【2018秋冬】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【12選】

ユニクロU / ポンチワイドパンツ

2018年秋冬のユニクロUからポンチワイドパンツを紹介します。発売前から期待値の高かったこちらの商品、ポンチ素材という、ジャージー素材の一種で作られています。ジャージー素材でも安っぽく見えず、光沢と落ち感があります。伸縮性と保温性に優れているので、使いやすさ◎。さらっとしていて着心地もよいです。

シルエットは通常のワイドパンツとは一味ちがって、丸みを帯びています。ゆったり感を保ちながら、女性らしさも兼ね備えています。ウエストはゴムで調節は不可ですが、内側でボタン調節が可能です。使っていくと生地が緩くなってくると思うので、ジャストサイズかワンサイズ下の購入をおすすめします。

前側両サイドに2ポケット、後ろにはありません。サイズはS〜XXL、カラーはホワイト・ブラック・レッド・ダークブラウンの4色展開です。価格は3990円(+税)。

発売前の期待通りのアイテムです、早くから色欠け・サイズ欠けが予想されますので、ご購入はお早めに!

より詳しいレビューはこちらから↓

2018年秋冬ユニクロUのポンチワイドパンツは期待どおりの名品だった!

2018.09.15

ユニクロU / ウールブレンドチェスターコート

 

テーラードジャケットを縦に引き伸ばしたようなデザインのチェスターコート。ウエストの絞りを抑えたゆったりとしたボックス型。裾の切れ込みも無く、ノーベントで真っすぐ落ちるシルエットになっています。袖はワンサイドラグランスリーブ。前から見ると普通のセットインに見えますが、後ろから見ると襟から袖までひと繋がりなのがわかります。

ボタンを上まで止めるとスタンドカラーコートになります。

高級感のある表地はポリエステル55%、毛45%。綾織りのウールツイル素材。毛羽立ちが少なく、生地にハリとツヤがあります。シワにもなりにくく、耐久性も高いです。

撥水加工が施されており、水を弾きます。洗濯に関しては、ドライクリーニングのみとなっています。

半裏仕立ての裏地は綿ポリエステル65%、綿35%。袖の裏地のみポリエステル100%となっているため、袖通りは悪くありません。防寒性はあまり高くありません。

S~XXLまでの5サイズ展開。XL・XXLはオンラインストア限定となっています。167㎝、51㎏の筆者で少々大きめにMサイズを選択しています。

「09 BLACK」 「38 DARK BROWN」 「68 BLUE」の3色展開。筆者が選んだ「38 DARK BROWN」はヨーロッパ風な中間色で、他の色には無い独自の雰囲気があります。価格は14900円(+税)。

より詳しいレビューはこちらから↓

2018年秋冬ユニクロUのウールブレンドチェスターコートはデザインと機能を両立した一着!

2018.09.15

ユニクロU / オーバーサイズモックネックT(長袖)

 

2018秋冬ユニクロUのオーバーサイズモックネックTは装飾性トレンドを気軽に取り入れることができる優秀アイテム。首周りに少し高さがあるモックネックはただ着るだけでロングTシャツですが大人らしい雰囲気に。メランジ柄は使い勝手が良くシーンを選びません。どこへ行くのにも臆することなく着ていける大人らしい柄です。

素材はスウェットと言っていいほどしっかりとした厚手の生地を使用しています。リラックス感があるサイズですが着丈も袖丈もジャストの長さにしておりだらしなさは無くとてもキレイなシルエットです。試着では気づけない注意点としては1度洗濯をすることによって生地が引き締まり首周りの美しいシルエットが完成するということ。

購入後は一度洗濯してからの着用がオススメです。色展開はパープル、イエロー、ブルーの3色があり各2990円(+税)。着るだけで大人らしく見え、シルエットも良く、イージーケア。クローゼットの主力アイテムとなるはずです。

より詳しいレビューはこちらから↓

2018年秋冬ユニクロUのモックネックTは洗濯すると見違える!

