2019春夏ユニクロUのオーバーサイズクルーネックTはヘビーウェイトで日常着として最適

2019春夏ユニクロUの「オーバーサイズクルーネックT(半袖)」は、昨年末に先行販売されていたシンプルなクルーネックTに、ルメールコラボらしくリラックス感を加えた新作です。Tシャツ一枚のシンプルな装いは、地味に見えますが、無地でありながらデザイン性が高く、また、がっしりとした生地は耐久性があり、洗濯回数の増える夏にガシガシ洗えるので重宝します。まさに真夏の日常着に最適な一枚と言っていいでしょう。それでは早速、詳細を見ていきましょう。

リラックス感のあるデザインはルメールコラボの象徴

シンプルの象徴ともいえるクルーネックの首元。襟のバインダーは太めで、ヨレ対策として耐久力に貢献しています。当然ですが、細いよりは太い方が存在感はあります。地味になりにくい要素です。

胸ポケットは機能性を重視した結果ではなく、洋服のデザインとして存在しています。のっぺりせず、こちらもアクセントになります。加えてルメールコラボのアイテムによく見られるのが、ポケットが通常よりやや下に位置し、リラックス感を演出しています。こちらも同様に胸ポケットはやや下に位置しています。加えて大きめなので、1枚で着ても地味には見えませんよ、というデザイナーの意思が感じられます。

ルメールの意匠は肩にもよく表れています。通常よりも肩の位置を落としたドロップショルダーデザインは、胸ポケット同様リラックスした印象を加速させます。それ以外にも、肩周りに悩みを持つ方にはオススメです。なで肩だろうがいかり肩だろうが、肩の位置が明確でなくなるため、どんな肩なのか誤魔化すことができます。筆者も骨っぽい肩が悩みなのですが、うまく誤魔化してくれます。

胴から裾回りにかけてボクシーシルエット。ボックス型のため生地が裾に溜まらず生地の厚みと相まって、ストンと落ちてくれます。腰の辺りで生地が引っかかってしまうと、足の長さがバレてしまい、日本人体型があらわになってしまいます。どんな体型の方にも手に取りやすく、体型が隠れやすいデザインとなっています。

裾回りのデザインで忘れてはいけないのがサイドスリット。前身頃が若干短く、3㎝。後ろ身頃のスリットが7㎝となっています。通販サイトには「パンツのポケットがつかいやすい」と記載されていますが、使い心地にそれほど影響を及ぼしているとは感じません。それを言うなら、もっと深い切れ込みか、ラウンドカットのようになっていれば使い勝手に差が出たように感じます。

耐久力は高いが、カジュアルな生地

ヘビーウェイトのガサガサした綿100%使用。ガサガサな風合いの割に肌触りは悪くありません。さらさらとしていて、汗の吸収もよく、真夏に最適と言えるでしょう。店舗内で同時展開されている「スーピマコットンT」と比べると一目瞭然ですが、艶やなめらかさはありません。真夏の着用はどうしても汗をかき、洗濯回数が増えるため、生地の摩耗が早くなります。こういったガサガサした生地の方が、繊維の細い高級素材であるスーピマコットンよりむしろ長く使えます。

実際筆者は、インライン、コラボライン問わず毎年スーピマコットンTを買い換えています。それに対して、ユニクロU「クルーネックT」で使われているやや厚手の生地は、洗濯を重ねても見た目の変化が無く、スーピマコットンと比べて長持ちです。

洗濯の取り扱いは、洗濯機洗いが推奨されています。洗濯ネットに入れ、特に気にせず他のものと一緒に中性洗剤と柔軟剤を入れて洗っています。濃色が色落ちする可能性を注意書きされていますが、特に気になりませんでした。不安な方はわけて洗いましょう。

