2019年春夏ユニクロUのワイドフィットタックテーパードチノはユニクロの集大成

春夏もののパンツをお探しの方はもちろん、ワードローブのパンツが充実してきた方も追加する価値がある一本をご紹介します。それは、ユニクロUの「ワイドフィットタックテーパードチノ」です。ネット上にも「ユニクロUのチノパンの集大成」、「最高傑作」というレビューがあふれています。

ユニクロUでは何回か登場しておなじみとなっている「カルゼ」素材のチノパン。インラインのチノパンにはない生地の上質感と、テーパードの効いたスラックスシルエットで人気のアイテムです。筆者は2018年の秋冬も購入しました。ちなみに「カルゼ」とは、ハイブランドのアウターなどにも採用されている丈夫な生地。ツイル(綾織)による斜めの畝(うね)が現れることが特徴。光沢感があり、ドレッシーな高級感があります。それが毎回4000円程度で購入できるのも人気の理由でしょう。

とはいえ、正直、最初は「もういいよ」と思っていました……。

ユニクロUもすでに6回目。ユニクロルメールから数えれば、もう8回目です。毎回リリースされる定番と呼ばれるアイテムも出てきています。チノパンも、もはや、おなじみのアイテム。発売当日も、インラインにはない「ワイドストレートベイカーパンツ」の方を気にしながら、ユニクロに向かいました。そして試着室にこもること1時間以上。平日の昼間の郊外店舗とはいえ、迷惑な客だったと思います。そして、レジにもっていったのは、このチノパンでした。

だからこそ、断言します。手持ちのアイテムもそろってきたし、「もうパンツはいらないかなぁ」という方にも、自信をもってオススメできます。ユニクロUのパンツの集大成といっても過言ではないでしょう。素材は、冒頭でもお話ししたように、ほぼ定番化したものです。2018年の秋冬と比べると少し薄くなっていますが、ペラペラということはありません。

この生地の変更は、本アイテムが春夏の使用を想定したものだということ、そして大きく進化したデザインを実現するためでしょう。本アイテムの最大の魅力は、デザインにあります。

ワイドでありながら大人スッキリとしたシルエット!

メンズにもワイドパンツのトレンドが波及し、ハイブランドでは2018年秋冬、2019年春夏のコレクションにも数多く登場しています。今季のユニクロUも、まさにこのトレンドを受けた構成になっています。しかし、ゆったりとしたワイドパンツは、スキニーなどに比べるとカジュアルな印象が強くなりがち。一歩間違えると、だらしなく子供っぽい印象になりがちなものです。しかも、本アイテムは素材に艶感があるとはいえ、カジュアルなアイテムの代表格と言ってもいいチノパンです。これだと、大人のコーディネイトには組みこみにくくなってしまいます。

そこで、このアイテムは、「裾に向かって細くなるテーパードの効いたスラックスデザイン」に加えて、「2つのタック(前側に入ったプリーツ)」を採用。大人っぽさを出しつつ、すっきりとした印象に見えるようになっています。

最大の特長は、ドレス感を強める「2つのタック」!

注目すべきは、2018年秋冬のユニクロUまで存在しなかった「2つのタック」です。インラインの通常アイテムにもテーパードのスラックスが登場してきた2019年の秋冬は、このタックが最大の差別化ポイントとなっています。筆者の記憶では、比較的厚手の生地でタックが入ったスラックスシルエットのパンツは、初期のユニクロ・ルメールコラボ以来ではないでしょうか。

ノームコア(シンプル)がトレンドだった、少し前までスラックスも細身でノータックのものが良いとされていました。初期のコラボでタック入りのアイテムが登場した時には大きな衝撃を受けたことを覚えています。ウエストの前側に入ったタックは、腰から太ももまわりにボリューム感を生み出すため、ストレートなシルエットだとダボッとした印象になってしまいがち。しかし、テーパードが効いたシルエットと、タックが生み出すセンタープレスの裾に向けての「すっ」とした仕様があいまって、「程よいリラックス感がありながら、すっきりとした印象」を生み出し、脚長効果を働かせてくれます。

さらに体形補正効果を生み出す工夫が!