2018.09.16

ユニクロU / スーピマコットンジャージーシャツ(長袖)

季節毎の定番企画となってきたユニクロU。通常のユニクロでは出会えない意匠や素材感の服に気軽に出会うことができます。今回はそんなユニクロUの2018AWコレクションの中からスーピマコットンジャージーシャツ(長袖)を紹介します。

結論から言うと、「インラインにない魅力を備えた良品。ただし扱いが難しい」アイテム。生地は綿100%。ただし、ただの綿素材ではなく、名称のとおり極上の綿である 「スーピマコットン」が使用されています。そのため、傍目でもわかる艶感と触ってわかる心地よい滑らかさを備えています。

クリーニングの取り扱いについては「洗濯機・ネット使用」となっています。筆者も実際にネットを使用して、洗ってみました。特に縮みなどはなく、自宅洗い自体は可能なアイテムとなっています。

ただし、細かいシワがかなりできてしまいます。そのため、丁寧なアイロンがけが必要。無論、着られないワケではないですが、このシャツの魅力は艶感。その魅力が、全体的にシワがあると台無しになってしまうので、アイロンがけはある意味必須になってしまいます。イージーケアを期待していると注意が必要です。カラー展開は、ホワイト/ブラック/ブルーの3展開。価格は2990円(+税)。

より詳しいレビューはこちらから↓

2018年秋冬ユニクロUのスーピマコットンジャージ―シャツは極上の着心地!

2018.09.16

ユニクロU / オープンカラーフランネルシャツ

ユニクロUのオープンカラーフランネルシャツは、襟元のオープンカラーに加え、次期トレンドのチェック柄を採用。チェックがグラデーションになっており、落ち着いた雰囲気です。

169cm55kgでサイズはMを購入。着丈73cm、裄丈84cm、肩幅52.5cm、身幅57.5cm、袖丈58cm、首回り39.5cmです。着用するとトレンドを取り入れたオーバーサイズ気味な印象で、肩もショルダーが少し落ちた具合になります。その他にも細かな工夫が詰まったアイテムです。

素材はコットン100%。起毛させた柔らかいフランネル素材は、滑らかな肌触りです。起毛しており、リラックスした温かみを表現しています。生地は比較的薄手で、秋はアウターとして、寒くなるとインナーや重ね着に重宝するでしょう。

洗濯機に入れる際は、摩擦による生地の毛羽立ちを抑えるためにネットの使用が推奨されています。価格は2990円(+税)です。詳細はこちらからどうぞ。

より詳しいレビューはこちらから↓

2018年秋冬ユニクロUのオープンカラーフランネルシャツはリラックス感が過剰かも!

2018.09.16

ユニクロU / イージーワイドフィットアンクルパンツ

2018年秋冬ユニクロUのイージーワイドフィットアンクルパンツはアラフォーお父さん世代にも購入してほしい、今期マストバイ間違い無しの逸品です。トレンドがドレスライクになっている中、オススメしたいボトムスです。シルエットは、ワイドテーパードシルエットのアンクル丈。ヒップや太もも周りから裾に向かってゆったりとテーパードがかかっています。

生地はユニクロのチノパンほどの厚みですが、ストレッチ性のあるしっかりとしたハリのある生地感。そして光沢のある艶感があり、センタープレスとストンとした落ち感によりドレスライクに使用できる逸品。ウェストゴムの中紐使用に生地のストレッチ性も相まって、大変着心地の良いボトムスに仕上がっています。脱ぎはきが楽なウェストゴムの中紐使用に前留めボタン、ストレッチ性により着心地が大変楽な着心地。それでいて、光沢のある艶感やセンタープレス、ストンとした落ち感のでる生地により、コーディネートに簡単にドレス感をプラスできるパンツが3990円(+税)。評価が高いのも頷ける逸品です。

より詳しいレビューはこちらから↓

2018年秋冬ユニクロUのイージーワイドフィットアンクルパンツは今期のマストバイ!

