2018年秋冬ユニクロUのオープンカラーフランネルシャツはリラックス感が過剰かも!

ユニクロUからトレンドのチェック柄が登場

毎回話題となるユニクロUからメンズ初のチェック柄が登場しました。チェックはトレンド真っただ中、カラーも落ち着いていてなんだかよさそう。そしてシャツの印象を決定づける襟元はトレンドのオープンカラーを採用。はたしてこのオープンカラーフランネルシャツは買いなのか!? 細部までご紹介します。

ディティールを細かくチェック

デザインについて細部まで見ていきましょう。まず特徴的なのが襟の形。オープンカラーは大流行していますが、この波はまだ続くのでしょう。台襟がなく襟がくたっと寝ることで、通常のシャツのようにかしこまった印象がありません。このシャツも例に漏れず、リラックス感を出してくれています。

前立て部分は裏前立てとなっており、表面に縫い目がきていません。これならチェック柄とケンカしません。

唯一残念なのがボタンで、プラスチックの安っぽさが否めません。同じユニクロUのオープンカラーシャツ(テンセル素材)はボタンにもこだわっていたのに……。しかし、これはボタンを変えてあげると落ち着いた雰囲気になるでしょう。

続いては両胸についたポケットについて。ワークシャツをベースにしており、XLサイズのスマホがスッポリ入ってしまうほど大きいものです。特筆すべきはポケットの位置。なんだか少し変わっているなと感じるでしょうが、他のシャツと比較してみましょう。


(左:ユニクロ オックスフォードシャツ 右:ユニクロUオープンカラーフランネルシャツ)

確かに下に落ちています。これが意味するところはなんでしょうか。ポケット位置が通常よりも落ちていることで、少しルーズな印象を持たせリラックス感を表現しています。これはクリストフルメールが得意とする手法で、カッチリしたシャツの印象を和らげる効果があります。

裾にはスリットが入っています。筆者は169cm55kgでサイズはMを購入。着丈73cm、裄丈84cm、肩幅52.5cm、身幅57.5cm、袖丈58cm、首回り39.5cmです。着用するとトレンドを取り入れたオーバーサイズ気味な印象で、肩もショルダーが少し落ちた具合になります。

素材・カラーについて

ここからは素材について見ていきましょう。素材はコットン100%。起毛させた柔らかいフランネル素材は、滑らかな肌触りです。写真のように起毛しており、ここでもリラックスした温かみを表現しています。生地は比較的薄手で、秋はアウターとして、寒くなるとインナーや重ね着に重宝するでしょう。

カラーは12ピンクをチョイス。チェックがグラデーションになっており、黒の面積が比較的大きい。そのためピンクのチェック柄と言えども、落ち着いた雰囲気で着やすいです。グラデーションのパターンも安っぽくありません。12ピンクの他、35ブラウン、68ブルーの3色です。

まとめ

書いておいてなんですが、このシャツは着る人を選ぶと思います。なぜならリラックス感が強いからです。ここまで振り返ると、まずは襟元がオープンカラーでリラックス。次にポケットの位置を下にずらすことで、カッチリしたシャツの印象を崩してリラックス。そして素材は温かみのあるフランネル素材で、少し毛羽立ちが強めです。これもリラックスした印象に見えます。

何事もバランスが重要ですが、このシャツはすべての要素がリラックスに偏っています。これ単体で見ると難しいアイテムになるかもしれません。20代なら問題なく着ることができますが、30代からの大人の男性は注意が必要です。

ただ、アウターやパンツにドレスライクなものを選んで全体のバランスをとってあげれば、ステキなコーデが完成するでしょう。ファッションアディクトにとっては腕のなるアイテムですね。なお、洗濯機に入れる際は、摩擦による生地の毛羽立ちを抑えるためにネットの使用が推奨されています。価格は2990円(+税)です。

ユニクロユー2018秋冬まとめはこちらから↓

【2018秋冬】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【27選】

2018.11.20

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【95選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.11.18

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【42選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
籠屋@CU2moro

この記事を書いた人

籠屋@CU2moro

身長169.8㎝ 55kg 靴26.0cm

平日はスーツ、土日祝のために私服を買い漁るのが至福な日々。 「お金をかけずにオシャレを楽しむ」がモットー、家からユニクロまで徒歩5分が自慢。

Twitter