2018春夏ユニクロUのコットンクルーネックセーターは大人が着るべきサマーニット

2018春夏ユニクロUコレクションの第2弾。すべての春夏アイテムが一部店舗とオンラインストアで販売開始となりました。半袖アイテム、ハーフパンツなど、夏のコーディネートに欠かせないラインアップが目立ちます。

今回レビューするコットンクルーネックセーターも夏のコーディネートに是非取り入れていただきたい一枚です。

なめらかな肌触りで夏も快適な素材感

夏にセーターなんて暑すぎるという方も多いかと思います。しかしご安心を。商品名にセーターとありますが、冬のウールのようなものではありません。軽やかな素材感のサマーニット、肉厚カットソーといった印象です。

素材は、綿82%、ナイロン18%。肌触りは同じユニクロUのコットンクルーネックTシャツや、スウェットシャツのようなガサっとした着心地ではなく、なめらかでさらっとした感じ。肌に触れた感触も気持ちいいです。

パッと見はしっかりと目の詰まったハイゲージセーターを想起させます。夏は半袖に短パンで過ごしたいとは思いつつも、Tシャツ1枚だと子供っぽくなりすぎてしまうものですが、アイテム単体で大人っぽい印象があるので、ハーフパンツでもサマになるでしょう。


(参考/コットンクルーネックセーター(長袖))

第1弾でラインアップされているコットンクルーネックセーター(長袖)とは、名前は同じですがあちらはざっくり編みのローゲージニット。半袖か長袖かの違いではなく、作りも素材も別物なので注意が必要です。かなり紛らわしいですね。

やや厚手で体型が出にくいのもポイント。筆者はガリガリなので夏に半袖カットソー1枚では体形が気になってしまいます。同様にふっくらした方も同じだと思うのですが、そんなTシャツがあまりに合わない方にこそ手に取っていただきたいアイテムです。

体形が出にくいのは厚手だけではなく、生地にハリがあって落ち感があり、裾にたまらないことも挙げられます。ストンとしたシルエットになるので、胴体をすぽっと筒状に隠してくれるのです。

一応、ダブルフェイスデザインではありますが、リバーシブルと言うわけではありません。縫い目もタグも丸見えになってしまいます。

好みで選べるサイズ展開

店舗ではS~Lサイズ、オンライン通販限定でXL、XXLサイズが展開されています。167㎝、51㎏、痩せ型の筆者でMサイズを選択しています。S~Lまで特に違和感なく着用でき、好みで選べる嬉しいサイズ感です。それだけに筆者もかなり悩みました。

まず着丈です。腰位置があらわになると、我々日本人の胴長短足体型がバレてしまい、かっこよく着こなしたいはずが少々不格好に見えてしまいます。着用時に短すぎる場合は足長効果を狙ってサイズアップ推奨です。

Sだとちょっと短いくらいですが、足長効果が失われるほどではありません。インナーにタンクトップを重ね着して裾からチラ見せするような着こなしをするなら選択肢に入るサイズ感です。Mでお尻がほぼ隠れるくらい。Lで股がすっぽり隠れる程でした。

Sサイズ63㎝、Mサイズ66㎝、Lサイズ69㎝、XLサイズ72㎝、XXL サイズ75㎝。

次にサイズ感の影響が感じやすいのは袖丈です。Sは二の腕の太い部分の露出面積が増えるため、腕が太く見えやすいです。Mで肘にかからない程度、LでSサイズ18.5㎝、Mサイズ20.5㎝、Lサイズ22㎝、XLサイズ23.5㎝、XXL サイズ24.5㎝。

肩幅は袖丈基準となりますが、筆者の肩の位置に対してSで肩よりちょっと上、Mでジャスト、Lで肩から少し落ちるような印象です。Sサイズ46㎝、Mサイズ47.5㎝、Lサイズ49㎝、XLサイズ51㎝、XXL サイズ53㎝。

身幅は例えばポッコリお腹が目立つ場合や、ぶかぶかに見えてみっともない。といった印象を抱かれるようなら別のサイズを選択していいと筆者は考えます。

上述した体型隠し等のメリット以上に違和感のある服装では気分も上がりませんから。Sサイズ50.5㎝、Mサイズ53.5㎝、Lサイズ56.5㎝、XLサイズ60.5㎝、XXL サイズ64.5㎝。

洗濯情報

手洗い推奨です。実際行ってみたのですが、特に色が出たりすることなく問題ありませんでした。実験も兼ねてやや強めに押し洗いし、絞る際も強めに力を入れてみました。

ハンガーに干した際に裾がヨレるかなとも思いましたが、乾いてみたら特にヨレは気になりませんでした。シワにもなりにくいです。

とはいえ汗をかきやすい夏場に一般家庭で毎回手洗いも大変だと思います。試しに裏返してネットに入れ、中性洗剤と柔軟剤を入れて他のものと一緒に洗濯機で洗濯しました。我が家では基本的に時短モードのためいつも通り時短モード。

一応シワがつきやすいとか、伸びた縮んだといった問題は今のところありませんが、確実に手洗いよりはダメージが大きいはずです。繰り返すほど不具合の可能性は高まりますので行う際は自己責任でお願いします。

カラー展開

カラー展開は03 GRAY、09 BLACK、56 OLIVE、74 PURPLEの4色展開。裏地のカラーはGRAYがホワイトで、その他はダークグリーンとなっています。筆者は最も艶を感じられるBLACKを選択。

夏のカジュアルな着こなしを最も簡単に大人っぽくしてくれるためコーディネートが簡単です。

他のどのカラーもハズレ無しと言っていいです。OLIVEは渋い大人の印象であり、最後まで悩んだ色です。ミリタリー感もあり、男性好みかなとも思います。筆者もそんな男らしさに惹かれました。

PURPLEは今回のユニクロUのコレクションの目玉カラーであると言えます。スモーキーカラーがトレンドと言うこともあり、はっきりとした紫ではなくやや霞がかったあずき色のイメージ。

筆者はスウェットシャツのPURPLEを買ってしまったため購入には至りませんでしたが、間違いなく一番人気のお色。気になる方はお早めに。

GRAYですが、スウェットシャツと違いあまり部屋着感もなく、スラックスや黒スキニーを合わせれば一枚着でも大失敗にはなりません。サイズ感と相まって程よくリラックスした印象は、他のカラー以上に夏の着こなしを軽快に見せてくれるでしょう。

コットンクルーネックセーター(長袖)との差は価格にもあり、1000円ほどお安い2990円(+税)。サマーニットは高価なものも多く、比較的手軽に楽しめるのも利点ではないでしょうか。

皆がTシャツを着ている中、サマーニットによう差別化も狙えます。差別化はオシャレに見せるうえで重要な要素です。同じ半袖なのになんか他の人と違うといった程度のさりげなさこそ、大人の男性が狙うべきひとつの着地点と言えるでしょう。

このアイテムで周りに差をつけていただくのがオススメです。

ユニクロユー2018春夏まとめはこちらから↓

【2018春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【35選】

2018.05.03
TAKUMA

この記事を書いた人

TAKUMA

身長167㎝ 体重51kg 靴25.5㎝

オシャレになって見た目も中身も磨きたいアラサー男子。人に見られることに臆さず自信を持って、胸を張って生きて欲しい願いを込めます。細身のシンプルなコーディネートが好き。さあ「脱地味」しよう。