2018.09.17

ユニクロU / ワイドフィットテーパードアンクルチノ

大人にふさわしい最強シルエットのスラックスが「ワイドフィットテーパードアンクルチノ」です。素材はウールではなくチノですが、その分メリットも豊富。今回はなぜ大人にふさわしいのか、という視点からレビューいたします。

まずこのアイテムの肝となるシルエット。腰回りやもも周りはやや緩く、スキニーのようにパツパツになるということもありません。かといって、スタイリッシュに見えなくならないのがこのアイテムのスゴイ所。裾幅も「極細」とは言い難いですが、ややくるぶしより短いアンクル丈に仕上げることによって、全体を緩くしてもスッキリ美脚に見せることができます。

デザインは余計な装飾などがないスラックス調に。センタープレスをつけ、ポケットもなるべくシンプルにすることで、ほかのアイテムで装飾性のあるものを使ったとしても、問題なく使えます。しかし、スラックス調と言っても、こちらは艶のあるチノ素材。高級ウールのように細心の注意を払ってケアをすることなく、日常着としてガンガン使えます。ただそのため、スラックスよりもシワがつきやすく落ち感が足りない所もありますので留意が必要です。

購入の際はサイズ感にご注意を。ウエストがややゆるいためジャストサイズからワンサイズ下げても問題なく履くことが可能です。どんなイメージで使いたいかによって使い分けてもいいでしょう。試着は必須です。価格は3990円(+税)。

より詳しいレビューはこちらから↓

2018年秋冬ユニクロUのワイドフィットテーパードアンクルチノはスラックスとして使える!

2018.09.18

ユニクロU / ウールVネックカーディガン(長袖)

いま注目の装飾性トレンドではノームコア中心のトレンドには無かった様々な色の服が市場に見られますが素材によっては安っぽい印象になってしまうことも。そこでオススメなのがユニクロUのVネックカーディガンのピンクカラー。艶のあるウールで高級感があり高見えするオススメのアイテムです。

ふっくらとした肌触りと見た目のやわらかな風合いもあり羽織るだけで秋冬コーデらしさを出すことが可能。半袖の上から1日中着用してみたところ首周りのチクチクもなく不快感はゼロでした。ボタンを含め全体のカラーリングに統一感がありポケットなどの飾りが無いシンプルなデザインで、大人にふさわしい服としてバランスが取れています。

袖のリブは厚さもあり耐久性は十分。ピンクの他にダークオレンジ、ブラウン、イエロー、ネイビーの計5色あり派手なピンクはちょっと気が引けるという方でも挑戦しやすいカラーバリエーションが用意されています。価格は4990円(+税)でユニクロ製品の価格帯の中では高いアイテムですがトライする価値は十分といえるでしょう。

より詳しいレビューはこちらから↓

2018年秋冬ユニクロUのウールVネックカーディガンは高級感あるピンクカラーが一押し!

2018.09.18

ユニクロU / スウェットクルーネックプルオーバー

ユニクロU2018AWコレクションの中からスウェットクルーネックプルオーバーのご紹介。毎年恒例の裏起毛スウェット。事前お気に入り登録No.1のアイテムです。昨年のものと比較しながらご紹介します。

今期のスウェット、デザインは一般的なスウェットと特に変わりはなく、首元が少し詰まっているところにトレンド感見られます。着る人を選ばない万人向けのデザイン。サイズは7展開で、ホワイトのXLはオンラインストアではすでに完売しています。素材は昨年と全く同じ。スポーツウェアや部屋着のスウェットとは違い、少しの重みと光沢感がおしゃれ着の機能を果たしてくれます。

洗濯は特に気を遣わず、そのまま洗濯機に放り込んでOK。ただ裏起毛なので、両面気を遣う方はネットに入れるのが無難です。色展開は新たに3色が追加されています。価格は昨年と同様2990円(+税)。毎年人気カラーは早々にサイズ欠けが発生します。狙っている方は早めの購入がおすすめ!

