2019年春夏ユニクロUのワイドフィットパンツはウール並みの艶感がある最高にドレスライクなアイテム

2019年春夏のユニクロUのボトムスのなかで、すでに高い評価を得ているワイドフィットパンツですが、評判に違わぬ最高にドレスライクなパンツでした。詳細を紹介します。

サイズ、素材

カラー展開はブラック、ネービー、ダークグレイの3色展開。筆者は身長177㎝体重70kgで普段、ユニクロでは、ウルトラストレッチジーンズ31サイズを履いています。今回はブラックの76を購入。

公式サイトでは、ウエスト81㎝(仕上がり寸法)、ヒップ103㎝、わたり幅34,5㎝、股上28㎝、股下85㎝、裾幅19㎝です。ウエストはジャストより気持ちゆるめですが、ベルト無しで履いてもずり落ちることはありません。

素材は、表地裏地共にポリエステル100%なので洗濯機で洗えます。シルエットは、ヒップや太もも周りから裾に向かってテーパードがかかっています。表生地は薄手でストレッチ性はほんの少しある程度、ハリの有る生地で履いていてしわが出ることはほとんどありません。そのため着用時にストンとした落ち感が出ます。

ウエストにはベルトループが付き、前後にポケットが2つずつ付いています。そして前側後ろ側共に、しっかりとしたセンタープレスがついています

後ろポケットはボタン留め仕様です。ただボタンはプラスチック製です。

前側は、フックと内側ボタンで留める仕様になっています。

裏地

そして筆者が特筆したい点の一つ前側部分に裏地がついています。裏地も素材はポリエステルですが、つるつるとしたとても薄い素材です。

この裏地がついていることもあり、ストレッチ性がほんの少しある程度でも、脱ぎ履きや座る立つといった日常動作を全くストレス無く行うことが出来ます。

そして最大のポイントは、生地の艶感です。掲載している写真から伝わりにくく残念なのですが、ポリエステルでありながらウールのような艶感があり、実物を見たときに「わ、キレイ!」と思ったほどです。まだ実物を見ていない方は実際に店舗で見て頂きたいです。

また、名称こそ「ワイドフィットパンツ」ですが、シルエットはワイドすぎることもなくリラックスしたテーパードシルエットといったところでしょう。そして留意してほしいのは、裾の長さです。ロールアップして履く方法や、あえて裾部分にクッションを出すなど履き方はさまざまですが、クッションが出ない履き方であれば裾上げが必須になります。筆者はクッションが出ない丈に裾上げしたので、まつり縫い仕上げで別途料金が280円かかり、受け取りは翌日になりました。

ドレスライクなコーディネートが徐々に広まってきている中、テーパードシルエットで光沢のある艶感やセンタープレス、ストンとした落ち感の出る生地でドレスライクなアイテムに仕上がった「ワイドフィットパンツ」。これほどの完成度を誇りながら、たった3990円(+税)で手に入るので、消費者の評価が高いのも頷ける納得の出来だと思います。

ユニクロユー2019春夏まとめはこちらから↓

【2019春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【24選】

2019.04.07
ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【125選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.03.04
「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【76選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
ベル

この記事を書いた人

ベル

身長177cm 体重69kg 靴27cm

40代のダンディー目指し勉強中。『パパ、カッコいい』と言われ続けるため日々進みます。