2018春夏ユニクロUのワイドフィットテーパードパンツはサイズ選びが超重要!

2018年春夏のユニクロユーが発売されました。今回特に注目していたのが、パンツのラインナップ。「名作揃いかも?」と期待を胸に抱き、発売日にユニクロを訪れ「ワイドフィットテーパードパンツ+E」を購入しました。

ワイドなのにテーパード

商品名の通り、ワイドなのにテーパードのシルエット。端的にいうと、ワイド(幅広)な腰回りにテーパード(窄まり)の効いた裾まわりを実現したパンツだということです。窄まった裾先は、アンクル丈にすることで、足先を最大限に細く足長に見せてくれる作りに仕上がっています。

アンクル丈のパンツは、裾幅や裾位置が難しいもの。一歩間違えれば、ただの短足パンツになってしまいます。それを、万人に受け入れられるようこの美脚シルエットを完成させたクリストフ·ルメール氏は、流石の一言。

股上深めで腰回りのゆとりのあるデザインのおかげで、履いた際にふんわりとバルーンのような膨らみとなり、裾先のテーパードがより強調されるよう設計されています。しかも、このシルエットは、「スキニーだと腰回りが入らない」と細身のパンツを諦めていた方にも有効です。

サイズ展開は、3㎝刻みで73~91。88、91㎝はネット限定。身長184㎝、体重65kgの痩せ型体型の筆者が普段ユニクロで購入するサイズは、82㎝でウエストジャストサイズが多く、こちらも同様。

しかし、今回少し大き目の85㎝を購入。ヒップ113㎝、渡り幅38cm、股上29cm、裾幅20cm、股下68cmです。

(股上深めの腰回りゆったり)

(裾先にむかって窄まる)

このパンツはジャストサイズとワンサイズアップで、かなり印象が異なって見えました。82㎝だと、細身の印象が強く、85㎝だと腰回りのふんわり感が強くでます。最近、リラックス感のあるコーディネートが好きだったため、迷わず85㎝を購入。

バルーンのような腰回りがお気に入りです。裾幅も極端な細さにはなっていません。

(腰回りのバルーン感)

そのシルエットを最大限引き出すように配置された、ポケット。サイドポケットは、スラックスによく見るスラントポケット(斜め切り)になっており、ドレスライクに感じさせるミニマルな作り。お手持ちのiPhone程度であれば収納できるサイズ感。

バックポケットについても、スラックスで使われるピスポケットタイプ。出来るだけ装飾性を省いた作り。仮止めがされており、特段説明もなかったことから、履き下ろしの際は、ダミーポケットと勘違いしてしまいました。一言注意書きが欲しかった。

(サイドポケット)

(バックポケット)

(仮止め)

カラーは艶感たっぷり春らしいアイスブルー(05 Gray)がオススメ

カラーの展開は、「05 Gray」「09 BLACK」「56 OLIVE」「68 BLUE」の4色。

ブラックや他の落ち着いたカラーも良いのですが、筆者のオススメは断然「05 Gray」。春を感じさせるカラーであるだけでなく、トレンドを捉えたスモーキートーンの色合いだからです。

このカラーを履くだけで、わかりやすく一気におしゃれ感が増します。少し前にトレンドとなったパステルカラーより、少し曇りがかかったような発色のため、トーンが抑えられていて、コーディネートが簡単で間違いが少ないのも嬉しいポイント。

ただ、グレーにはなかなか見えないため、アイスブルーやスモーキーブルーといったように消費者がもっとわかりやすいよう違う名前にできなかったものなのか……と個人的には感じました。

そして、普段はカラーパンツを履かないといった方でも十分冒険ができる、3990円(+税)という値段も魅力的です。

(05 Gray)

(09 BLACK)

(56 OLIVE)

(68 BLUE)

https://goo.gl/rtbfW3

そのカラーを更に引き出しているのが、素材です。筆者は店頭で見た際、艶感が強いのでナイロン混紡かな?と感じました。しかし、なんと綿100%。見事に裏切ってくれました。

