2018年秋冬ユニクロUエクストラファインメリノタートルネックセーターはサイズUPがオススメ

ユニクロの秋冬アイテムの大定番といえば「エクストラファインメリノ」シリーズが挙げられます。19.5マイクロンの超極細糸を高密度で編み上げることで極上のツヤが生まれ、ユニクロでありながら高級感すら漂っています。機能性も抜群で肌ざわりもよく、保温性が高いウールのニット。更には家庭で洗える機能的にも大変優れた素材です。インラインと同一名称ですが、ユニクロUにもデザインが微妙に異なる「クルーネック」「タートルネック」「カーディガン」がラインアップされています。本稿では「エクストラファインメリノタートルネックセーター」についてご紹介します。

リラックス感を引き締める先端のデザイン

商品名の通り、ネック部分は防寒性の高いタートルネック。スーツのインナーにも着用でき、18.5㎝ある襟の高さはドレスライクな印象を生み出します。大人っぽさがあり防寒性が両立できるのはタートルネック最大の利点です。

※ドレスとはhttp://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

逆に一番の悩みは首元の締め付け具合。筆者も決して得意な方ではなく、あまり締め付けが強すぎるものは好みません。こちらはギリギリ大丈夫な強さ。あまり緩いと首元がヨレて見えるため、だらしない印象になります。絶妙な設定と言えるでしょう。

インラインとの差は肩のエポーレットのようなデザイン。首から肩に繋がりがあるため、肩のラインが出にくいです。これは、なで肩やいかり肩のような悩みがある方にはうれしいデザインです。筆者も骨っぽい割に肩が張っているのが悩みです。

袖リブはキツいため、ヨレることなど皆無でしょう。ややリラックスしたドロップショルダーデザインでもだらしなく見えないのは先端がキュッと細いため。袖先までユルユルでは、大人の男性が着こなすにはハードルが高いです。袖を捲った際も落ちてきて鬱陶しいこともありません。

裾リブも袖同様しっかり利いています。胴回りから裾に向かって10㎝程すぼまっています。ここで気になるのが動いているうちに裾がずり上がっても生地が落ちてこないこと。これがなんとも不格好なため、手間ですが気づいたときに戻してあげる必要があります。サイズUPすることである程度対策できるので、後述するサイズ選びもご覧ください。

ユニクロの上質な生地でコラボデザインを格上げ

上品な印象、大人っぽさを決定づけるのに上質な生地のツヤ無くしては語れません。エクストラファインとは19.5マイクロンの超極細糸のことで、柔らかく触り心地のよいメリノウールは動物のヒツジのことです。表記は毛100%となっています。高級感のある生地であれば、本アイテムのようにリラックス感のあるデザインで遊んでも、子供っぽい印象になりません。

ハイゲージのニットというのもポイントが高いです。ざっくりした網目の目立つローゲージニットであれば、野暮ったい印象が付きまといます。洗練された大人の着こなしを格上げするために、メリノウールのハイゲージニットは欠かせない存在です。

ウールのニットでありながら、家庭での洗濯に対応しているのがエクストラファインメリノシリーズの機能的な利点。通常、ウールのニットは家庭で洗濯できません。ヨレや縮みが発生し、取り扱いがデリケート。高価であるにも関わらず、扱いにくさに拍車を掛けていました。ユニクロのものはマシンウォッシャブル仕様で、洗濯を重ねてもシワやヨレ、毛玉ができにくい高耐久が持ち味。

ところが、ユニクロUのものは「マシンウォッシャブル」の表記がありません。しかし手洗い可となっているため、普通のウールニットと比べればイージーケアであることに間違いはありません。イージーケアな上に長持ちであることが、ウールセーターの敷居をぐっと下げてくれます。大人っぽい見た目のウールニットを、手軽に楽しみましょう。

手洗い推奨ですが、中性洗剤を使用しネットに裏返して洗濯機で洗ってみました。現在のところ、インラインのファインメリノとの差を感じませんが、推奨されているわけではないので、自己責任となります。ご参考になれば幸いです。ちなみに、干す際にハンガーに掛けると生地が伸び、跡がついてしまうので平干し推奨です。アイロンはあて布を使用してください。

