2018春夏ユニクロUニットのマストバイはコットンモックネックセーター!

先日発売された「UNIQLO U(ユニクロ ユー)」の2018年春夏コレクション。今回も完成度の高いニットアイテムばかりですが、その中でも特にオススメな「コットンモックネックセーター(長袖)+E」について、この記事ではレビューしていきます。

特徴は、「モックネック」「ドロップショルダー」「メランジ」

最初に、「コットンモックネックセーター(長袖)+E」の特徴を簡単に挙げていきます。まず襟は、春ニットとしては珍しい「モックネック」。

シルエットは、ジャストサイズではなく「ドロップショルダー」。カラーバリエーションは、定番色ではなく「メランジ」。

デザイン、シルエット、カラー全て、どれも普通のニットとは少し違う、一工夫あるアイテムになっています。それでは、順番にそれぞれ詳しく見ていきます。

トレンド感のあるモックネック 低めなので春シーズンに最適

モックネックとは、写真のように、やや高さの襟のことを指します。クルーネック以上、タートルネック未満、ちょうど中間のような雰囲気といえば分かりやすいかもしれません。ここ数シーズン、トレンドになっているネックタイプです。

しかし、実はこのニットのモックネックはかなり低めに設定されています。かなり首元の詰まったクルーネックのようなイメージ。

また、ネックの部分の生地の編み方はボディと同じで、繋ぎ目が分かりにくくなっており、シームレスな印象。一般的なモックネックほど、首元が目立ちません。

モックネックを選ぶメリットはいくつかあり、まずドレスな雰囲気を出せることができます。タートルネックほどではありませんが、首元が覆われているので、大人っぽい印象を与えることが出来るのです。

ノーカラーのアウターなどのインナーとして使っても、首元が寂しくなりにくく、相性が良いです。また、モックネックという、誰が見ても分かりやすい「違い」があるので、パッと見てオシャレ着として認識されやすいというメリットもあります。

しかし、さすがに春夏には暑いこともあるでしょう。首を覆うと、体感温度はかなり変わってきます。そのため、一般的なモックネックより更に低めに作られているのだと思われます。見た目的にも、暑苦しさはありません。

フィット感もゆるめになっています。首をピッタリ覆うのではなく、生地と肌の間にやや隙間が出来ます。そのため、暖かい時期に着てもストレスを感じにくいでしょう。タートル·モックネックが苦手という方でも、問題なく着ることが出来るのではないでしょうか。

ドロップショルダーでリラックスした雰囲気に

次にシルエットについて。肩のラインをずり下げた、ドロップショルダーが特徴的です。通常、ショルダーラインはジャストで合わせるものですが、それをわざとずらすことによって、リラックスした雰囲気を出すことが出来るのです。

ニット自体のサイズはそれほど大きいわけではありませんが、ドロップショルダーにすることによって、かなりゆったりして見えます。先ほど、モックネックのニットはややドレス感が強いと言いましたが、シルエットでややカジュアルな印象になっています。

また、アームホールと呼ばれる袖の付け根部分は、ドロップショルダーに合わせてかなり太くなっています。しかし袖先はリブで、細くなっているので、全体としてはそこまでゆるい雰囲気にはなりません。

太めの袖でも、袖先がきちんと細ければ、スッキリとした印象になるのです。

リブの部分の質感は、少し硬くパリッとしています。あまり伸びにくいので、袖をまくってもしっかり固定され、生地が下がってきづらくなっています。

裾もリブになっています。ユニクロのニットにしては、締め付け具合はそれほど強くありませんが、それでも少し生地が腰に溜まりがち。出来ればリブをもう少し弱くするか、スリットを入れていた方が良かった。こういったゆるいニットは、生地が綺麗にストンと落ちて欲しいです。

サイズ感は、普段ニットは1サイズアップしてLサイズを選ぶことが多い私では、このニットもLサイズでちょうど良かったです。ゆったりとした雰囲気のニットなので、少し余裕のあるサイズ感で着るのが良いでしょう。

Lサイズの寸法は実寸で、着丈71cm、肩幅60cm、身幅58cm、袖丈52cmになります。着丈は短くも長くもなく、ニットとしては標準的な長さです。

素材は、肌触りの良いコットン100% お手入れも簡単!

生地について。素材はコットン100%で、柔らかで優しい肌触りです。生地感もなかなか良く、安っぽさはありません。生地の厚さは、ニットにしては薄め。

ニットらしい、がっしりした生地ではないので、厚手のカットソーのような感覚で着ることができます。今から着るにはまだ寒いですが、冬以外、比較的長い期間着ることが出来るでしょう。

コットン100%なので、家庭での洗濯ももちろん可能です。洗濯タグでは、手洗い表記となっています。そこまでデリケートな生地ではないので、特にお手入れで気を遣うことはないでしょう。

メランジ感のある、特徴的なカラーバリエーション 

最後にカラーについて。このニットはカラーバリエーションも他とは少し違って、やや特殊な色味になっています。写真のカラーは「03 GRAY」ですが、白と黒がミックスされたような、メランジ感のある色味になっているのです。

他にも、レッド、イエロー、ブルーなどのようなカラーが展開されていますが、これらも黒がミックスされており、やや暗めのトーンになっています。原色のままのようなビビッドなカラーではないので、取り入れやすいでしょう。

中でも人気だったのが、「74 PURPLE」。パープルと白がミックスされた、かなり珍しい色味です。これもなかなか上品で、オススメのカラー。店頭でもよく売れており、現在オンラインストアでは全サイズ完売状態です。

おそらく再販はあると思うので、気になる方は待ってみても良いかもしれません。

いかがでしたか?今回は「コットンモックネックセーター(長袖)+E」についてレビューしました。価格も2990円(税)とお手ごろ。

普通のニットと簡単に差別化が出来て、なおかつコーディネートに取り入れやすいアイテムです。是非チェックしてみてください。

ユニクロユー2018春夏まとめはこちらから↓

【2018春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【17選】

2018.02.09
Kouki

この記事を書いた人

Kouki

身長175cm 体重65kg 靴27.5cm

普通だけど、かっこいい。そんなスタイルを目指して模索中。服自体はもちろん、服を着て楽しいと思える瞬間が大好き。 ツイッターでファッションについてつぶやいています。

twitter