2018年秋冬ユニクロUのフリースカーディガンは季節感抜群で洗濯にも強い!

2018年秋冬ユニクロUのコレクション第2弾が販売開始されました。要注目のフリースカーディガンは結論からお伝えすると季節感抜群のデザインで洗濯にも強く優れたアイテムなのですがサイズ選びにコツが必要です。順を追って見ていきましょう。

なんと言っても特徴はこのボアフリース。モコモコとした羊毛のようなフリース素材は見た目にも暖かさを感じます。服全体は一色ですが表面の凹凸があることで表情が生まれ、無地の服にありがちな地味さは皆無です。シンプルなスタイルを好むノームコアから装飾性を重視するトレンドに変化して柄物やロゴプリントだったり派手色の服が市場に登場していますが、こういった素材の表情によって脱地味をすることも可能なアイテムも要注目です。

例えば下の画像。黒のスウェットパーカーにパンツと悪くはないけど地味にも見えるスタイルです。ここにフリースカーディガンを足してみましょう。

ほとんどモノトーンのコーディネートですが地味には見えません。派手すぎず季節感もあり秋冬は勿論のこと。ファスナーの開閉で温度調整も容易なので初春まで使い倒せる非常に勝手の良いアイテムになるでしょう。

ゆったりとした袖の作りは厚手のインナーを着ていてもゴワつかず腕を大きく動かしてもつっぱらずに快適さをキープしてくれます。見た目だけでなく使い勝手もよく計算されているアウターです。

デザインの詳細をチェックしよう

まず目が行くのが大きめな胸ポケット。フリースと同じ色に合わせており悪目立ちしない適度なアクセントになります。しかし物を収納するときには生地が若干薄いので注意が必要です。後ほど実例を用いて解説します。

ファスナーは引き手も含めてフリース生地と同じ色になっています。袖のリブも含めて全体が一色でまとまっており非常に統一感のあるデザインです。

そして、右手側ポケットの中に更に小さいポケットがあります。影になるので写真でお伝えするのが難しいのですが裏地からみるとサイズ感が分かりやすいです。幅85mm・深さ90mmあり縫い代を考慮すると幅70mmくらいのスマホやキーケースなどが入ります。ポケット内で他の物とぶつかって傷がつくのを防いでくれたり、車のシートや低い椅子に深く座った時などにポロっとポケットから物が落ちてしまうことを防いでくれます。とてもさり気ないですが嬉しい仕様です。次に裏地をチェックしていきましょう。

裏地は起毛感が控えめなフリース地でサラサラとして肌触りが良いです。インナーにスウェットなどを着ていてもゴワつかないようになっており着用中のストレスは感じません。

裾の左右ポケットの裏地部分はツルッとしたポリエステル生地で、頻繁に手を入れたり立ち座りした際のインナーとの摩擦を抑えてくれます。

全体を裏返すと腕部分の裏地の表面がボディ部分と違っていることがわかります。編目が均一で触った感じはハリがある滑りの良い素材です。厚手のインナーを着ている時でも引っ掛からずに袖を通すことができる一工夫が見えない部分に施されています。

洗濯するとどうなるかを検証

上の写真は裏返して洗濯ネットに入れて洗濯し乾いたあとの状態です。ぱっと見ると新品と変化は感じられませんでした。各部分を詳しく見ていきましょう。

上の写真左が新品・写真右が洗濯後です。心配していた表面のボアフリースのふっくら感にも全く変化がないことが分かります。撮影日の天気が違ったので微かに写真の色味が違いますがアイテムの色自体には変化がありませんでした。

ファスナーや引き手にもダメージは見受けられませんでした。この服に限ったことではありませんが、ファスナー付きの服を洗濯するときは他の服や洗濯機自体にダメージが及ぶのを防ぐためにも裏返してネットに入れての洗濯を推奨します。ダイソーで販売されていた縦55cm・横40cmの洗濯ネットに入りましたがギリギリのサイズでした。洗濯ネットを購入される場合にはもう少し大きめの洗濯ネットがオススメです。

洗濯前後で唯一の差を見つけた箇所が胸ポケットです。左の写真が新品の状態ですが、右の写真のように洗濯後には細かい洗濯ジワができます。しかし何度か着用しているうちにシワは元通りとなることが分かりましたので特別なシワ対策は不要です。

素材は本体の表面裏面がポリエステル100%、布帛部分が100%ナイロンと表記がありました。服全体で化繊100%なのでボリューム感があるアウターですが脱水直後に既に部分的に乾いている箇所もあり全体では半日程で乾ました。また洗濯後でも筆者が購入したMサイズの身丈は70cm身幅は49.5cmと公式サイトの記載と変化はありませんでした。