先行発売されたクルーネックTと似たヴィンテージライクな生地ではあるものの、素材は同じではありません。カラーの差だけではなく、風合いそのものが少し悪いように感じます。いくら気負わない日常着とはいえ、あまりにもカジュアルな生地感は少々子供っぽく、部屋着のように見られてしまう可能性もありますが、こちらはルメールのデザインがあることでオシャレの体裁を保っているといっていいでしょう。デニムやスウェットに合わせるのでななく、スラックスなどドレスライクな着こなしで「リラックスした大人の日常着」を目指しましょう。

ゆるいサイズ感なのでジャストサイズがオススメ

 

XS~4XLの8サイズ展開。このうちXS・XXL~4XLはオンラインストア限定。167㎝、51㎏の筆者でSサイズを購入しています。元々オーバーサイズの展開なので、大きめの作りになっています。筆者はそれなりにオーバーサイズのアイテムを着用することが多いのですが、こちらはジャストで着ています。

身丈は全体的に大きな作りの割に短く、ギリギリ腰位置が隠れるくらいの長さです。あまり短いと不格好なので、インナーにタンクトップを着てレイヤードスタイルを作ることもオススメです。XSで65㎝、Sで67㎝、Mで70㎝、Lで73㎝、XLで76㎝、XXL・3XL・4XLで78㎝。

肩幅はドロップショルダーらしく実際の肩のラインよりも落ちた印象。肩幅で合わせるようなサイズ選びでは無いので、合っていなくて正解です。XSで49.5㎝、Sで51㎝、Mで52.5㎝、Lで54㎝、XLで56㎝、XXLで58㎝、3XLで60㎝、4XLで62㎝。

袖丈がサイズ選びにおいては最も注意すべき点と考えます。筆者の肘にかかりそうなほど長いため、野暮ったい印象が加速します。肘を超えるような場合、サイズが大きい可能性があるため、試着の際、バランスにご注意ください。ジャストサイズで着ても長めの半袖となっています。XSで23.5㎝、Sで24㎝、Mで25㎝、Lで26.5㎝、XL・XXL・3XLで27.5㎝、4XLで28㎝。

(クルーネックTと比較)

身幅は、身丈と違ってオーバーサイズらしくゆとりがあるサイズ感です。手持ちのユニクロUクルーネックTのLサイズと比較しても、ゆとりがあります。XSで51㎝、Sで54㎝、Mで57㎝、Lで60㎝、XLで64㎝、XXLで68㎝、3XLで72㎝、4XLで76㎝。

他にないレアなカラー展開も

 

 

 

 

 


http://u0u1.net/QdQz

カラー展開は「00 WHITE」「03 GRAY」「09 BLACK」「13 RED」「46 YELLOW」「69 NAVY」の6色展開。実はこの「13 RED」が他アイテムには見られないレアカラーで、似た型のクルーネックTには見られない展開です。強い発色の真っ赤ではないため、比較的手に取りやすいお色味です。筆者もこちらを選択しています。写真によって色味に差がありますが、トップ画像が実際の発色と近いです。

「46 YELLOW」も人気のカラーのようです。こちらも落ち着いた発色で、蛍光色のような黄色ではないため、抵抗感なく扱いやすいです。「00 WHITE」「03 GRAY」「09 BLACK」「69 NAVY」も、定番のお色味のため、気に入ったカラーがあればオススメします。

(右/クルーネックTピンク)

デートやかしこまった場面には間違いなく不向きですが、夏の気負わない日常着として生地のタフさは魅力的です。リラックスデザインはカジュアル感が強く、少々着こなしが難しいですが、全くデザインの無いカットソーと比べれば地味にもなりにくいです。そのため価格は「クルーネックT」よりも500円高い1500円(+税)です。

ユニクロユー2019春夏まとめはこちらから↓

【2019春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【25選】

2019.07.06
ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【147選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.08.05
「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【76選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
TAKUMA

この記事を書いた人

TAKUMA

身長167㎝ 体重51kg 靴25.5㎝

オシャレになって見た目も中身も磨きたいアラサー男子。人に見られることに臆さず自信を持って、胸を張って生きて欲しい願いを込めます。細身のシンプルなコーディネートが好き。さあ「脱地味」しよう。