2018春夏ユニクロUアウターのマストバイは文句なしでブロックテックコート

2018春夏ユニクロUのアウターカテゴリーの中でも、特に完成度の高かった「ブロックテックコート+E」。

ユニクロ定番のブロックテック生地を用いて機能性を高めながらも、通常ラインでは見られないオーバーサイズのシルエットで、トレンドを感じられるのが魅力のアイテムです。今回はこのコートについてレビューしていきましょう。

オーバーサイズのシルエット 裾に向かって綺麗に広がるラインに注目!

さてこのコート。デザイン的にはステンカラーコートなのですが、まずビジネス用に見られることはありません。というのも、かなりオーバーサイズで作られているからです。

身幅や袖など、かなりゆったりしたサイズ感になっており、ビッグシルエットのアウターであることが一目で分かります。また肩のデザインは、襟ぐりから袖を取り付けたラグランスリーブで、スポーティな雰囲気が加わっています。

襟は太めで、このコートのゆったりした雰囲気にマッチしていると言えるでしょう。

ちなみにこの襟、立ち上がりやすくなるように工夫されています。襟を立たせなくても、生地がピンと張ってくれるので、立体的で非常にサマになります。この襟のおかげで。ビッグシルエットでも着こなしやすくなっています。

「首」は体のパーツの中でも特に目立つ箇所なので、首元がスカスカであれば何か物足りないように感じてしまうことも多いですが、ここに「襟」があれば、たとえオーバーサイズであっても、シルエットが全体的に綺麗に見えるものなのです。

さらに、このコートの最も優秀なポイントが、裾に向かって綺麗に広がるAライン。着丈はかなり長く作られており、オーバーサイズかつ膝下丈のロングコートとなると、かなりもっさりした印象になってしまいがち。

ですが着てみると、見事に直線的なラインが描かれます。

アップデートされたブロックテック素材 高級感·機能性共にバッチリ!

生地は、ユニクロ定番のブロックテック素材。ユニクロUでも毎シーズン、ブロックテックのアウターが販売されますが、特に今回の生地は出来がいいなと感じます。ぜひ実物を見ていただきたいのですが、マットな光沢感があり、発色も良いです。

春コートなので薄い生地ですが、ハリがあるので、シルエットを綺麗に出すことが出来ます。生地感も洗いがかったような雰囲気で、どちらかといえばカジュアル寄りです。

もちろん機能性にも富んでおり、綿100%でありながら、撥水·防風機能があります。突然の雨にも対応できますし、風の強い日には外気の侵入を防いでくれます。裏地もいつも通りのブロックテックです。

注意点としては、撥水加工は永久的ではないので、クリーニングや水洗いで徐々に取れてしまうことです。その場合は、クリーニング店などで再加工してもらうことが出来ます。また、生地は樹脂加工品なので、約3年で劣化するようです。たとえ新品のまま保管していても劣化は避けられないので、そこを考慮して購入を検討しましょう。

お手入れとしては、特別なことは必要ないので、気軽に使用できます。洗濯表示タグでは「手洗い」表示となっていたので、家庭での洗濯も可能です。

定番色か? それとも人気のブラウンカラーか?

カラーは、ブラック、ベージュ、ブラウンの3種類。写真はブラックになります。最も無難なカラーですが、生地の質によっては、一気に安っぽい印象になってしまうこともあります。

黒色というのは、良くも悪くも本来の生地のクオリティが分かりやすいカラーなんですね。

しかし、これは決して安っぽい印象ではなく、なかなか良い色の出方をしています。今回のブロックテック素材の良さが伝わってきます。真っ黒というよりは、少しネイビーっぽい色味ですね。

ベージュも良い出来でしたが、一番人気なのはブラウン。オンラインストアでも、まずはブラウンからサイズ欠けを起こしていました。店頭で拝見しましたが、こちらもかなり良い発色で、オススメできます。

一般的なブラウンとベージュの中間のような色味です。春でも重すぎない、少し明るめのトーンでスモーキー、一目でオシャレだと分かるようなカラーですね。

ディテール ボタンや襟の仕掛けについて

それでは細かいディテールも見ていきましょう。ユニクロといえば、「生地はいいけど、ボタンが安っぽい……」ということも珍しくないですが、これはそれほどひどくない。

プラスチック素材ですが、水牛ボタンのように見える加工がされており、安っぽさを感じさせにくくなっています。マット質感で、遠目ではそれほど目立たないでしょう。

襟の裏側には小さなボタンが付いており、襟を立たせた時、首をタートルネックのように覆うことが出来るようになっています。寒さが残っている時期や、風が強い日には役立ちそうです。

裾にはセンターベントが入っており、着用シーンによって開閉することが出来ます。

サイズ感について どれだけオーバーサイズを強調するか?

最後にサイズ感について述べて終わります。最初に述べた通り、このコートは元々オーバーサイズの作りですので、これくらいで着なければいけないという「正解」はありませんが、サイズを下げてジャストで着ようとするのはオススメできません。

ビッグサイズの洋服のサイズを下げると、どこかアンバランスで、一般的なジャストサイズとはまた違ったものになるからです。例えばこのコートであれば、私はSサイズを着用することが出来ますが、全体的にゆったりしているにもかかわらず、肩だけジャストでちぐはぐな印象になりました。

普段アウターはMサイズを選ぶことが多い私であれば、このコートもMサイズがちょうど適当でした。Lサイズでも問題ないのですが、少しオーバーサイズ感が強調されすぎるので、個人的には抵抗がありました。

ちなみにMサイズの寸法は、実寸で着丈112cm、身幅62cm、ゆき丈87cmになります。

価格は1万2900円(+税)。高級感と機能性を併せ持ったブロックテック生地に、オーバーサイズの綺麗なシルエット。魅力的なアイテムになっているので、是非チェックしてみてください。

ユニクロユー2018春夏まとめはこちらから↓

【2018春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【34選】

2018.04.20

「【メンズ】ユニクロUで一歩先のオシャレを!おすすめコーデ!」はこちらから↓

【43選】ユニクロUを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.02.08
Kouki

この記事を書いた人

Kouki

身長175cm 体重65kg 靴27.5cm

普通だけど、かっこいい。そんなスタイルを目指して模索中。服自体はもちろん、服を着て楽しいと思える瞬間が大好き。 ツイッターでファッションについてつぶやいています。

twitter