脚長効果を生み出す秘密は、タックが太ももから裾にかけてのセンタープレスの谷折りの線に立体感をもたせて、体形補正効果が働くことにあります。タックで強調されたセンターラインは、パンツが縦に伸びているかのように錯覚させてくれます。

さらに、今回のタックは、ただのタックではありません。ドレス感を強くする「インタック」を採用。スラックスのタックは一般的に「(ひだが)外側を向いたアウトタック」のアウトタックになっています。

しかし、本アイテムは「内側を向いたインタック」を採用して、着用時にセンタープレスをより浮き上がらせて立体感をアップさせる仕様になっています。そのため、よりテーパードが強調されて、足首まわりをより細く、そして全体をよりすっきりとしたシルエットが着用者には与えられます。

この2タックを今回のチノパンツに与えるために、ルメールとユニクロのデザインチームは、2018秋冬のチノパンから生地を薄いものに変更したのでしょう。秋冬の厚めの生地では、タックを作ることは多分できません。

春夏のコーディネイトの幅を広げる工夫も!

生地まで変更して作られた本アイテムのオススメポイントは、これだけではありません。すっきりとした印象を強めて、春夏のコーデディネイトの幅を広げられるように、腰位置が高くなるハイウエストデザインになっているのも特徴です。これは2018年のユニクロUのチノパンを踏襲したものです。

ハイウエストなボトムスは、レディースではここ数年、人気のデザイン。メンズでは、ノームコア全盛期に「ださい」という印象が強くなったためか、インラインでは見られなくなっていたデザインです。そんなアイテムが女子には人気となった最大の理由は、「タックインしても腰位置をごまかしてくれる」点にあります。せっかくのテーパードシルエットにタックを入れて脚長効果を働かせても、腰位置がばれてしまっては、効果は半減してしまいます。そこで「ハイウエスト」です。

ただでさえ春夏はアイテムの着用枚数も減ってしまう季節。同じシャツやカットソーでも裾を入れたり、出したりすることができれば、同じアイテムでも印象はがらりと変わります。つまり、あなたの春夏のコーディネイトの幅もグッと広げてくれるアイテムだということ。これが、ワードローブが充実してきた人にも、あえて購入をオススメする理由です。

サイズ選びと洗濯後は要注意!

もちろん欠点がないわけでは、ありません。まず、サイズ選びです。筆者はユニクロのインラインのアイテムでは、ウエスト「76cm」が少しきつくなって「79cm」につい手を選ぶことがふえてきた中年体形。ビジネスシーン以外は、ウエストにゴムが入ったワイドシルエットのパンツの着用が増えています。

そんな筆者でも、本アイテムについては2サイズ小さい「73㎝」まで(本当にギリギリですが)着用可能。「73㎝」、「76㎝」、「79cm」の3サイズを着用して、比較してみました。結果、購入したのは「76㎝」。「少しきつい気もするけど履ける」というサイズを選びました。

本アイテムの特徴である「2タック」が作る太ももまわりのシルエットが、「79㎝」だと太くなりすぎてしまう印象をもったことが理由です。

ここまでにご紹介したデザインのメリットを最大限に享受できる、あなたにとってのジャストフィットを見つけてください。

次に、洗濯についても書いておきます。筆者は基本、どんなアイテムもユニクロ・GUに関しては、「洗濯表示に関わりなくネットに入れて手洗いモードで洗濯」と決めています。洗濯自体には問題がなかったのですが、どうしても着用を重ねて洗濯をすると、生地の特性のためでしょうか、センタープレスの線がとれてきてしまいます。このアイテムはタックとセンターラインがきれいに入っていてこそ、本来のシルエットが生きてくるデザイン。洗濯後は、めんどうだと思いますが、必ず当て布を使ってアイロンがけをするようにしましょう。

なお、当て布をしないと、センタープレスの折り目のあたりがツヤツヤとテカってきてしまいます。洗濯後は当て布を忘れないようにご注意ください。

このような欠点もありますが、2タックとテーパードが効いたスラックスシルエットは、ユニクロのメンズでは珍しい「体形を補正して、脚長効果を働かせる」こだわりにあふれたデザインは、このような欠点すら魅力に昇華していると筆者は考えています。

ネットには、過去のルメールコラボやユニクロUの“イイトコロ取り”という書き込みもありましたが、言い換えれば「集大成」ということ。まさに「最高傑作」です。そして、そんな「最高傑作」は3990円(+税)で購入可能。すでにオンラインストアでは売り切れてしまったサイズも出てきています。ぜひ店頭で早めにチェックしてみてください。

ユニクロユー2019春夏まとめはこちらから↓

【2019春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【25選】

2019.07.06
ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【143選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.07.17
「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【76選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
TJ

この記事を書いた人

TJ

身長167㎝ 体重65㎏ 靴25.5㎝

ダイエット中で-30キロ。あと5キロに苦戦中。服選びの基準は「高見え」「やせて見えること」「若い女子にもてそうか」。42歳