2018年秋冬ユニクロUのポケッタブルコーチジャケットはサコッシュにもなる!

2017年に引き続き、2018年の秋冬でも展開されているコーチジャケットですが、今年度の名称は「ポケッタブルコーチジャケット」です。昨年と大きく変わったのはまず、素材の厚みです。去年は厚手の表地に裏地がつき、防寒性と頑丈さを兼ね備えたものでしたが、2018年はかなり薄くペラペラな印象があります。裏地も付いていません。

厚みはどちらが使いやすいか

どちらも、一長一短があると思いますが、筆者は薄手の方が使用頻度は高いと考えています。なぜなら、厚手のものは着てしまうとそれだけで暑くなり、意外と秋口に着る機会がありません。また、冬には冬のアウターを着るので、これもまた使用機会が少なく、そういった意味で中途半端な存在なのです。その点、今年のコーチジャケットは薄手で羽織るのにちょうどいい厚さです。普段はTシャツや長袖Tの上から羽織り、少し寒くなれば、シャツやニットの上からでも羽織ることができます。

色合いはどちらが美しいか

昨年と色味を比べると、今年は表地の光沢に素晴らしいものがあります。筆者が購入したイエローは、原色の黄色ではなく、少し黄土色というかブラウンかかった不思議なイエローです。他では見ない珍しい色で、他者との差別化にとても良い色だと思います。写真で、袖と身幅の色が違って見えるのがおわかりでしょうか? 皺も、写真では影にしか見えませんが、実際には明るい部分が蛍光のように光っているように感じます。

このイエローは、今年のユニクロUはの推し色のようで、コート、アウター、インナー、パンツ、シューズ、バックなど様々な商品で展開しています。その中でもこのコーチジャケットが素晴らしいのはその光沢です。表地は光の当たり具合により薄く見えたり黒見えたり、オレンジに見えたりブラウンに見えたりと表情を変えてくれます。その色合いが、高級感を醸し出しています。

色は定番から冒険できる色味の4色展開


http://ux.nu/KeHLw

色は他に、ピンク、ブラック、ワインがあります。どれも光の当たり具合により光沢が違って見えますが、筆者が1番美しいと思ったのがイエローでした。次のオススメはワイン。スモーキーなパープルにも見えるこの色は、今年のトレンドカラーでもあり、誰でも着こなせると思います。ブラックは定番の色ですので、何にでも合わせられます。

インナーに色柄を使う際、ブラックのコーチジャケットで色柄の面積を減らすなどするとカッコいいと思います。ピンクは、差別化に最適ですが、少し着るには勇気がいります。筆者も試着したところ、思ったよりも派手ではなく、モノトーンプラス一色としてありかなと思いました。

ツーウェイで使える優れもの

そしてこのコーチジャケットの昨年度との最大の違いは、パッカブルになることです。それも肩掛けベルトが付いていて、サコッシュになります。サコッシュにすると、2つ折り財布やスマホ程度は軽く入れることができます。朝は涼しいので、このコーチジャケットをアウターにして、ポケットに携帯財布を入れる。昼間暖かくなってきたら、コーチジャケットをパッカブルしてサコッシュにして、中にスマホや財布を入れて歩くという便利な使い方ができます。

袖口はシンプルに退化

昨年のコーチジャケットは、腕の袖口が二重になっていて、内側がリブで、外側がリブを隠すような細い袖口になっていました。おそらくデザイン的に採用したのだと思いますが、袖をまくることができずあまり使い勝手が良いものではありませんでした。

一方、今年のコーチジャケットは、折り返してゴムの入れただけのよく見る袖の形です。デザイン的には普通ですが、袖をまくるなどがやりやすくなり、とても使い勝手が良くなりました。

スナップボタンはチープだけど生地に合う色

次に前身頃のあたりを見ていきましょう。前を止め止めるのは、プラスチックのスナップボタンです。これは昨年も同じようなものでした。一般的なコーチジャケットは、ここに鉄のスナップボタンを使うことが多いようですが、ユニクロUでは、プラスチックのスナップボタンを使っています。安っぽい感じがするのは否めませんが、色は素材に合わせたものになっており、止めてもはずしても、金属製のような違和感はありません。

形は定番ながらカッコイイ

身幅は普通の感じ。オーバーサイズではなく通常の自分のサイズのものを選んで良いと思います。筆者は、少しぼっこりお腹なので、Lサイズを選びました。昨年のものと今年のものは、サイズ感はほぼ同じ。少しゆったり着るには1つサイズを上げても良いかと思います。

身丈は、おしりが半分隠れる位。市販の安いコーチジャケットはお尻が隠れる位の長さのものがありますが、こちらユニクロUは、どのサイズも来てちょうどいい、かっこいいと思えるような形に仕上がっています。筆者も、試着したところ、この形と色に一目惚れし、即購入しました。見頃の裾は、折り返してゴムが入っており、ゴムを短くすることで、体に密着させることができます。

簡単な撥水効果アリ


(洗濯前の撥水効果)


(洗濯後の撥水効果)

最後に、この素材、撥水効果があります。写真のように、水をこぼしでも、キレイな水玉になります。水を拭くと、全く濡れていない状態です。自宅で全自動洗濯機にかけたところ、多少の洗濯ジワが出来ましたが、風合いは変わりませんでした。撥水効果も残っていました。何度も洗濯機にかければ撥水効果は落ちていくと思いますが、防水スプレーをかければ撥水効果は長持ちするかと思います。


(洗濯前)


(洗濯後)

筆者は早速、秋の防寒、小雨対策に、パッカブルで鞄に忍ばせております。価格は4990円(+税)

ユニクロユー2018秋冬まとめはこちらから↓

【2018秋冬】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【20選】

2018.10.20

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【87選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.10.13

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【42選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
とおげ

この記事を書いた人

とおげ

身長165㎝ 体重70㎏ 靴25.5㎝

ブログ「ポッコリ男子のオシャレ講座」執筆中。お腹ポッコリ男子でもかっこよくなれる方法を模索してます。

「ポッコリ男子のオシャレ講座」