2018秋冬ユニクロUのチャッカスニーカーは履き心地抜群!

スウェードタッチで3色展開

2018年秋冬ユニクロUの「チャッカスニーカー」は、表面がスウェードタッチで柔らかな印象を受けます。「タッチ」なので、もちろん合皮なのですが、本革と言われても大半の人はわからないでしょう。ただし素材の特性上、3年ぐらいで劣化が始まるそうなので注意が必要です。

色はブラック、ダークグレー、イエローの3色展開。イエローは明るくカジュアルな印象が強めでしたが、ブラック、ダークグレーなら落ち着いた色味なので悪目立ちする印象はありません。筆者はダークグレーを購入しました。

ゆったり目のサイズ感に対して、履き口が小さめなのが難点

サイズは22.5cm~28cmまでを展開する男女兼用モデルとなっています。ただし22.5、27.5、28cmはオンラインサイトのみの取り扱いとなっています。筆者はスニーカーだと普段28cmのものを履くことが多いです。今回はオンラインサイトにて28cmのものを購入しました。2016年にユニクロUの前身であるユニクロルメールから発売された名作キャンバススリッポンは、筆者は28cmでも小さくて履けなかった苦い経験があるのですが、今回は無事に履くことができました。

サイズ感はゆったり目。つま先が少々余ります。寒くなり厚めの靴下を履いたりすることも考えると、このゆったり目の作りでも良いかなと思いました。普段のジャストサイズでも問題ないと思いますが、もし店舗にサイズがある方は試着してみることをお勧めします。

中のゆったり目の作りに対して、履き口はやや小さめです。足首にジャストフィットするのは良いのですが、筆者は履くときに毎回一番上の紐を解いて結び直して、履く羽目になりました。この面倒さがこのスニーカーの最大の難点になります。

履きご心地は抜群、その分シルエットは犠牲に

ソールはやや厚めの作り。インソールもしっかりしていてクッション性は抜群です。筆者は何回か丸一日履いてみましたが、履き疲れることも靴擦れを起こすこともまったくありませんでした。ただしその分シルエットが丸みを帯びていて、デザイン性を犠牲にしている感は否めません。

このあたりが「ライフウェア」を標榜するユニクロらしさとも言えるかもしれません。機能性を求めるかデザイン性を求めるか、買う方の判断に委ねられる少し難しいアイテムだと感じました。価格は執筆時点(2018年10月)ではブラックとダークグレーは5990円(+税)。イエローは早くも値下げが始まって3990円(+税)となっています。

ユニクロユー2018秋冬まとめはこちらから↓

【2018秋冬】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【25選】

2018.11.11
ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【93選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.11.15
まーくん

この記事を書いた人

まーくん

身長188cm 体重68kg 靴28cm

ブランド問わず身につけた瞬間に気分の上がる服を好みます。 華奢な体型を克服しようと最近ウェイトアップに励み中。

twitter