寒い時期のアウターって季節感を踏まえたオシャレをするのが楽しいものですが難しい場面もあります。それはタバコの匂いが付くお酒の席に着て行く時です。つい敬遠してツルンとした季節感のない服を手にとってしまうもので、もし匂いが付いてしまったアウターは消臭スプレーに頼りがちです。そういった秋冬の難しいシーンでもこのフリースカーディガンの洗濯に対する強度と速乾性の高さなら気兼ねなくガンガン使用していけるので超オススメできます。

2つの惜しいポイント

惜しいポイントの1つ目が「胸ポケットの生地が見た目に反して薄い」ことです。

全体がガッチリとした服なのでポケットも厚手の生地を使用しているのかと筆者は思っていたのですが意外な検証結果でした。ICカードを入れたケースを入れてみると指差している箇所が微かに透けて見えます。ポケットティッシュほどの厚さだと生地が張ってしまいくっきりとロゴが読めてしまう残念な結果に。スマホは勿論のことタバコなどを胸ポケットに入れていると勿論透けて見えてしまい途端にオジサンっぽさが加速してしまいます。胸ポケットはカードなどの薄いものを一時的に入れるだけにして裾のポケットを活用するのが無難でしょう。

惜しいポイントの2つ目が「ファスナーの引き手が少しペラペラであること」です。単体だと分かりにくいのでユニクロのインラインのブロックテックモッズコート(2018年製)と比較してみます。

写真左のモッズコートの引き手は厚手の生地でしっかりとした触り心地です。対してユニクロUのフリースカーディガンの引き手は生地の薄さが気になるところです。

以上の惜しいポイントを挙げましたが実際のところ何もかも極上の素材やパーツで服を作るとなると当然値段も跳ね上がってしまいます。ユニクロのライフウェア(あらゆる人の生き方を豊かにし、そしてより快適に変えていく究極の日常着)というコンセプトから逸脱しないように素材選定した結果だと筆者は推察しています。

サイズ選びはインナーに何を着るかを基準に

このフリースカーディガンは店頭販売ではS・M・Lサイズ、オンラインストアではより大きなXL・XXLも取り揃えており合計5サイズの展開があります。身長175cm標準体型の筆者はユニクロ製品はLサイズを選ぶことが多いのですが今回はMサイズを選びました。このアイテムは厚手のインナーを着ても着ぶくれしないように大きめに作られています。

例えば下の写真ですが同じMサイズのフリースカーディガンを着ていますが、インナーに薄手のカットソーのみを着た場合と厚手のパーカーを着た場合とでシワの寄り方に違いがあることが分かります。左写真は”インナーの厚み”が足りないために胸から脇腹に波打つようにたるみが出てしまっています。

店頭販売のS・M・Lの全サイズを着て確かめたところ薄手のカットソーやロンTのアウターとして着たい場合にはSがジャストサイズ。厚手のスウェットやパーカーのアウターとして着たい場合にはMサイズが適切であると判断しました。お手持ちの一緒に合わせて着たいワードローブと照らし合わせてサイズ選びの参考にして頂ければ幸いです。

しかし完璧なサイズ感を得られないのが既製服の難しさです。ジャストサイズでも動き回るとインナーがズレたりフリースカーディガンにシワがよることもあります。このような場合には前のファスナーを明けて”シワが付かないように逃がす”という方法もあるのでオススメです。

まとめ

季節感がたっぷりのこの服は数量限定のユニクロUのアイテムなのでユニクロであることがバレる(俗に言うユニバレ)の心配もなし。無地でもボアフリースによる装飾性がありトレンドにもマッチしていて自宅で洗えるアウターというのも高評価ポイントです。カラー展開はご紹介したBEIGEの他に、ダークトーンでも柔らかい印象のBROWN、差し色にちょうど良いYELLOW、どんなコーディネートにも合わせやすく黒色に近いNAVYの4色展開です。

価格は4990円(+税)。ベストサイズをチョイスして寒い時期のコーディネートの強い味方に取り入れてみては如何でしょう。

ユニクロユー2018秋冬まとめはこちらから↓

【2018秋冬】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【25選】

2018.11.11

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【93選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.11.15

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【42選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
はせぴょん

この記事を書いた人

はせぴょん

身長175cm 体重63kg 靴27.5cm

断捨離&アップデートでクローゼット内や美容品は一軍のみを残すことがポリシー。片付けもまともに出来ない性格が、オシャレで心境も変わり、部屋も、モヤモヤしがちな頭の中も常に掃除を心掛けるように。30歳独身。