2017秋冬ユニクロU「シルエットとカラーに注目!」ソフトラムクルーネックセーター

ニットにも良品が多かった、2017年秋冬ユニクロU第二弾。その中でも、他とはまた少し違った魅力があるのが、今回ご紹介する「ソフトラムクルーネックセーター」です。

ユニクロ定番の「ラムウール」素材のニットですが、シルエットや生地の色味などが工夫されており、通常ラインには見られないアイテムに仕上がっています。

トレンド感ある、オーバーサイズのシルエット

ユニクロの通常ラインでも定番として販売されているラムウールのニット。まず大きく違うのは、「シルエット」になります。ユニクロのメンズとしてはやや珍しく、オーバーサイズになっているのがポイントです。

まず、身幅と袖がかなり太めに作られているのが特徴的ですね。袖はアームホールから袖先近くまで、全体的に太いです。過去のユニクロコラボでは、ここまでシルエットに特徴があるニットは無かったように思えます。

ただし、裾や袖先はリブになっており、キュッと締まるので、全体的に丸っこい印象になり、ちょっと可愛らしい雰囲気も漂いますね。ゆるく着こなせる、トレンド感あるシルエットです。

肩の部分も、このようにドロップショルダー。ショルダーラインがジャストではなく、垂れ下がっていることで、ルーズでリラックスした雰囲気が生まれます。

身頃などがゆったりしているのに対して、首元のネックは少々詰まり気味。なので、だらしなさすぎる印象は与えません。こういったシルエットやサイズ感から、少しモードの雰囲気を感じます。

また、このネックの部分にもやや特徴があり、ボディ部分とほぼ同じ編み方がされています。通常、ニットのネックはリブになっていますが、これはそうなっておらず、ボディ部分とネックの切り替えが目立ちにくくなっています。

ベーシックなニットとは少し違うので、好みが分かれそうなところでもありますね。個人的には面白いと感じましたが、こういったシルエットのニットは、「着こなし」や「サイズ選び」などの難易度が少し高いので、初心者の方はやや手間取るかもしれません。

複数の色がミックスされた、幻想的なカラーリング

さらに、特筆すべきは「色」について。

文章で表現するのはかなり難しいのですが、普通のネイビーカラーをベースに、その上にいくつかのカラフルな色が浮いているような、不思議な、幻想的なカラーリングになっています。

ちょっとした視覚効果のようにも感じます。なかなかキレイなのですが、最初に見たときは目が疲れているのではないかと思ってしまいました(笑)。光の反射具合などもありますし、写真では伝わりづらいので、是非実物を見てほしいですね。

他にも「グレー」や「グリーン」といったカラーがありますが、そちらも綺麗でした。ただし、「ブラック」のみ色のミックス感は見られず、普通の黒いニットに見えました。

オーバーサイズのシルエットにしているため、色や生地などはなるべくベーシックにまとめたほうが着こなしやすくなります。しかし、そうすると難易度は下がる反面、「地味」な印象になってしまいかねないというデメリットがあります。

そこで、生地の色合いなどに特徴を持たせることによって解決しているわけです。決して目立つわけではありませんが、近くでみれば確実に、「普通の色とは何か違うな」と感じていただけるはず。

通常ラインでも定番のラムウール生地、やはり肌ざわりはあまり良いとは言えない

では次に生地について。ラムウールを100%用いており、さらに縮絨仕上げで編みの密度を高めています。良くも悪くも暖かそうな雰囲気ですね。というのも、毛羽立ちがやや強く、少しカジュアルな印象なのです。

生地に凹凸などはなく、のっぺりした印象で、かといってハイゲージニットのような光沢感もない。大人っぽい印象もなければ、他に変わった特徴があるわけでもないのがラムウールニット。

そのため地味で、実はあまり使いやすいとは言えないのですが、今回は「色」に面白味があるので、その心配も必要ないですね。

もう一つ問題なのが、肌触り。私の肌が、ウール素材がちょっと苦手なのもありますが……。それでも、ラムウールの肌触りはあまり良いとは言えない。やはり少しチクチクするのが気になります。

しかし、同じラムウールと言っても、アイテムごとにそれぞれ生地感に違いがありますね。アンダーソンコラボの時にもラムウールのニットをレビューしましたが、それよりはマシな気がします。生地は少し柔らかく、チクチク感も少なくなっています。

また、タートルネックなどではないので、首に直接接触しないのは良いですね。それでも着ていると若干ストレスを感じるので、肌がデリケートな方はお気を付けください。お手入れについては、家庭での洗濯も可能です。

やや難しいサイズ選び、オーバーサイズに着こなすには?

オーバーシルエットなので、サイズ選びが少し難しいことにも注意が必要です。ジャストサイズで着るのが正解ではありません。私の例でお話しします。私は普段、トップスはMサイズ、ニットの場合は基本小さめに作られているので、Lサイズを選ぶことが多いです。

このニットはサイズ感がやや大きめなので、Mサイズでも着ることができますが、それだとあまり余裕がなくなってしまいます。普通のサイズのニットでも、ピッチリしすぎているのはあまりかっこよくないので、ある程度ゆとりを持って着るのが好ましいのです。

ですが、ワンサイズ上げたLサイズでは、通常のニットに必要な余裕はありますが、オーバーサイズの雰囲気が伝わりづらいと感じました。たしかにゆったりしてはいますが、少しルーズ感が中途半端な印象。わざとそうしているのか、ただだらしないのか判別しづらかったです。

そこでもうワンサイズ上げたXLサイズを着用してみると、当然さらにゆるくなるので、オーバーサイズ感が増してきて、ちょうど良い具合になりました。ですので、試着の際は、普段のニットのサイズだけではなく、もう一つ上のサイズも試してみてください。

XLサイズの寸法は、実寸で、着丈72cm、肩幅57cm、身幅63cm、袖丈62cmでした。ちなみにXL以上のサイズはオンラインストア限定ですので、ご注意ください。

いかがでしたか?2017秋冬ユニクロUのアイテム、「ソフトラムクルーネックセーター」についてレビューしました。価格は3990円(+税)になります。

通常ラインでは見られないシルエット・カラーリングで、なかなか良い出来のニットです。気になった方は是非、チェックしてみてください。

ユニクロUまとめはこちら↓

【11/16更新】ユニクロユー2017秋冬アイテムレビューまとめ【全24点】

2017.11.16
Kouki

この記事を書いた人

Kouki

身長175cm 体重65kg 靴27.5cm

普通だけど、かっこいい。そんなスタイルを目指して模索中。服自体はもちろん、服を着て楽しいと思える瞬間が大好き。 ツイッターでファッションについてつぶやいています。

twitter