2019年春夏ユニクロUのスウェットプルパーカはリブなしでレイヤードしやすい傑作!

ユニクロU・2019SSで面白いのはウィメンズ・スウェットパーカ

ユニクロUのスウェットプルパーカは、毎回のコレクションでも定番となっているアイテムです。特にフードの立ち上がりはどんな服好きも感服するほど。2019年春夏のコレクションでは、ウィメンズのパーカに面白い工夫がされていました。通常スウェットであれば袖口や裾はリブで絞られています。ところがこのパーカは袖先や裾にリブがなく、絞られていません。

そのため、リラックス感のあるオーバーサイズシルエットを楽しむことができるのです。メンズでも着られるウィメンズ・スウェットプルパーカを紹介します。

オーバーサイズを楽しめるシルエットの秘密

まずはサイズから見ていきましょう。サイズLで身丈66cm、バスト86~92cm、裄丈81cm、裾幅59.5cmです。身幅広めのボックスシルエットにより、他にない存在感のあるパーカに仕上がっています。170cm55kgでLサイズをチョイスしました。もっとタイトに着たいのであれば、MやSサイズも着ることができます。これは一度試着して好みのサイズを見つけるといいでしょう。また、普段Mを着る女性もLサイズでダボッと着ることができます。男女兼用のジェンダレスなアイテムです。

さて、トレンドでもあるオーバーサイズはまだまだ続きます。このパーカもほどよくリラックスしたサイズ感。その秘密は上述した通り、袖口や裾の処理にあります。通常スウェットと言えばリブで絞られているもの。ただし、このパーカの場合リブがありません。

まずは袖口です。写真のとおり袖口にリブがありません。リブで絞っていないためルーズな印象になります。ドロップショルダーで肩の落ちた演出も含め、リラックスした雰囲気を醸し出してくれます。萌え袖のようにしてもステキですし、折り返せばルーズな印象を軽減することができます。

続いて裾。ご覧のとおりこちらもリブがありません。ボックスシルエットのまま、裾がストンと落ちます。これにより、裾部分においてもリラックスした雰囲気を出しています。リブの締め付けが苦手な方や、ずり上がってくるのが嫌いという方はこの処理をお気に召すことでしょう。なお、横にはスリットもあります。

フードの立ち上がりは相変わらずバッチリ

なお、ユニクロのお家芸であるフードの立ち上がりもバッチリです。小顔に見せることができるのが嬉しいですね。写真のように自立するほど。フード部分の生地を二重にしているからこそできる技です。

(表面)

(裏面)

素材はコットン100%です。ズシリと身の詰まった素材には妥協がありません。洗濯を繰り返してもタフな素材は全くへこたれません。デメリットはフード部分が乾きにくいことくらいでしょうか。

ルーズになりすぎないよう、合わせるアイテムには注意が必要

以上のとおり、普通のパーカではない2019年春夏のパーカ。袖口や裾がルーズな印象ですから、合わせるアイテムによっては子どもっぽい印象となり、見る人が見れば幼稚園児の着ているスモックのように映るかもしれません。しかし、シャツとのレイヤードなどが楽しめるので、中級者以上の方には面白いアイテムだと思います


https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/415769-72#thumbnailSelect

裾のないデザインはユニバレもしにくいでしょう。また、裾を絞らないため開放感があり、暑苦しくありません。そのため、通常のパーカよりも長い期間着用することができます。夏のビーチでも着ることができると思います。価格は3990円(+税)。オンラインでは売り切れが目立ちます。カラーは01オフホワイト、02ライトグレー、09ブラック、72パープルの4種類。店舗には在庫がありますので、手に入れるなら今です!

ユニクロユー2019春夏まとめはこちらから↓

【2019春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【25選】

2019.07.06
ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【143選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.07.17
「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【76選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
籠屋@CU2moro

この記事を書いた人

籠屋@CU2moro

身長169.8㎝ 55kg 靴26.0cm

平日はスーツ、土日祝のために私服を買い漁るのが至福な日々。 「お金をかけずにオシャレを楽しむ」がモットー、家からユニクロまで徒歩5分が自慢。

Twitter