2018春夏ユニクロUのストライプスタンドカラーシャツは着丈が長くて身幅が太い。洗濯後のシワに要注意!

最新のトレンドを反映したユニクロUの「ストライプスタンドカラーシャツ(長袖)+E」を紹介します。色は「68 BLUE」です。ロング丈でストライプ柄と通常のスタンドカラーシャツとは一線を画します。

スタンドカラーシャツって何?

シャツは襟の形によって名前が変わるのですが、スタンドカラーシャツは、その名の通り襟(カラー)が立っている(スタンド)シャツのことを指します。一番上のボタンから首回りを一周している生地が台襟と呼ばれ、写真を見ると少し立っているのがお分かりになると思います。この台襟は通常のワイシャツにもついています。

ボタンがある台襟の上に動物の角のような形をしているのがいわゆるシャツの襟です。台襟の部分にネクタイを通し、襟を折り曲げて首周りのネクタイの布を隠すのですが、その襟の部分をとってしまったのがスタンドカラーシャツです。

通常のシャツはスーツスタイルで着用するドレスライクなアイテムですが、スタンドカラーは襟がないため少しだけカジュアル寄りのアイテムになります。

3つの特徴

ストライプスタンドカラーシャツ(長袖)+Eの1番の特徴は着丈の長さでしょう。筆者は175cm、68kgでMサイズを購入しましたが、筆者実測で着丈が80cm、スラックスを履いて着用するとお尻の下ぐらいまでの長さです。首回り40㎝は第一ボタンを閉めたらちょうどいいサイズだったのですが、身幅54㎝はインナーにヒートテックとTシャツを着用しても余裕があるぐらいゆったりめのサイズで作られています。

またロング丈はお腹が出ている方は目立ってしまうかもと気になる部分ですが、筆者実測で12cmのスリットが入っていて、体型に合わせて裾が広がるようになっていますのでご心配なく。ぜひ試着してご確認ください。

次に特徴的なのが腕周り。動きやすいように袖にプリーツが入っています。

プリーツとは写真の折り目になっている部分のことを言います。袖周りをゆったりさせるため布を多く使用しているのですが、折って重ねることにより幅を狭くしスッキリ見えるようにしています。実際に筆者も着用して腕を動かしてみましたが、引っかかるようなことはなくスムーズに動かすことができました。

写真の通り、胸にポケットがなくシンプルなつくり。ビジネス用途ではない雰囲気があっって街着用に最適です。

柄はストライプですが、極細のため目立ちません。無地よりも装飾があり、ちょっとしたアクセントになります。

シワは出来やすいが体型は隠せる

素材は綿100%で、肌触りはガサガサしており少し固め、シワができやすいという印象です。上の写真は洗濯後に天日干しをしたものですが、シワが目立ちます。あまりにもシワがあるとだらしなく見えるので、アイロンを適宜使用してください。

また洗濯して気づいたことは、店頭で触れた時は結構固く感じますが、一度洗濯すると柔らかくなるということです。柔らかくなるといってもある程度固いので、着用時に体にフィットせずスリットに続いて体型が目立たなくなる効果があります。

どんなコーディネートにも使える

シャツはスーツで着用するドレスアイテムですが、サイズ・シルエット・硬めの肌触り・シワができやすいというカジュアル要素のあるシャツなので、スラックスなどのかっちりとした服にも、ジーンズのようにラフな服にも似合うという使いやすいアイテムだと思います。カラーは2色展開で35 BROWNもあります。

https://goo.gl/hLfLDt

どちらも主張が強くない色なので、コーディネートには使いやすいです。普通のシャツには飽きてしまった方もぜひ店頭で見かけたら手にしてみてください。

ユニクロユー2018春夏まとめはこちらから↓

【2018春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【34選】

2018.04.20

「【メンズ】ユニクロUで一歩先のオシャレを!おすすめコーデ!」はこちらから↓

【43選】ユニクロUを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.02.08