオススメ 着こなしやすい色はダークトーン

サイズはワンサイズアップがオススメ。私は普段TシャツやシャツなどのトップスはMサイズ、肩幅が少し広いのでジャケットなどは時々Lサイズですが、このパーカーのジャストサイズはMサイズ。しかし敢えてLサイズを選んでいます。

わざとワンサイズ上げることで、全体的に少しだけゆったりした印象にさせています。そうすると上半身にボリュームが出て着丈も少し長くなるので、コーディネート全体のシルエットも綺麗にまとめやすくなります。Lサイズだと実寸で、着丈69cm、身幅58cmでした。

シルエットの種類で言うと、Yラインシルエットですね。テーパードシルエットのスラックスなどと合わせてやることで、上半身にはボリュームがあり下半身はボリュームが絞られたYラインシルエットを構築できます。パーカーなのでちょっとリラックスした雰囲気で着たいというのもありますね。

「サイズを上げたらダボっとするんじゃないか!?」と不安な方もいるかもしれませんが、袖などはきちんと細いので大丈夫です。袖幅はLサイズで21cm。もちろんジャストサイズで着るのがおかしいわけじゃないので、そこはお好みで。ただし、細いサイズであればあるほどかっこいいというわけではないので注意してください。

色に関しては、スウェットパーカーというかなりカジュアルなアイテムなので、ネイビーや黒、ダークグレーなどがオススメです。私は2枚持っていますが2枚ともネイビーです。もちろんどんな色でも着こなし次第ではオシャレになれるのですが、使いやすさではこの3色が良いですね。

スウェットの定番色と言えばグレーですが、このパーカーのグレーは霜降りが強く部屋着感が出てしまうのであまりオススメできません。その他の色もカジュアルになりすぎる場合があるので、オシャレに見せたいのであれば気を付けたほうがいいでしょう。

ちなみに同素材のスウェットパンツも販売されているので、ルームウェア用にセットアップとしても使いたい方はそちらもオススメです。テーパードで裾はキュッと絞られており、シルエットが綺麗です。

価格は2990円(+消費税)。ユニクロのスウェットパーカー、是非チェックしてみてください。

Kouki

この記事を書いた人

Kouki

身長175cm 体重65kg 靴27.5cm

普通だけど、かっこいい。そんなスタイルを目指して模索中。服自体はもちろん、服を着て楽しいと思える瞬間が大好き。 ツイッターでファッションについてつぶやいています。

twitter