2018春夏ユニクロUクルーネックT(長袖)はダークグリーンが一押し

2018年春夏コレクションを1月から販売をスタートさせたユニクロU。コートやニット類が出そろい、3月の春夏本番に向けて半袖アイテムのリリースを控えています。そんななか2月の第一弾となったアイテムはクルーネックT(長袖)、いわゆるロンTでした。

まだ肌寒いけど半袖を着るのはちょっと早いかなという微妙な時期に活躍するロンTですが、半袖インナーの上にライトアウターを羽織れば体温調節できるため意外と着用期間は短いです。筆者も使い勝手の悪さからあまり所持していないアイテムです。

しかしモノ自体が悪いわけではないので、久々に手に取ってみようと購入を決めました。早速見ていきましょう。

ベビーウエイトのがっしり綿素材

こちらのアイテム、同コレクションのクルーネックT(半袖)の長袖バージョンです。同素材でコットン天竺100%使用。肌触りがガサガサしているのも同じで、しっかりしています。

かといって着心地が悪いというわけではなく軽くてさらっと着られます。長袖になっても着心地が損なわれることはありませんでした。

透け感も一切ありません。先述した通り、イマイチ気温の読めない時期に活躍が見込まれる長袖カットソーですから、乳首透け問題がクリアされていることはありがたい限り。

もちろん肌に直接触れることで生地の消耗は早くなるので、汚れや汗染みなどの対策も兼ねてタンクトップをインナーに入れるがベターです。

厚手生地ではあるものの通気性も悪くありません。こういった機能美は、世界的デザイナーであるクリストフ・ルメールを起用していながらも、ライフウェアとしての完成度を求めた結果と言えるでしょう。

左胸にポケットがついています。ゆったりとしたサイジングに加え、通常の位置より下に配してあるのでリラックス感があります。このワンポイントがあるだけで下着感が薄れます。ちなみに、このポケットは半袖にはありませんので、ご注意ください。

ゆったりリラックスサイジング

半袖と長袖を店舗で同じサイズ同士を重ねてみましたが差は感じませんでした。しかしサイズ展開に差があります。半袖はXS~4XLまであるのに対し、長袖はS~XXLまでの展開です。

167㎝、51㎏でMサイズを着用しています。半袖はLサイズにしてリラックス感を加速させましたが、こちらはジャストサイズを選びました。理由は気分ではなく明確です。まずひとつ目、サイズの変化が目に見えてわかりやすいのが袖です。

袖丈がSサイズ56.5㎝、Mサイズ58㎝、Lサイズ60㎝、XLサイズとXXLサイズが共に61.5㎝となっています。筆者は腕がやや長く、肩幅は普通にありますが痩せ型体型です。着用時腕を下した状態で手の甲が完全に隠れ、萌え袖状態となります。

これ以上長いといくら袖まくりをしても生地がもたつき、野暮ったい印象になってしまうため、ジャストサイズを選びました。肩幅もSサイズ45㎝、Mサイズ46.5㎝、Lサイズ48㎝、XLサイズ50㎝、XXLサイズ52㎝です。袖丈と合わせてサイズ選びの参考にしていただければと思います。

着丈はお尻が半分以上隠れ、足の始まる位置が見えにくいため足長効果が狙える長さです。だらしなさではなくリラックス感と言える程よい長さと言えるでしょう。Sサイズ66㎝、Mサイズ69㎝、Lサイズ72㎝、XLサイズ75㎝、XXLサイズ77㎝となっています。

身幅はSサイズ50㎝、Mサイズ53㎝、Lサイズ56㎝、XLサイズ60㎝、XXLサイズ64㎝です。インナーにタンクトップを着ても着膨れ感や、動きにくさなどは無く、こちらも程よいリラックス感があります。