インラインよりは大きめのサイズ感。袖が短い。

S~XXLまでの5サイズ展開。167㎝、51㎏、やせ型の筆者でLサイズを着用しています。商品ページのレビューには袖が短いという意見が散見されます。これは恐らくリラックス感のある肩回りに対して袖が長すぎると野暮ったく見えるため。敢えてやや短めに設定された可能性があります。

リブがあるため手首で止まりますが、袖を下ろすと手の甲が隠れる程度の長さがあります。しかしながら袖・裾のリブがあることで、1~2サイズアップを許容できるデザインとなっています。

袖丈に直接影響する肩幅の寸法。広がるほど肩が落ちていくためドロップショルダーは加速します。元々ドロップショルダーとしてデザインされていることもあり、デザインを活かしたサイズUPなら、抵抗を感じにくいでしょう。袖丈・肩幅の寸法は裄丈表記になります。首の後ろから袖先までの寸法。Sで75㎝、Mで78㎝、Lで80㎝、XLで83㎝、XXLで85㎝。

インラインよりは長いですが、やや短い身丈にも注意。腰位置が丸見えになると、我々日本人の短足が目立ってしまいます。ではどうするかといえば、お尻が半分程度隠れる着丈を選ぶのが目安となります。筆者もちょうどお尻が半分隠れるサイズがLでした。Sで62㎝、Mで65㎝、Lで68㎝、XLで71㎝、XXLで74㎝。

腰位置が隠れるサイズ選びであれば、身幅に関してはそこまで気を配らなくてもゆとりがあるはずです。裾のリブがあるため、ゆったり着てもヒラヒラとせず、生地のもたつきも感じられません。チェスト(ヌード寸法)表記になります。Sで80~88㎝、Mで88~96㎝、Lで96~104㎝、XLで104~112㎝、XXLで112~120㎝。

定番カラーでハズレ無し。遊びのある色が欲しかった。


http://u0u1.net/MkpG

「01 OFF WHITE」「06 GRAY」「09 BLACK」「69 NAVY」の4色展開。カラー展開豊富なインラインとは対照的に、こちらのコラボラインではベーシックなカラー展開です。メリノウールの発色のよさを生かしてコラボらしく攻めたカラー展開をしてもよさそうなものでしたが、他のニットアイテムには遊びのきいた色使いも見られるため、敢えて落ち着いた色味を揃えたとも考えられます。

「01 OFF WHITE」は、完全な真っ白ではなくクリーム色のような発色。秋冬の重苦しい印章を払拭するのにちょうどよく、筆者もこちらを選択しています。洗濯できるニットで白を選ぶのも、汚れのケアが楽なのでオススメですよ。インナーの透けが少々気になります。

「06 GRAY」上下真っ黒に抵抗がある方にオススメです。スウェットのような薄い色合いだとどうしても部屋着っぽく見えてしまうのですが、こちらは濃い発色。カジュアル過ぎない上品な印象です。

「09 BLACK」は迷ったらまずこれ、と言える程万能です。黒いアウターと合わせても悪目立ちすることはなく、デニムなどカジュアルなパンツで合わせても適度な大人っぽさがあります。「エクストラファインメリノシリーズ」をお持ちでない方はまずこちらから手に取ってみてもいいでしょう。

「69 NAVY」秋冬のコーディネートに清涼感を求めるならこちらが便利です。黒同様に明度が低いですが、青みがあることで真っ黒にはならず、程よい脱地味が可能です。「06 GRAY」同様、黒ばかりのワードローブに飽きたらこちらもオススメです。

ユニクロ秋冬の定番「エクストラファインメリノシリーズ」のバリエーションモデルである本アイテム。インラインとの差はほぼ無く、肩周りのデザインが違う程度のもの。コラボラインにしてはやる気が無いようにも感じますが、豊富な選択肢からお好みで選んでいいでしょう。価格は3990円(+税)。

ユニクロユー2018秋冬まとめはこちらから↓

【2018秋冬】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【20選】

2018.10.20

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【87選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.10.13

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【42選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
TAKUMA

この記事を書いた人

TAKUMA

身長167㎝ 体重51kg 靴25.5㎝

オシャレになって見た目も中身も磨きたいアラサー男子。人に見られることに臆さず自信を持って、胸を張って生きて欲しい願いを込めます。細身のシンプルなコーディネートが好き。さあ「脱地味」しよう。