2018春夏ユニクロUのプルオーバーシャツは唯一無二の特徴的アイテム

2018年春夏のユニクロUから第2弾の各種アイテムが登場しましたが、トップスのほとんどが半袖というなかで異彩を放つ長袖アイテム、スーピマコットンプルオーバーシャツをレビューします。

形はシャツなのに素材はTシャツらしいという風変わりな服ですが、詳細を見ていきましょう。

安定の素材感

まず、素材はコットン100%。これは春夏のトップスであれば定番ともいえますが、ユニクロが特に強く売り出しているスーピマコットンを使っているのが特徴です。光沢のあるなめらかな生地感のおかげでまったく安っぽさを感じさせず、Tシャツなのに上品な印象を与えてくれます。

色展開は白、黒、オリーブ、ネイビー、パープルとあるなかで、筆者は今期のユニクロUの象徴的なカラーとなっているパープルを購入しました。他であまり見ない色なので差別化がしやすく、モノトーンの服と合わせて地味さを解消するのにも役立ちます。

同時にくすんだ色味でもあるため、チープで粗野なイメージにつながるのでは、とも思えますが、スーピマコットンの光沢感のおかげでうまくバランスが取れています。

ただ、見る人が見れば今期ユニクロUのアイテムであることが一発でわかってしまう色なので、どうしても誰にもユニバレしたくない、という方は避けたほうがいいでしょう。筆者は限定ラインということもあり、そこまで気になりませんでした。

意外と普通なサイズ感

さて、今期ユニクロUはリラックス要素を強調しており、サイズもやや大きめになる傾向があります。しかし、このアイテムに関しては、サイズ感を見る限りさほど大きくしているわけではないようです。

筆者は身長172㎝体重63㎏で、ユニクロの服でいうとМサイズかLサイズを選ぶのですが、今回のシャツは肩回りも胴回りもМサイズ(着丈74㎝、肩幅48.5㎝、身幅54㎝、袖丈57㎝)でほんの少しゆとりがある程度。

МとLで迷ってМサイズを買いましたが、Lサイズ(着丈77㎝、肩幅50㎝、身幅57㎝、袖丈59㎝)を着てみても違和感はありませんでしたので、着こなしに応じてワンサイズ大きいものを買う選択肢も十分ありえます。

ちなみに、このシャツは商品名のとおりプルオーバー、いわゆる「かぶり」のシャツで、いわゆる普通のシャツのように羽織って前身ごろのボタンをとめる必要がありません。

そのため、下から頭と腕と胴体を通して着る必要があり、「プルオーバーシャツは着脱しにくい」というイメージもあるのですが、このアイテムは別です。コットン素材のおかげで伸縮性があり、着脱のためにサイズを上げるという心配も無用となっています。

本当のスタンドカラー

襟元は最近ユニクロでも定番になっているスタンドカラータイプ。文字どおり、襟が立っている様子をさしてこう呼んでいるはずなのですが、ユニクロのスタンドカラーシャツの襟は「スタンド」していないものも多く、バンドカラーシャツと呼ぶほうが正しいのでは、と感じる方も多いはず。

しかし、このアイテムの襟部分は他の箇所よりも多く生地を重ねることにより、しっかりと「スタンド」できる硬さを実現しているのです。

たかが襟くらいで、と思う方もいるでしょうが、首元は周囲からの注目を集めるポイントの一つですし、襟の種類がいくつも存在することからも、気にかけるべきであることがわかります。

特に夏場になると首元がガラ空きになることが増え、物足りなさを感じるもの。かといってハイネックは暑苦しい。そんなとき、ほどよく主張してくれるスタンドカラーは非常に役に立ちます。

また、ボタンにも注目してください。至近距離でじっくりと見続ければ、「うーんプラスチックかな?」と感じるのですが、普通に見ても天然の貝ボタンと見分けがつかないくらい高級感があります。

ボタンはシャツの印象を大きく変えてしまうので、こういったところに力を入れてくれているのは本当にありがたいですね。

先端のディテール

ユニクロ公式サイトの画像だと気が付きにくいのですが、実は袖の先端部分にステッチが入っています。筆者はこれを見たとき、リブなのかと勘違いしたのですが、特に素材も変わっておらず、伸縮性も同じです。

ただ、このリブのような部分、手首に向かってほんのわずかに細くなっています。

長袖のTシャツの特徴として、袖をまくることによって温度調節が簡単にできるという点が挙げられますが、このアイテムも袖口が細くなっているおかげで、まくった袖が元に戻りにくいようになっています。

リブを使わないことでリラックス調の落ち感をキープしつつ、温度調節の機能面もサポートできているわけです。

一方、裾口を見ていただくとわかるとおり、左右にスリットが入っています。スリットのないトップスを着て歩いていると、じわじわと裾がせりあがってきてだらしない見た目になりがちですが、裾にスリットがあるおかげでこの現象を防ぐことができるのです。

また、このアイテムはレディースの定番であるチュニックを模した形をしており、スリットが深すぎると女性的になりすぎてしまうのですが、スリットの深さを最低限にとどめているのでその点は問題ありません。

以上、ユニクロUのスーピマコットンプルオーバーシャツを紹介しましたが、いかがでしょうか。価格は2990円(+税)という安心の安さですが、生地やボタン、襟の出来を考えると、非常にコスパがいいアイテムです。

普通のシャツもTシャツも飽きてきたという方、ぜひ試してみてください。

ユニクロユー2018春夏まとめはこちらから↓

【2018春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【35選】

2018.05.03
ぎすお

この記事を書いた人

ぎすお

身長172cm 体重63kg 靴26.5cm

ヨウジヤマモトの服をこよなく愛するアラサー。アバンギャルドなアイテムをリアルクローズとして着こなせるよう奮闘中。