2018春夏ユニクロUのコットンパーカはパープルがおすすめ

今回は2018年春夏のユニクロUのコレクションより「コットンパーカ+E」をレビューします。正直言うと使い勝手のいいアイテムではありませんが、ユニクロU特有の良さを備えたアイテムでもあるので、その魅力をお伝えできればと思います。

生地と性能

まず、生地はコットン100%で軽く薄い素材です。ただし薄いけれどそれほど安っぽさは感じません。高密度コットン素材なので目が詰まっていて、手触りはシャカシャカしていますが、ペラペラな印象はありません。

防風仕様ではないので、防寒着としての機能性はありません。ごく普通のウールジャケットのほうが暖かいでしょう。春頃に羽織ったり、コート下に軽く着込む仕様です。

また、薄手のため、ジッブをしっかり上まで閉めないとフードがヘタってしまい、小顔効果も期待できません。同じユニクロUのスウェットプルパーカはフードがきちっと立つことから、逆の作りになっています。

筆者は今回、パープルを買いましたが、コットンながら光沢があり、艶っぽい色合いが楽しめます。ただし、生地の薄さもあり、シワができやすいので注意。

通常のジャストサイズで羽織った場合はシワが目立ち、イメージ写真やハンガーでかけた状態よりもカジュアルな印象になってしまします。色合いや光沢が気に入って羽織ってみると思っていた印象と異なるので注意が必要です。

魅力的な色合い

先に欠点を挙げてしまいましたが、それでもこのアイテムを紹介する理由は、今季ユニクロUの推しアイテムであり、また魅力的なパープルなどスモーキーカラーなどを自然に取り入れられるからです。

パープルなどのスモーキーカラーはなかなか使わない色のため、いい色合いだと思ってもコーディネートに取り入れづらく、またセットアップで揃えてしまうとキメすぎな印象になります。

ただコットンパーカはカジュアル感が強いため、日常のコーディネートに取り入れてもキメ過ぎにならず、自然に取り入れられるでしょう。コートの下に着こんでの差し色としても使うこともできます。

筆者はユニクロUの通常ラインでは大体Mサイズがちょうどです。このパーカもサイズ感としては通常ラインと同じくらいでした。

ただシワが付きやすいため、思った以上にカジュアル感ができてしまうので、ワンサイズダウンさせてスッキリさせるか、もしくはワンサイズアップしてカジュアルに振り切ったほうがいいと思います。

ジャストサイズだと逆に中途半端な印象になってしまうので、試着は必須です。筆者はワンサイズ落としてSサイズを購入し、スッキリさせることで、シワが生まれにくく、艶感がより強く出すことができました。

価格は5990円(+税)。少し高いのですが、他にはないアイテムなので着こなしにバリエーションを持たせたい方はぜひ手にしてみてください。

ユニクロユー2018春夏まとめはこちらから↓

【2018春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【36選】

2018.06.05

「【メンズ】ユニクロUで一歩先のオシャレを!おすすめコーデ!」はこちらから↓

【43選】ユニクロUを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.02.08
Nazy

この記事を書いた人

Nazy

身長170cm 体重65kg 靴26-26.5cm(コンバース・オールスターは26.5cm)

ユニクロ、GU主体でMBさん紹介アイテムをZOZOやZARAで買ったりMBアイテムを買って、ミックスしている感じ。今年36歳、未婚。最近、新宿によくいます。「行き過ぎない」を気にしつつ、どう崩すかを勉強中。