2019年春夏ユニクロUのスーピマコットンポロシャツはユニクロ史上最高のポロシャツ!

2019年春夏のコレクションから、ユニクロの面目躍如とも言うべき高品質なポロシャツをご紹介します。一番のポイントは、ユニクロのアイテムでは珍しく、貝ボタンを採用していること。そしてベーシックアイテムの作り込みという点でも、さすがクリストフ・ルメール、さすがユニクロと言うべき完成度の高さです。高級ブランドのポロシャツに遜色のない出来なのです。

貝ボタンとスーピマコットンが織り成す極上の素材感

ユニクロのシャツについて、ファッション関心の高い方々は総じて「デザインや生地、縫製はいいけれどボタンが安っぽい」と評します。大量生産に際してボタンがプラスチックになるのは、必然と言ってもいいでしょう。ただ、ユニクロもできるだけチープに見えないように、プラスチックでも“高見え”するような作りを目指していたように感じられます。実際、特にここ最近のユニクロのボタンは「チープには見えない」ものが増えているのです。

しかしここにきてついに、高級ブランドのシャツに使用される貝ボタンをユニクロが採用しました。筆者の認識する限り初めてのこと。もし前例があったとしても、ユニクロにおいては極めてまれなことです。貝ボタンは全て一点ものなので、よくぞ調達できたものだと驚くばかりです。独特の光沢感が見せる高級感は、ボタンが単に「留めるため」という機能だけのものではなく、シャツにとって重要な装飾であることを実感させてくれます。

そして生地はユニクロが得意とするスーピマコットン。超長綿を素材とした、ツヤのある発色の良い高級なコットンです。いまや世界的なブランドであるユニクロの調達力があればこその低価格で提供されていますが、本来は高級ブランドで使われている希少な生地です。

そして織り方は一般的なポロシャツにおいて多く見られる「鹿の子編み」。さらりとした風合いで、汗をかいても肌にくっつきにくく、通気性にも優れています。実際にこのポロシャツに袖を通してみると、生地自体は柔らかいのですが、密度が高いために「しっかりしている」印象。高級感が伝わってきます。

家庭の洗濯機で普通に洗濯が可能ですが、その際は貝ボタンを傷めないように、裏返してネットに入れることをオススメします。加えてオススメしたいのは、脱水をごく弱めにすること。すると生地自体がしっかりしているため、アイロンをかけなくても自重でシワがほぼ伸びるのです。

ただ、このポロシャツの襟は、ゴムのような伸縮性のある“リブ襟”になっているのですが、ここだけシワが残りやすいようです。首回りは特に目立つ部分。シワになっていると特にだらしない印象になってしまうので、アイロンまたはシワ取りスプレーでケアしてあげた方が良いでしょう。

シンプルを追求した安心感のあるデザイン

このポロシャツのデザイン自体はシンプル。ただそれは、膨大な顧客データに裏打ちされた、ミリ単位のアップデートを重ねてきたユニクロの、“現時点での到達点”と言うべきシンプルさなのです。

襟は一番上のボタンを留めても開けても崩れず、自然な見え方。いわゆる“台襟”はなく、立体感に欠ける点においてはカジュアルな作りであるものの、胸にポケットもついておらず、全体としてクリーンで大人っぽい印象です。

裾はサイドスリットになっており、タックアウトして着ても腹回りに生地が溜まらない作り。これもユニクロのレギュラー商品にはない、ありがたい仕様です。

フィット感を確保しながらトレンドを反映した巧みなシルエット

このポロシャツのシルエットは実によくできています。パッと見の印象はオーソドックスなのですが、いざ着用してみると、身幅はやや大きめ、肩幅はドロップショルダー、袖はやや長め。トレンド感のあるリラックス気味の作りなのです。しかし首回りに締まりのある上にクリーンな生地がストンと落ちるため、ブカブカした印象は皆無と言って良いでしょう。

身長178cm、体重64kgのやせ型の筆者は、クールビズで着ることを前提にMサイズを選択。ほぼジャストサイズで着られます。ただ、街着として着るのであればLサイズでもOKだな、と感じました。色によっても見え方がかなり変わると思いますので、可能であれば店で試着した上でご判断いただきたいところです。

使いやすいベーシックカラー4色で展開


http://urx3.nu/PUkL

このニットのカラバリはユニクロ表記で「00 WHITE」「06 GRAY」「09 BLACK」「69 NAVY」の4色。ボタンについて言えば、「00 WHITE」だけは生地に合わせて白い貝ボタンが使われています。「09 BLACK」の含め残り3色のボタンは、グレーとグリーンが混じったような色合い。

一方で生地については、「06 GRAY」「69 NAVY」はユニクロU独特の色味。「06 GRAY」はやや青みがかったグレー、「69 NAVY」はブラックに近いブルー、といった印象です。ユニクロUのアイテムで同じ「69 NAVY」という色名でも、ニットとカットソーとポロシャツでそれぞれ発色は違っているため、注意を要します。できれば店頭でご確認いただきたいところ。

価格は定価で2990円(+税)。貝ボタンにスーピマコットンを使用したポロシャツにしてこの価格は驚異的と言えるのではないでしょうか。クールビズにポロシャツがOKの方は、色違いで購入して間違いないでしょう。

ユニクロユー2019春夏まとめはこちらから↓

【2019春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【23選】

2019.04.07
ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【125選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.03.04
「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【76選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
EQ03

この記事を書いた人

EQ03

身長178cm 体重64kg 靴27.0cm

洋服を“食”と共に、「コミュニケーションを最適化するためのツール」と位置付けています。物産展マニア。国内外を問わず、地域・人に根差した物語性のあるモノ・コトに惹かれます。コーディネートはワイルドよりもきれいめを。