2019年秋冬ユニクロUクルーネックT(長袖)はスウェットのように見える傑作カットソー

2019年ユニクロUの秋冬コレクションの新作、メンズの先行販売は「クルーネックT(長袖)」。真夏でも冷房の利いた室内、晩夏の夜など、販売時期は真夏ですが使いどころはそれなりに多く、秋ごろから本格的に着用することになるでしょう。スウェットのような見た目ではありますが、それはディテールのみ。

生地は毎夏爆発的ヒットしている「クルーネックT(半袖)」とほぼ同じため、スウェットよりも着膨れせず、快適な着心地です。やや肉厚ではありますが、厚手のスウェット生地に比べたら洗濯が楽というのも、普段着としての扱いやすさに繋がります。定番化しているアイテムではありますが、わかりやすくアップデートされてきたため、過去アイテムと比較しながら見ていきましょう。

スウェットのようなデザイン

クルーネックの首元。リブの伸縮性は高く、頭通りもいいため、着脱にストレスはないでしょう。やや目立つ印象で、スウェットのような見た目を決定づけるポイントとなっています。

(上:半袖、下:過去の長袖)

過去の同名アイテムや「クルーネックT(半袖)」と比べるとバインダーが太くなっています。

やや大きめの胸ポケットも、ルメールコラボらしく若干下についています。この絶妙なポケット配置の利点は、ジャストサイズの作りであっても、オーバーサイズのようなリラックス感を獲得できることにあります。つまり、ストリート系のようにどデカい服をダボダボ着ることなく、普通に着てもトレンドを取り入れた自然なスタイルが完成します。

肩のラインは実際の肩に合わず、若干下がり気味になるドロップショルダーデザインです。こちらもルメールコラボでは多く見られるデザイン。

肩が落ちているものの、袖が過剰に長いと感じないのは、計算されたサイジングと袖リブのおかげ。リラックスした見た目の割にスッキリと着られますよ。

こちらも過去の同名アイテムからのアップデート箇所。袖まくりが落ちてこないなど、利点が目立ちます。

毛羽立ちが少なく、ツヤが増した定番生地

綿100%、リブ部分は綿79%、ポリエステル21%、生地は相変わらずヘビーウェイトのしっかりとした厚手生地。以前のものはヴィンテージ調の風合いで、「クルーネックT(半袖)」と生地を完全に共有していたように感じます。それが今作では、生地の毛羽立ちが少なく、肌触りがなめらかになっています。

発色もよく見え、店舗で確認した限りですが、半袖のNAVYと比較したらわかりやすく、風合いと発色がよくなっているように見えます。ただ、WHITEはほとんど差がわからず、誤差といえるような本当に微々たる変化です。同一生地を使っているような通販サイトの書きぶりもあって、真相はわかりません。

しかし、ユニクロの商品開発力は伊達ではありません。デニムやフェイクレザーでも、昨年と同一名称の商品であっても、明らかに素材がよくなっていることに気づくアイテムも沢山あります。小さなアップデートを積み重ねている可能性に、つい期待してしまいますね。

洗濯機洗い可能です。筆者は洗濯ネットに裏返していれ、中性洗剤で洗っています。干す際にパンパンとすれば、シワが残るようなことも無く、ヨレや縮みもほぼ感じられません。厚手生地ではあるものの、特別乾きにくさを感じることも無いでしょう。

スウェットほど肉厚ではないため、野暮ったさが出にくいです。着膨れを防ぎ、もこもこしないためジャケット等のインナーにも使いやすい。ニットを着るほど寒くもない場合に長袖の選択肢って、案外少ないものです。シャツはケアが面倒な場合が多い。一枚で楽に着られる長袖としてちょうどいい活躍をしてくれます。

通常ラインよりもゆったりシルエット

XS~4XLの8サイズ展開。167㎝、51㎏の筆者でちょっと大きめのLサイズを選んでいます。もともとややオーバーサイズなので、Mでもゆったりとしていますが、ゆったり感やドロップショルダーを楽しみたいため、ワンサイズ上げています。

逆に、Sサイズだとぴったりサイジングで着られます。好みや使い方によって選べるサイズ展開の豊富さは、どんな体型の方でもカバーしてくれるため、ありがたいですね。ただし、XS・XXL~4XLはオンラインストアのみの展開となっています。店舗に比べて在庫が少ないのか、早めに無くなる印象です。気になる方は即チェックすることをオススメします。

身丈、リラックスした印象に対して、身丈がだらだらと長いのはみっともないですね。こちらもちゃんと考えられています。全体的にやや大きめの作りではあるものの、実は身丈はそこまで長くありません。ユニクロ通常ラインのカットソー平均程度の長さです。XSで64㎝、Sで66㎝、Mで69㎝、Lで72㎝、XLで75㎝、XXL~3XLで77㎝、4XLで77.5㎝。

大きめのチェストサイズはヌード寸法です。XSで78~84㎝、Sで80~88㎝、Mで88~96㎝、Lで96~104㎝、XLで104~112㎝、XXLで112~120、3XLで120~128㎝、4XLで128~136㎝。

裄丈って少々わかりにくいですよね。これは首の後ろから袖先までの寸法になります。影響するのが肩幅と袖丈です。ドロップショルダーデザインのため、肩のラインは実際の肩の位置よりも落ちていて構いません。筆者の場合、Sサイズにワンサイズダウンすると肩のラインぴったりで着用できますが、ゆったり着るのをオススメします。XSで77.5㎝、Sで79㎝、Mで81.5㎝、Lで84㎝、XLで86.5㎝、XXLで87.5、3XLで88.5㎝、4XLで89.5㎝。

裾幅はそのまま身幅になります。細身の方は特にここがぶかぶかに感じる場合もあるかもしれません。XSで48.5㎝、Sで50.5㎝、Mで53.5㎝、Lで56.5㎝、XLで60.5㎝、XXLで64.5、3XLで68.5㎝、4XLで72.5㎝。

カラー展開はすっかり秋の気分


http://urx2.nu/ebWk

春夏の4色に比べて彩り鮮やかになっている上、展開色も増えており、「00 WHITE」「09 BLACK」「19 WINE」「35 BROWN」「38 DARK BROWN」「69 NAVY」の6色からお選びいただけます。

筆者は「38 DARK BROWN」を購入しています。少々わかりにくいのですが生地をアップで見てみると、赤味の強い茶色とグレー2色の糸で構成されていることがわかります。どのカラーも、ルメール得意の中間色で、ヨーロッパ風な上品なカラーパレットとなっています。ハッキリとした色味は、元気な印象を与える一方、大人の男性では手に取りにくい方もいることでしょう。また、秋の季節感に非常に合っているため、どれを選んでも大きな失敗は無いでしょう。

オシャレに季節感は付き物です。長袖であることと、このカラーパレットのおかげで、二段構えの季節感を獲得できるのです。夏の楽しい気分もいいですが、せっかくですから、これからやってくる秋も、このカットソーと一緒に楽しみましょう。価格は半袖よりも少しだけ高い1990円(+税)。

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【151選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.10.22
「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【76選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
TAKUMA

この記事を書いた人

TAKUMA

身長167㎝ 体重51kg 靴25.5㎝

オシャレになって見た目も中身も磨きたいアラサー男子。人に見られることに臆さず自信を持って、胸を張って生きて欲しい願いを込めます。細身のシンプルなコーディネートが好き。さあ「脱地味」しよう。