2018年秋冬ユニクロUのドレープツイルチュニックは高級感抜群の素材感!

2018年秋冬ユニクロU「ドレープツイルチュニック」は、レディースアイテムならではの独自のドレープ感を伴った素材で非常に高級感があります。縦長のシルエットでゆとりのあるサイズ感。シンプルですがスリットによってスタイリッシュなデザインでメンズライクなシャツで再現したことで男性でも違和感なく着用できます。オシャレ着として無駄なデザインを加えず素材で差別化した一味違うアイテムといっていいでしょう。

メンズライクなシャツのデザイン、スタイリッシュの要は袖と裾

メンズライクなシャツをモチーフにしたデザインは、余計な装飾がなく、胸ポケットすらついていません。無地のため、一見地味にも見えますが、トレンドでもあるチェックやボーダーなどの柄モノは、脱地味が捗る一方で着こなしに気を配らないと少々子供っぽく抵抗を感じる方もいるでしょう。

このアイテムは、ツイル生地によって斜めに見える織り目が特徴的です。無地でありながら独自の素材感を生み出し、地味になりすぎません。柄ではなく、綾織りのツイル生地を使うことで表情が生まれ、大人が手に取りやすいアイテムになっています。

シャツのデザインがシンプルであるほど、ボタンの重要度は増します。他にデザインがないため、どうしても目立つからです。プラスチック製ですが、生地と同色にしてあり特別目立つ印象はありません。貝ボタンを模したもので、偽物っぽさもなくよくできています。


(前立ての開きはメンズとは左右逆になっています)

襟はレギュラーカラーで、カジュアル用途にしてはやや大振り。襟を立てるような着こなしには向いていませんが、万能で使いやすいです。芯は入っておらず、柔らかいです。襟が硬くて肌が痛いといったこともありません。それでもペラペラせずピンとしているためだらしない印象がないのもポイントです。

袖もシングルボタンでシンプルな作り。カフスを少しこぶりにすることで、ビジネス用途のシャツとは一線を画す仕様になっています。カフスを小ぶりにすることで、ビジネスシャツを街着用の流用している印象は激減し、カジュアル用として使いやすく仕上がっています。

裾のサイドのスリットは深めに設定してあり、着丈の長さの割に動きやすいです。また生地が裾に溜まらずストンと落ちてくれます。裾回りのデザインが綺麗なことで、縦長のシルエットとなり線の細さが強調されます。スタイリッシュさの要と言っていいでしょう。

レディースアイテムならではの素材感

デザインだけ見れば「そんなに男性用のシャツと変わらないんじゃないか」と思われる方もいるでしょう。そこでレディースアイテムならではの素材使いです。レーヨン100%でツヤの強いレーヨン生地を使用。高密度で織られた生地は高級感抜群のヌメっとした美しいドレープ感を生み出しています。生地の落ち感が強すぎて捲った袖が落ちてきてしまう程です。

着心地もよくさらさらしています。元々シルクの代用素材として開発されたレーヨンは、肌触りも他の化学繊維とは比べ物にならないほどしっとりと滑らかです。特に、このアイテムに使われているレーヨンツイルは適度な厚みがあり、耐久性も抜群です。

洗濯に関しては裏返してネットに入れることをオススメします。色落ちは今のところありませんが、レーヨンは洗濯を繰り返すと白っぽくなります。これを独自の風合いが出てきたとするか、ツヤが損なわれたと取るかは好みによるところではありますが、筆者はどちらかといえば後者。厚手のしっかりしたツイル生地の耐久力に期待したいところです。

サイズ選びのポイントは袖丈

S~XXLの5サイズ展開。この内XL・XXLはオンラインストア限定。167㎝、51㎏やせ型の筆者でLサイズを着用しています。レディースアイテム故、サイズ選びが気になるところですが、やや大きめの作りになっており、筆者の体格では一切違和感ありません

腕が長めの筆者で袖丈はジャストで着用しています。ただし表記は裄丈なので、首の後ろ辺りから袖先までの寸法になっています。あまり短い袖は不格好に見えるため、サイズUPの目安にしましょう。Sで75.5㎝、Mで77.5㎝、Lで79㎝、XL・XXLで80㎝。

やや長めの着丈は筆者のお尻が完全に隠れ、太腿と膝の半分ほどに届きます。袖丈に対してやや長めなので、短くて不格好とはならないでしょう。深めに切り込まれたサイドスリットのお陰で野暮ったくなりません。Sで78㎝、Mで80㎝、Lで82㎝、XLで84㎝、XXLで85㎝。

身幅も比較的余裕があります。レディースアイテムらしくすっきりしているかと思えばそんなことはなく、高機能インナーなどの長袖カットソーも着こめるのは寒い時期にはありがたいです。裾幅がそのまま身幅の寸法と考えていいでしょう。Sで51㎝、Mで53㎝、Lで56㎝、XLで60㎝、XXLで63㎝。

バストのサイズは我々男性には想像つきませんが、女性の方は参考にしていただければと思います。Sで77~83㎝、Mで80~86㎝、Lで86~92㎝、XLで92~98㎝、XXLで99~104㎝。となっています。

ハズレなしのカラー展開


http://ur0.work/M7lZ

「01 WHITE」「38 DARK BROWN」「42 YELLOW」「69 NAVY」の4色展開。どのカラーもオススメしやすく、筆者は「38 DARK BROWN」を選択しています。こちらはヨーロッパライクな雰囲気のある色味。一歩間違えればクラシカルになりすぎておっさんくさく感じられるブラウンも、とろみのある素材感で洗練された大人の着こなしになります。

「01 WHITE」は定番カラーではありますが、こちらも一味違う白シャツになっています。綾織りのツイル生地が地味にならず最も織り目が効果的であり、様々な着こなしに活躍できる万能な色味と言えます。

「42 YELLOW」着こなしのハードルは上がりますがこちらもかなりオススメ。メンズ展開ではあまり見られず冒険した色味です。こんなに鮮やかなイエローであれば、ツヤのない綿素材で作られた場合、子供っぽい印象になりかねません。しかしデザインと素材のところでお伝えしたように、ここまでツヤの強い素材であれば案外子供っぽくみえません。重苦しい印象になりやすい冬の着こなしにも程よい差し色としても活躍してくれそうです。

「69 NAVY」2018年ユニクロUのNAVYは黒っぽくなく、青みがかったものが多いです。セレクトショップにでも置いてありそうなオシャレな発色は、濃紺のかっちりとした印象を程よく払拭し、ビジネス感を与えないため街着としてオシャレに着こなすのに重宝します。

余談ですが「チュニック」とは着丈の長さがワンピースとシャツの中間くらいのものを指しています。女性にとって着丈の長いメンズシャツのディテールが、レディースではロングシャツとなります。そこでより女性らしい名称のチュニックを商品名に当てたと考えられます。男性的なシャツのデザインと、女性的な素材感が上手く融合したアイテムと言えます。とろみのある生地やツヤは是非、実物を手に取って確認していただきたいです。価格は3990円(+税)。

ユニクロユー2018秋冬まとめはこちらから↓

【2018秋冬】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【28選】

2018.12.01

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【105選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.12.06

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【42選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
TAKUMA

この記事を書いた人

TAKUMA

身長167㎝ 体重51kg 靴25.5㎝

オシャレになって見た目も中身も磨きたいアラサー男子。人に見られることに臆さず自信を持って、胸を張って生きて欲しい願いを込めます。細身のシンプルなコーディネートが好き。さあ「脱地味」しよう。