2017秋冬ユニクロU第一弾のマストバイはコットンツイルワイドアンクルパンツ

いよいよ9月29日先行リリースされた、ユニクロU2017秋冬コレクションの第一弾。良品多めですが、特にボトムスの出来がかなりいいです。中でもオススメなのが、この「コットンツイルワイドアンクルパンツ」。

ワイドテーパードの綺麗なシルエット、スラックスのような落ち感のある生地など、かなり完成度の高いアイテムです。それでは、さっそくレビューしていきましょう。

しっかりテーパード感あるワイドシルエット ワイドパンツ初心者にも最適!

まずはシルエットですが、ウエスト周りはゆったりしていながら、裾に向かうにつれて細くなっていくテーパードシルエット。ウエストと裾口の幅の差が大きいので、しっかりとテーパード感があります。このおかげで、ワイドパンツながら非常にはきこなしやすくなっているのがポイントです。

「ワイドパンツはテーパード型がもっともはきやすい」とはよく言われることですが、それは「裾」が細ければ全体的にスッキリした印象になるから。ウエストや太ももなどはゆったりしていますが、裾はきちんと細く、普通の細身のパンツと同じように感覚ではくことができます。ワイドパンツ初心者の方でも抵抗は少ないでしょう、

また「アンクル丈」なのもポイント。足元で生地が溜まらず、細い「足首」が見えることで、さらにスッキリした印象になります。かなり取り入れやすいワイドパンツなので、「トレンドなのは知ってるけど、太いシルエットには抵抗がある……」という方にも是非試してほしいですね。

また、こういったシルエットを綺麗に作るのはなかなか難しく、お手頃な価格帯の物はシワが出てしまったり、シルエットを維持しにくかったりすることも少なくありません。しかし、これは変なシワなど出ず、足元までスッと自然なテーパード感で綺麗なラインを描いてくれますね。

正直、今までのユニクロUやこの前のイネスやアンダーソンのコラボでは、微妙なシルエットのボトムスが多かった印象ですが、これは本当に綺麗。今までのボトムスは、決して細身ではないけどワイドパンツとも呼べない、微妙な太さ。おまけにストレートシルエットですから、なかなか着こなしにくい物が多かったのです。

過去のユニクロUと同様に太めですが、ここまでしっかりテーパードしているボトムスはおそらく初めてかと。個人的にも、ユニクロコラボでやっと欲しくなるボトムスが発売されたので嬉しかったです。

シワが出づらく落ち感のあるコットン生地 まるでスラックスのような印象に!

次に生地について。綿100%のコットンツイル生地ですが、ツヤと落ち感があり、綺麗なシルエット作りに貢献してくれています。しっかりとハリ感がありますが、シワが出にくくなっています。

通常、コットン生地のボトムスというとチノパンなどを想像される方も多いかもしれませんが、そのようなカジュアルな雰囲気はほとんどありません。しかもセンタークリースまであるので、まるでスラックスのような印象に仕上がっています。

綿100%なので、もちろん家庭での洗濯も可能。綺麗目な印象のボトムスですが、スラックスのようにお手入れに気を使う必要はありません。

ベーシックカラーはもちろん、ベージュもオススメ!

カラーバリエーションは「ブラック」、「ダークグレー」、「ブラウン」、「ブルー」の4種類。どれも発色は良かったです。写真のカラーはブラック。最もベーシックで使いやすい色なので、まだあまりボトムスの本数を持っていない方、ワイドパンツに初めて挑戦する方にもオススメ。

ブラック、ダークグレーといった定番カラーも良いのですが、もう一つオススメなのが、「ブラウン」。ブラウンというか、どちらかといえばベージュですね。

(http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/402773/item/35_402773.jpg)

「ベージュのパンツなんて冴えない大学生みたいだ……」と思うかもしれませんが、これは通常のベージュよりかなり暗め。より大人っぽく着こなしやすいベージュです。

今シーズンはベージュパンツの提案も増えていますが、特にこのようなブラウンっぽい、暗めのベージュはトレンド感がありますね。秋冬は全身ダークトーンのような「重い」コーディネートになりがちですから、このような色のパンツを一枚持っておくと便利です。今までベージュを避けてきた方にこそ、手にとってもらいたいカラーですね。

サイズ感には注意!! 今まで通りに選ぶと「大きめ」に

サイズ感はちょっと難しいので注意が必要です。ワイドパンツなのでウエスト周りなどはゆったりしているのですが、にしてもサイズ感が大きい。特にウエスト、ユニクロのボトムスは元々ウエストがゆったり作られている場合が多いですが、いつも以上です。

私は175cm65kgで普段Mサイズのボトムスをはくことが多いですが、7段階あるうちの一番小さなサイズでもはくことができます。ジャストサイズは「76cm」で、webの着用画像くらいのサイズ感ではけますね。

最小サイズ「73cm」だと、ウエストが少しきつめですが、シワなどは出ずシルエットも崩れません。全体的にやや細くなり、よりテーパード感が強調されるようなシルエットになりますね。ワイドパンツですが、よりスタイリッシュにはけます。

「73cm」サイズのシルエットも気に入ったのがですが、すでに普通の黒パンツはいくつか持っていまして、それらとより差別化を図るためにも「76cm」サイズをチョイスしました。

「76cm」サイズだと、寸法は実寸で、ウエスト78cm、股上32cm、股下67cm、裾幅18.5cm。ちなみにサイズ表記の「〜cm」というのは、ボトムス自体のウエストを表しているわけではなく、着る人のウエストの長さです。

今回選んだ色は「ブラック」なので「76cm」サイズにしましたが、「ベージュ」だと一つ下の「73cm」サイズが良かったです。ブラックは収縮色なのでシルエットがハッキリしやすいですが、ベージュのような色だとどうもぼやけがち。ブラックよりベージュの方が「太く見える」わけです。

したがってワンサイズ下げてやると、シルエットがよりスッキリして野暮ったい印象が軽減されます。この辺りは好みもあると思いますが、是非いくつかサイズを試してみてください。

完成度の高いシルエットや生地感で、カラーバリエーションも魅力的。サイズ感だけやや注意が必要ですが、間違いなくオススメできるアイテムです。価格は3990円(+消費税)。是非チェックしてみてください。

ユニクロUまとめはこちら↓

【11/16更新】ユニクロユー2017秋冬アイテムレビューまとめ【全24点】

2017.11.16

ワイドパンツまとめはこちら↓

【メンズ】トレンドのオススメワイドパンツを6点買ってレビュー

2017.10.22
Kouki

この記事を書いた人

Kouki

身長175cm 体重65kg 靴27.5cm

普通だけど、かっこいい。そんなスタイルを目指して模索中。服自体はもちろん、服を着て楽しいと思える瞬間が大好き。 ツイッターでファッションについてつぶやいています。

twitter