2019年春夏ユニクロUのVネックカーディガンは上品な艶とイージーケアを両立した一着

オシャレな人ほど上手に取り入れているのがカーディガンです。ボタンの留め方によっても印象が変化し、肩掛けや腰巻きなど多彩な着こなし方が可能で、シンプルでマンネリ化しやすい春夏のメンズファッションを様変わりさせることができます。ペラペラで安っぽく見える素材は大人の男性のコーディネートには不適格ですが、2019年春夏ユニクロUのコットンブレンドVネックカーディガンは「ウールのような上品な艶感・インナーが透けにくい生地・洗濯可能でイージーケア」とワードローブに取り入れて損はないアイテムです。詳細を見ていきましょう。

ポケットは無くボタンは生地と同色。一言でまとめるなら「極めてシンプルなカーディガン」です。しかし、シンプルなデザインだからこそ深みのある色合いでも学生っぽさを感じさせません。トレンドがノームコアから装飾性重視に変化していくなかで、こういった差し色に使える服を取り入れると今っぽいスタイルが作りやすくオススメです。身長175cm標準体型の筆者はLサイズを購入しました。

サイズ感はタイトすぎず大きすぎずといったところで、シャツの上に羽織るという着方でも問題ありません。よりタイトに、よりダボッと着たいなどの拘りが無ければ、いつものユニクロ基準でサイズを選べば大丈夫です。

ボタンはプラスチック製で安っぽさは否めません。しかし、生地と同色なのでボタン単体で見た時のチープさはアイテム全体ではさほど気になりません。見頃の素材は綿88%・ナイロン12%で、強めにねじり合わせた糸をリンクス編みにして出来ており、表面に凹凸の表情が生まれます。春夏にシンプルなカットソーの上に羽織るような着こなしでも地味にならずサマになるでしょう。

首周りは伸びないようにしっかりとした厚みのある生地で出来ています。綿とナイロンの混紡糸なので、さらっとした肌触りながらウール製品のようなチクチク感も無いので快適な着心地です。唯一筆者が残念に感じたのは、ロゴが背中の目立つタグ内にあることです。「ユニクロUを着たいのは、ユニクロ製品に見えなくて周りと差別化しやすいから」と思っている購買層も多いでしょうから、タグについては今後に期待したいところです。

裾と袖のリブはしっかりとした厚さがあります。裾はリブに向かってすぼまっているデザインなので、ボタンを全て留めると防寒性はアップしますが、立ち座りを繰り返すとお腹に生地が寄って不格好になるので、タイトすぎるサイズを選ばない・ボタンを下まで閉じないなどの工夫をすると良いです。袖のリブもよく伸びるので腕まくりしていても快適です。時計やアクセサリーを魅せる着こなしにも使いやすいでしょう。

19年春夏モデルと18年秋冬モデルの違いを検証

一見すると同じデザインに見える写真右の2018年秋冬のウールVネックカーディガン(https://fuku-labo.com/uniqlo-u-wool-v-neck-cardigan)と詳細を比較してみます。以下、今回ご紹介しているコットンブレンドVネックカーディガンを「2019SSモデル」2018年秋冬ユニクロUウールVネックカーディガンを「2018AWモデル」と略表記します。

この2アイテムはどちらも同じような艶感で色違いのように見えますが、近くで見ると素材と編み方による表情の違いが分かります。2019SSモデルはナイロン混のコットンのリンクス編みで、高密度でツルンとした見た目です。春や初夏の装いとして、空調の効いた真夏の室内などでも季節感を損なわずにコーディネートしやすいでしょう。一方、2018AWモデルはウール100%のガーター編みです。ざっくりとした凹凸感は空気を含んで暖かさをキープするだけでなく、見た目にも秋冬服らしさが出ています。

カーディガンを着る時に気になるのは、インナーの透け具合です。両モデルを同じくらいのテンションで引っ張ってみました。2019SSモデルの網目の密度が高く、よりインナーが透けにくい生地であることが分かります。

2019SSモデルは自宅での手洗いが可能です。一方、2018AWモデルはウール100%なのでクリーニングに出す必要があります。汗ばむこともある春夏に自宅で洗える2019SSモデルはイージーケアなアイテムです。

洗濯するとわずかに縮む

コットンを使用しているので洗濯後に縮みがないか気になるところ。早速洗濯してみて実寸チェックをしてみました。着丈は67.0cm(購入時:67.0cm)と洗濯前後で変化なし。身幅は58.0cm(購入時:59.0cm)と1cm縮みました。僅かに身幅が縮まることが分かりましたので、試着時に「着れるけどピッタリ過ぎるかな?」と感じたなら1サイズUPも検討してみると良いです。また、化繊を使用しているので乾燥機にかけると縮む可能性があり誤って入れてしまわないよう注意が必要です。選択後にはハンガーに掛けて自然乾燥すると重みで型崩れする可能性があるので、タグの表記通りに平干しが良いでしょう。

サイズ展開は店頭販売ではS・M・Lサイズ、オンラインストアではXL・XXLも取り揃えており合計5サイズがあります。3色のカラー展開がありGREENの他に、使い勝手の良いBLACK、柔らかい雰囲気を出しやすいBROWNのラインナップがあります。価格は3990円(+税)と2018AWのモデルと比べて1000円安い価格です。ウールと同等の上品な艶感があって春夏向きの素材になったユニクロUのVネックカーディガン。一度袖を通してみては如何でしょう。

ユニクロユー2019春夏まとめはこちらから↓

【2019春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【23選】

2019.04.07

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【125選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.03.04

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【76選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
はせぴょん

この記事を書いた人

はせぴょん

身長175cm 体重63kg 靴27.5cm

断捨離&アップデートでクローゼット内や美容品は一軍のみを残すことがポリシー。片付けもまともに出来ない性格が、オシャレで心境も変わり、部屋も、モヤモヤしがちな頭の中も常に掃除を心掛けるように。30歳独身。