2018年春夏ユニクロU「ワイドフィットタックパンツ」はデニムとスラックスを掛け合わせたハイブリッドアイテム

ユニクロUの2018年SSで販売されたワイドフィットタックパンツ(インディゴ)+E、3990円(+税)はジーンズに見えますが、インディゴ(ジーンズで使われる青い染料)で染めたデニムスラックスです。

ポケットの比較

ジーンズとスラックスとの違いで一番わかりやすいのがポケットです。昨年ユニクロUで販売されたデニムジーンズ+と比較してみます。

写真は全て左がワイドフィットタックパンツ(インディゴ)+E(以下タックパンツ)、右がデニムジーンズ+(以下デニムジーンズ)です。

1つ目はサイドポケット。

2つともスラントポケット(斜め切りポケット)が入っていますが、デニムジーンズに比べてタックパンツは角度がありません。

そしてデニムジーンズの上の方にあるコインポケットがタックパンツにはありません。これによりタックパンツは装飾が減り、スッキリした印象になります。

スラントポケットは手が入れやすいように角度を決めているのですが、筆者の感覚だと角度がないタックパンツ(筆者実測で幅は15.5cm)のほうが手を入れやすいです。ポケットのサイズは長財布を入れても余裕があります。

2つ目は、バックポケット。

デニムジーンズはデニム生地を新たに追加してポケットを作っていますが、タックパンツは内側にポケット(筆者実測で幅14cm、縦14cm)があり、長財布は入りませんがスマートフォンは入れることができます。

こうすることでサイドポケットと同じくスッキリした印象になります。ちなみに、このバックポケットにはしつけ糸があります。

特に何も説明がなく、筆者は最初手が入らないので飾りのポケットかと誤解をしてしまいました。ご購入の際はしつけ糸を取るようにしてください。

ゆったりしたフィット感

触り心地は柔らかく、履いた感じはワイドフィットの名の通り非常にゆったりしています。筆者は175cm、体重68kgで普段ウエスト79~82cmのパンツを購入しますが、82cmを試着した際大きすぎて、シルエットが崩れてしまったので79cmを購入しました。

ウエスト部分はテング(ファスナーの内側にあるボタン)があるので、しっかりとフィットしていますが、腰周りから下は余裕があるので、座ったりしゃがんだりジャンプしても問題ありません。


(黒ボタンの横にあるのがテング)

そんなに余裕があるのに、太く見えないのはダブルプリーツの効果です。プリーツとは写真の縦の折り目のような部分をいいます。


(左右に2本ずつあるダブルプリーツ)

腰回りがゆったりするように布を多く使っているのですが、プリーツが2つあることで横幅がスリムになり、綺麗なシルエットになります。

ボタンは装飾性を抑えるため黒が使用されています。

ただし、プラスチックのため安っぽく感じてしまうのが残念な所です。

アンクル丈の効果

履いてみるとくるぶしよりも少し上の位置になり、スニーカーであれば靴下が必ず見えるアンクル丈になっています。


https://goo.gl/WyYSxH

裾幅は筆者実測で19cmあり細くはありませんが、足の中で最も細い足首が見えることで足元がスッキリし、全体のシルエットが綺麗に見えます。洗濯はネットに入れて洗濯機で洗うことが出来ますので、簡単に家でケアすることができます。

ただし日陰の吊り干しが必要ですのでご注意ください。

試着は必須

ジーンズのように見えますが、細部がスラックスというこのアイテムはコーディネートの幅を広げてくれるので、とても満足しているアイテムです。

サイズ展開は73、76、79、82、85、88、91(88と91はオンラインのみ)となっております。少しのサイズの違いでシルエットが崩れてしまうので、ぜひ試着してみて最適なサイズを選んでください。

ユニクロユー2018春夏まとめはこちらから↓

【2018春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【36選】

2018.06.05

メンズオススメデニムまとめはこちらから↓

[23選]メンズのおすすめデニムパンツを一挙レビュー!スキニーからテーパードまで幅広く紹介!

2018.11.17

「【メンズ】ユニクロUで一歩先のオシャレを!おすすめコーデ!」はこちらから↓

【43選】ユニクロUを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.02.08