2019年秋冬ユニクロUの3Dプレミアムラムモックネックセーターのメリットデメリットを紹介

ユニクロUの3Dプレミアムラムモックネックセーターは待望のメンズ初3Dニットです。レディースでは豊富に展開されている3Dニット。メンズではこれまでラインナップにありませんでしたが、今季初めてラインナップに加わりました。いい点、残念な点含めて詳しく見て行きます。

シルエットをチェック。3Dニットならではの滑らかなラインは格別

このニット、一見すればシルエットは少しリラックス感がありますが、通常のニットとさほど変わらないように思います。3Dニットだからと言って何がそんなに違うのか?と思いましたが、着てみると確かに何かが違います。どことなくリラックス感がありながら同時に上品な印象。これは立体編みによってどこにも継ぎ目がないニットだからこその印象でしょう。

通常のニットであればパーツの継ぎ目によってここからが肩、ここからが腕、とわかるのですが、継ぎ目がない構造になると肩の位置がどこからかがわからずサイズ感があいまいで肩の落ちたようなリラックス感を醸し出されます。また、縫い目をできるだけ隠して滑らかに見せるのはドレスウェアに通じるものがあります。これが上品な印象を演出してくれます。3Dニットの特長は立体編みの構造でリラックス感とドレス感を同時に表現するハイブリッドアイテムであると言えそうです。

ディテールをチェック

3Dニットは本当に継ぎ目がありません。肩も脇も写真の通り。よく目を凝らすと肩に編み目の違いは見受けられますが……間近で凝視してようやくわかる程度。着用すると身頃から脇にかけて美しいドレープ感が出るのを楽しむことができます。

首元はモックネックで少し高くなっています。シャツなどを合わせたときにも納まりのいい高さです。首が高いとドレス感のある印象が出ます。また、首に視線が向きやすくなることで肩のラインの滑らかさにも目が向きやすくなっています。リブは首、裾共に締め付けは弱めです。多少ずり上がることはありますが、気になるほどではありません。

素材をチェック。ツヤ感のある素材でないのが残念!

このアイテムの最大の残念なポイントは素材感でしょう。素材はウール100%ですが、プレミアムラムウールという名で素材展開しています。ふんわりと空気を含んで柔らかで冬でも温かいのは申し分ないのですが、3Dニットで展開するならユニクロの十八番、エクストラファインメリノウールのようなツヤが楽しめる素材であればなおよしでした。

もう一点残念なのは、ものすごく毛が付きます。インナーにブロードシャツのようなつるっとした素材を挟むのであればあまり気になりませんでしたが、黒のワッフル素材のタンクトップの上に着たところ黒のタンクトップが毛だらけに。アウターとの干渉も気になりますね。しばらくすれば落ち着くのかもしれませんが、着用の際は気をつけましょう。

とはいえ素材で良い点もあります。何といってもこの様々な色が混じった複雑な色合いは特筆すべきです。グレーは灰色だけではなく青みがかった色や緑、赤などが混ざっていて地味な印象を払拭しています。杢調とも異なるアプローチで筆者は気に入っています。

洗濯は手洗い推奨となっています。筆者はネットに入れてドライコースで洗濯するつもりです。周りの洗濯ものに毛が付く可能性もあるのでネットは必須かもしれません。ところでこの洗濯表示タグ、ニットの左裾近くに付いていますが、ニットに縫い付けてあるのでせっかくのドレープがそこで途切れています。筆者の気にしすぎかもしれませんが、外せそうなら外してしまおうと思っています。

サイズ感で印象が変化。オーバーもジャストもオススメ

筆者は170㎝63kg普通体型ですが、グレーはXL、ナチュラルはMを購入しました。普段はM~Lサイズの服を購入しています。オーバーにXLであればリラックス感は強まりますが、ドレープ感も強く出るので決して子供っぽくはなりません。ジャストのMであればフィット感と脇の自然なシルエットが大人っぽさを演出してくれます。一度試着して好みのサイズを探ってみてください。

メンズ初の3Dニット、6色展開で3990円(+税)です。残念な点もありますが、それを補って余りある魅力も兼ね備えています。滑らかで自然なドレープ感は着てみるとハマりますよ。

ユニクロユー2019秋冬まとめはこちらから↓
ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【148選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.08.05
「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【76選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16