2018春夏ユニクロUのヒッコリーオーバーサイズシャツは体型難の大人が1枚で着られる逸品

今回ご紹介するのは、ヒッコリーオーバーサイズシャツ。パッと見は正直、なんてことのないストライプのシャツです。しかし実際に袖を通してみると、そのクオリティの高さに驚かされます。ポイントは、シルエットと着心地の良さ。

きっとこの春の“レギュラーメンバー”に加えたくなることでしょう。良品揃いの2018年春夏ユニクロUコレクションの中の、隠れた逸品です。

絶妙にリラックス感のあるシルエット

このシャツ、商品名は「オーバーサイズ」となっていますが、実際はそこまでではありません。“リラックス感”と表現する方がしっくりくるような、程よくゆったりしたサイズ感です。

もちろん、意図的に大きめ(または小さめ)のサイズを選ぶ着こなしもあろうかと思いますが、ここでは自分の体型に合わせて着る前提でご紹介します。

“オーバーサイズな着こなし”は良くも悪くも、見る人に「意図的にオーバーサイズにしているんだな」という印象を与えるものです。

が、このシャツにはその印象がありません。特にダブダブした印象があるわけではなく、と言っても仕事着で着るようなフィット感があるわけでもありません。後述する生地感も含めて“程よく抜け感のあるカジュアルシャツ”に仕立てられています。

一般的なシャツの背中には、センターボックスやサイドプリーツといった“絞り”が入っているもの。それによってシルエットを引き締めつつ、肩回りの動きやすさを確保するのです。

しかしこのシャツには、そうした“絞り”がありません。そのため、袖や裾がフィットしたとしても、肩周りの生地だけが若干余って見えます。とはいえ、着用感として不自由はなく、見え方としてもさほどに不自然ではありません。また、春以降は羽織としても使えます。

さて、それぞれの寸法を見て行きましょう。このシャツはSサイズからXXLサイズまで、全5サイズが用意されています。

ちなみに身長178cm体重64kgの筆者が選んだのはMサイズ。そんな筆者の着用実感も付記しますので、ご参考にしていただければ幸いです。

肩幅はSで52cm、Mで53.5cm、Lで55cm、XLで57cm、XXLで59cm。

身幅はSで55cm、Mで58cm、Lで61cm、XLで65cm、XXLで69cm。

筆者の場合、全くと言っていいほどにストレスのない着用感。窮屈感は一切なく、それでいてオーバーサイズな印象もありません。

ちなみに袖口はボタンが2つあり、手首の太さに合わせて調節が可能です。外側のボタンを留めると、筆者の場合、袖の先端が手の甲にかかる程度です。

そして内側のボタンを留めると、手首を締め付けるほどではないにせよ、腕が抜けなくなるくらいにはキュッと締まります。筆者の場合、袖の先端がちょうど手首を全て隠す程度になります。

実のところこのシャツ、腕の付け根あたりはかなりゆったりしています。しかし先端部分、つまり手首周りを締めると、だらしない印象にならず、きれいな見え方になります。

着丈はSで74cm、Mで76cm、Lで78cm、XLで81cm、XXLで82cm。筆者の場合、裾の先端がスラックスのポケットがちょうど全て隠れる程度。

ワークシャツでは典型的な生地感

続いて生地について。商品名にある「ヒッコリー」とは、伸縮性があってシワになりにくい綾織りの生地のこと。もともと紺地に白いストライプ柄が特徴で、汚れが目立ちにくいことから、ワークウェアで使用されてきました。

素材は綿100%。柔らかな風合いで着心地はとても良好です。洗濯を重ねることで色が落ちてレトロ感が出てくる、アメカジで定番の生地のひとつです。

そんなわけで、ラフに洗えるものの、漂白は色移りにつながるのでオススメできません。また、シワになりにくいとは言え、乾燥機は使用不可(というかしない方がよい)です。陰干し+アイロン(中温)推奨です。

なお、ボタンはプラスチック製でありながら、程よくツヤがあり安っぽさはありません。高級シャツに使用される貝ボタンを意識した作りです。

このボタンが、カジュアル由来の生地にドレスな印象を加えています。
※ドレスとは? こちらをご参照ください。http://www.neqwsnet-japan.info/?p=1810

レギュラーカラーのかっちりした印象をポケット位置で崩したデザイン

デザインについても見ておきましょう。このシャツのデザインは一見、実にベーシックなレギュラーカラーのシャツそのものです。第1ボタンを留めずに着ても、あまり胸元が開くことはありません。

前立ては「表前立て」。前立てとは、シャツのボタンを留める穴の開いた生地の部分のことです。これが表側に出ているものが「表前立て」です。アメリカのシャツで一般的とされており、生地のところで見た通り、このシャツのアメカジっぽさと整合性の取れたデザインです。

そしてこのシャツ、左胸のポケットの位置だけが若干“レギュラー”ではありません。ユニクロUのシャツでしばしば見られることですが、一般的なシャツよりもかなり下についています。

つまり、ポケットの位置をずらすことで、印象をカジュアルに寄せている、ということかと推察されます。

ユニクロUの人気カラーか典型的なヒッコリーカラーか


https://goo.gl/H1ABvQ

このシャツはユニクロ表記で「35 BROWN」「65 BLUE」の2色展開。「35 BROWN」は、2017年の秋冬コレクションから続く、ユニクロUの定番カラーです。程よい明るさがあって、春に一枚で着るのに適している印象です。

筆者はブルーとグレーばかりを着てしまう傾向があるため「65 BLUE」を選びました。いわゆるヒッコリー生地の定番カラーですが、これはこれで使いやすい色です。

価格は2990円(+税)。カジュアルでありながら大人っぽさも確保された、実にバランスが良く、使い勝手の良いシャツです。まずは店舗で一度羽織ってみてください。きっと、見た目以上のクオリティを実感できると思います。

ユニクロユー2018春夏まとめはこちらから↓

【2018春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【34選】

2018.04.20

「【メンズ】ユニクロUで一歩先のオシャレを!おすすめコーデ!」はこちらから↓

【43選】ユニクロUを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.02.08
EQ03

この記事を書いた人

EQ03

身長178cm 体重64kg 靴27.0cm

洋服を“食”と共に、「コミュニケーションを最適化するためのツール」と位置付けています。物産展マニア。国内外を問わず、地域・人に根差した物語性のあるモノ・コトに惹かれます。コーディネートはワイルドよりもきれいめを。