より詳しいレビューはこちらから↓

2018年秋冬ユニクロUのスウェットプルオーバーを昨年モデルと比較してみた!

2018.09.19

ユニクロU / エクストラファインメリノカーディガン

このカーディガンの一番の特徴は襟がついていること。ユニクロのレギュラー商品はVネックになっているに対して、こちらは一見するとシャツのような作りです。襟の部分は特に肌あたりが良く、チクチクする感じが微塵もありません。そしてサイズ選び次第ではありますが、首回りの締め付けがないため、一番上までボタンを留めても息苦しさを感じられません。

アームホールは細め。生地自体に落ち感があり、ウールのニットのようにモコモコする感じがなく、袖口までストンとしています。袖口のリブもあまり強くありません。一方で肩回りはドロップショルダーになっており、きれいめになり過ぎない程度に適度なリラックス感があります。

ニットアイテムは、シャツよりも少し大きめのサイズを選ぶのが一般的。ユニクロのシャツはMがジャストサイズの筆者がLサイズを選んだところ、ほぼピッタリでした。あまり大きなサイズを選ぶと、身幅が余り過ぎてしまい、不格好な印象になります。

カラバリはユニクロ表記「07 GRAY」「09 BLACK」「69 NAVY」の3色。「07 GRAY」はともすればシニアっぽい雰囲気が漂う危険な色。そして「69 NAVY」も、若干ではありますが、くすんだような色合い。読者諸兄の好みに合う色であることを願うばかりです。4990円(+税)。

より詳しいレビューはこちらから↓

2018年秋冬ユニクロUのエクストラファインメリノカーディガンは大人にこそふさわしい傑作!

2018.09.20

ユニクロU / ドレープツイルチュニック(長袖)

2018年秋冬ユニクロU「ドレープツイルチュニック」は、レディースアイテムならではの独自のドレープ感を伴った素材で非常に高級感があります。縦長のシルエットでありゆとりのあるサイズ感。シンプルですがスリットによってスタイリッシュなデザインは、メンズライクなシャツで再現したことで男性でも違和感なく着用できます。オシャレ着として無駄なデザインを加えず素材で差別化した一味違うアイテムとなっています。

S~XXLの5サイズ展開。この内XL・XXLはオンラインストア限定。167㎝、51㎏やせ型の筆者でLサイズを着用しています。レディースアイテム故、サイズ選びが気になるところですが、やや大きめの作りになっており、筆者の体格では一切違和感ありません。

「WHITE」「NAVY」「DARK BROWN」「YELLOW」の4色展開。どのカラーもオススメしやすく、筆者は「DARK BROWN」を選択しています。こちらはヨーロッパライクな雰囲気のある色味。一歩間違えればクラシカルになりすぎておっさんくさく感じられるブラウンも、とろみのある素材感で洗練された大人の着こなしになります。価格は3990円(+税)。

より詳しいレビューはこちらから↓

2018年秋冬ユニクロUのドレープツイルチュニックは高級感抜群の素材感!

2018.09.23

ユニクロU / ベースボールキャップ

本アイテムは、ユニクロU 2018年秋冬のコレクションのベースボールキャップです。特にこれと言った特徴がない極めてオーソドックスなベースボールキャップです。1990円(+税)というリーズナブルな価格設定もあり、キャップをかぶってみようかなと考えている初心者の方に特におすすめです。

キャップの本体部分は、6枚のパーツで構成されている6パネル構造であり、これもオーソドックスなキャップの構造です。キャップのツバは湾曲しており、この湾曲をユーザーが自由に変更することができます。キャップ後頭部のベルトはゴムが使用されていて、このゴムの収縮によりサイズを調整します。色はブラック、ネイビーの2色展開。キャップに苦手意識のある方も、これから挑戦したいという方も、まずは試着してみることをおすすめします。

より詳しいレビューはこちらから↓

2018年秋冬ユニクロUのベースボールキャップはオーソドックスな作りで初心者におすすめ

2018.09.25