カラー展開に少々の不満アリ

00 WHITE、03 GRAY、09 BLACK、14 RED、59 DARKGREENの全5色展開。

半袖が全10色である事からおわかりのように、かなり色数を絞られています。カラフルで春らしい色味のニットが多数ラインアップされた上に、夏を見据えた半袖まで色数豊富にすでに販売されています。

冒頭で語った着用期間の短さに加え、このアイテムを手に取っていただけるか非常に心配になる程、ユニクロの積極性を感じにくいカラー展開。いくら何でも絞りすぎでしょう。とは言え普段のユニクロでは見かけないスモーキーカラーは魅力的。

スモーキーカラーの霞がかった印象が一番伝わりやすいのはREDです。蛍光色のようなはっきりとした発色ではなく、ややくすんだお色味。ピンクっぽくも見えます。こういった色合いが今年の流行となっており、他のユニクロU春夏商品でも多数見受けられます。

(参考/ブラックテーラードジャケット)

(参考/ネイビーブルゾン)

(参考/ダークグリーンエクストラファインメリノカーディガン)

筆者が選択したDARKGREENも同じように色褪せたようなお色味。ネイビーっぽくも見えますが比べるとちゃんと緑です。半袖はピンクを選んでいますが、夏は今よりも明るい色を着たいので、今のうちに暗めの色合いを楽しむことにしました。

暗めの色合いとは言っても真っ黒ではなく、冬の黒い着こなしに少しだけ春らしさを感じることができそうです。いきなり派手なREDに挑戦するよりはハードルが低くオススメです。

定番のBLACK、WHITEは場面を選ばずインナーにも一枚着でも活躍が見込めるでしょう。着心地やシルエットが気に入ったのなら持っていて損はありません。問題はGRAYです。どうにもスウェットっぽく部屋着感が出てしまいます。

大人の男性が一枚で着ることはオススメしませんので、テーラードジャケットのインナーとして使うなど、ハズシとしては最適です。ご一考ください。

洗濯情報

Tシャツですのでやはり洗濯機で気軽に洗濯できることは面倒が無く利点と言えます。袖が伸びたりヨレる恐れがあるためネットには入れることをオススメします。この洗濯方法で今のところヨレや伸び、縮み等は見られません。

ユニクロで有名なスーピマコットンTシャツなどに比べ、ベビーウエイトの生地がシワになりにくいように感じます。ネック部分がバインダーネックになっていて、襟ヨレ対策が施されています。

リラックスシルエットであるこのTシャツがシワシワでよれよれだと、一気にだらしなく見られてしまうため、洗濯後に干す際シワがついているようなら伸ばしておくことをオススメします。

高耐久のため気兼ねなく着られることや、体系隠しにもってこいな厚手素材、スモーキーカラーへの挑戦、利点はもちろん沢山あります。

しかしながら半袖が1000円(+税)で色数豊富にとり揃っていることを考えると、1990円(+税)で半分しかない色から選択しなければいけないことなどから悩ましいアイテムともいえます。実際のところ半袖でいいじゃんと思う方はそれでもアリと十分に感じます。

最後にこのアイテムで悩まれている方の背中を押したい気持ちから筆者の考えではありますが、長袖カットソーを袖まくりした大人の男性からは、最高に色気を感じます。

時計やブレスレットなどがあれば尚いいので、そういったコーディネートを楽しみたい方はぜひご検討を。

ユニクロユー2018春夏まとめはこちらから↓

【2018春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【34選】

2018.04.20

「【メンズ】ユニクロUで一歩先のオシャレを!おすすめコーデ!」はこちらから↓

【43選】ユニクロUを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.02.08

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】」はこちらから↓

【36選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2017.12.17
TAKUMA

この記事を書いた人

TAKUMA

身長167㎝ 体重51kg 靴25.5㎝

オシャレになって見た目も中身も磨きたいアラサー男子。人に見られることに臆さず自信を持って、胸を張って生きて欲しい願いを込めます。細身のシンプルなコーディネートが好き。さあ「脱地味」しよう。