高密度に編まれた薄手の高級綿を使っているはずです。ここまでの艶感は、高級な綿を使わないとなかなか出せない。スモーキーカラーのアイスブルーだけだとパンチが弱いのですが、この艶感が加わることで、高級感と装飾性のバランスを取っています。

(艶感のある素材)

そのカラーと生地を目立たせるため、ステッチは、同色のものを採用。黒子に徹しています。ステッチ程度で何を言ってるんだ?と思う方もいるかもしれません。

しかし、色を変えるだけでかなり目立たせることもできますし、今回のように一体化させることもできてしまいます。

(青に白のステッチ)

(ワイドフィットテーパードパンツ)

そのため、デザインしている方がどんな意味を込めてこのカラーとしているのか?1番特徴が現れる点とも言うことができます。

縫製の良し悪しについては、言うまでもありませんが、ユニクロらしい丁寧な縫いとなっており、「この価格で!」といつも驚かされる仕上がりです。

弱点は2

筆者が感じた弱点は、2点。それは、生地が薄いために起こります。1点目は、足の形がストレートに出てしまうこと。「昔スポーツをやっていて太もも周りが気になる」という方は、気をつけた方がいいかもしれません。

しかし、筆者と同様に、サイズアップして履けば、リラックスなシルエットでこの弱点も克服できるかと思います。出来る限りポケットにものを入れるのも、避けたほうがシルエットが崩れるのを防げるため、いいかもしれません。

(シルエットが出やすい薄い生地感)

2点目は、寒さ。筆者は寒がりで1月のこの時期はもちろん、春になっても意外と足元がヒンヤリしそうです。ヒートテックステテコやエアリズムステテコでしのぐ予定です。同じ悩みを持った方がいたら、是非、お試しください。

これらの弱点は、補うことが可能です。薄手であることにより艶感が生まれるため我慢です。「オシャレは我慢から」と揶揄されることもありますが、弱点のない服なんて存在しません。

ユニクロユー2018SSの他のパンツよりここが○

パンツでは、良作揃いのユニクロU2018年春夏モデルてますが、ワイドフィットテーパードパンツには、他にはないメリットが、2点あります。

1点目は、セットアップのジャケットがあること。セットアップは、この春トレンドでもありますし、コーディネートが簡単にサマになるところが魅力です。

それもそのはずで、考えなければならないのは、インナーや靴下、靴。オシャレはしたいけど面倒。と言った方には、もってこいのコーディネートといえます。

(セットアップ)

2点目は、「05 Gray」カラーがあること。今年らしいトレンドカラーが取り入れられたラインナップは、2点しかありません。

この「ワイドフィットテーパードパンツ+E」と「ストレートアンクルチノ+E」のみ。ストレートアンクルチノ+Eは、素材が肉厚なチノ(カジュアル)でありながら、シルエットが細身(ドレス)でバランスのとれたアイテムであり、こちらも良品。

しかし、筆者はリラックスなシルエットでゆったりと抜けた感じのコーディネートをしたかったため、こちらを最初に購入。どちらも良品ですが、好みのシルエットに応じて選んでみてはいかがでしょうか。

1万円でお釣りがきてしまう驚愕のコスパ。エルメスのデザインも手がけたことのあるクリストフ·ルメール氏監修の服がこの値段で買えるなんて信じられません。

筆者は、先の2点を両方買ってしまいました。個人的にこのカラーリングも自分と相性がいいと思ったからです。この価格であれば、どちらか1点でも揃えられてみてはいかがでしょうか。オススメです。

ユニクロユー2018春夏まとめはこちらから↓

【2018春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【36選】

2018.06.05
Bamukeron

この記事を書いた人

Bamukeron

身長184㎝ 体重69㎏ 靴27.5㎝~28.5㎝

IT企業営業職のパパ。IT系によくある、理系マジックでお洒落だと勘違い。本物のお洒落な大人に出会ってからは、自分もそのようになりたいと憧れ続ける日々。TOMORROWLANDのような清潔感のあるブランドが好きなイクメンです。