2018年秋冬ユニクロUのウールVネックセーターは大人っぽさとトレンド感が両立したアイテム!

「ユニクロU」2018年秋冬コレクションの中から、大人が押さえておくに値するセーターをご紹介します。セーターは冬のコーディネートに欠かせないアイテム。しかし、ともすればその“温もり”のある印象が「休日のパパ」っぽさを強調してしまい、スタイリッシュな印象を損ねてしまいかねない点で、オシャレからは、実は難しいアイテムとも言えます。今回ご紹介するセーターは大人っぽさとトレンド感が両立しており、価格的にもマストバイの逸品です。

ベーシックな中にもバランス感覚の光るデザイン

このセーターは、商品名の通り「Vネック」。平置きした状態で見ると、かなり独特のデザインになっているように思われるかもしれませんが、実際に袖を通してみれば、首回りは至って普通の見え方になるのでご安心ください。

ユニクロのレギュラーカラーのシャツと合わせると、Vの谷間が第1ボタンと第2ボタンの間あたりに来ます。つまり、特に浅くも深くもない、程よいサイズ感。ネックの部分がリブになっているので、インナーのシャツの襟をキュッと締めて、首元に適度な秩序をもたらしてくれます。

筆者は身長178cm、体重64kg。シャツはMサイズを、このセーターはLサイズを選んでいます。

肩は少し位置が落ちている、いわゆる“ドロップショルダー”になっていて、リラックス感のある作り。ウール素材で単色のセーターともなると、ともすれば古めかしい印象になりかねないところを、こうしたデザインの妙でトレンド感を付加しているあたり、さすがのバランス感覚と言えます。

裾はリブになっています。サイドスリットはありません。保温性という機能面においては“正しいデザイン”と言えますが、オシャレの見地からは注意を要します。このリブ、締め付けが厳しい、というほどではありませんが、うっかり“伸び”などすると腹回りに生地が溜まってしまうため、裾の見え方は時々確認した方が良さそうです。

体型を巧妙に隠してくれる美麗なシルエット

先述の通りドロップショルダーになっていることに加え、身幅がかなりゆったりと作られているこのセーター。Lサイズの身幅の寸法は56.5cm。これはユニクロで人気の定番商品「エクストラファインメリノVネックセーター」のXLサイズ(56cm)よりもなお大きいほどなのです。

しかし、ともすればルーズな印象を喚起するような、いわゆる「オーバーサイズ」な印象にはなっていません。それはこのセーターの身丈がLサイズで65.5cmと必ずしも長いわけではないことに加え、裾のリブが厳しくないとはいえ、体に寄り添う程度には締める役割を果たしているからです。

そんなわけで、このゆったりした作りであるがゆえに、上半身が筆者のように細身であっても、逆に若干ふくよかな方でも、その体型をうまくごまかすことができる作りになっています。ニットならではの伸縮性により、やせていても太っていても、見え方としては似たような印象になるのです。

アームホールも実のところやや太め。特に身幅が大きく作られていることもあり、腕の付け根あたりは相当に余裕のある作りです。

しかし生地にゆとりがあり、かつ重みがあるためか、先端に向けてストンと生地が落ちる作りになっているため、野暮ったいごわつき感などは皆無です。

また、先端の袖口のところはきちんとリブがきいており、ストレスを感じない程度に締まります。そのため、ここでもルーズな印象にはならずに済んでいるのです。

ただし、身幅が大きく作られているということで、腕を伸ばすと脇あたりの生地が伸びて不格好な印象になります。伸縮性の高いセーターなので、体を動かすことで突っ張るようなストレスは感じられませんが、アクティブな動き方を前提としたデザインにはなっていないようです。

表情のある生地は毛玉に注意

ウール製ということで、機能面で言えばかなりセーターということで、どちらかと言えば薄手ではありますが、程よい保温性の期待できる作りです。雪国での使用には甚だ心もとないですが、東京都内であれば重ね着次第で十分冬も越せそうです。

一方で、オシャレの観点からこのセーターの魅力について語るとすれば、ウール製の生地の微細な編み目がもたらす“上品な表情”が挙げられます。

ユニクロで人気の定番商品「エクストラファインメリノVネックセーター」のような繊維の細やかな生地ではありません。チクチクするほどではないですが、素肌に直に触れると、ちょっとした違和感はあります。しかし実際に着る際には、インナーにシャツやカットソーを入れてでしょうから、そこは特に問題ないと思われます。

むしろ問題があるとしたら、毛羽立ちや毛玉です。ウール製品は、総じて摩擦を避けるべきものですが、このセーターの生地は特に、摩擦に弱そうなことが想像に難くない作り。このセーターを着て直接リュックを背負う、といったことは避けた方が良いでしょう。

ケアに際してはクリーニング推奨。自宅での洗濯は手洗い含めて禁止となっています。試される場合は自己責任にてお願いします。

5色のラインナップの中でも色モノがオススメ


http://ur2.link/Mcu5

カラバリはユニクロ表記で「08 DARK GRAY」「09 BLACK」「28 DARK ORANGE」「35 BROWN」「68 BLUE」の5色。ベーシックなモノトーンカラーである「08 DARK GRAY」「09 BLACK」も“間違いない”選択ではあるのですが、このセーターの真価を楽しむのであれば、筆者としてはその他の3色をオススメしたいところです。

筆者が選んだ「28 DARK ORANGE」は、オレンジと言うよりは“黒混じりのくすんだ赤”とでも言うべき色味です。そのため黒スラックスと合わせても違和感なくなじみそうです。同様に「35 BROWN」も、ブラウンと言うよりも“黒混じりのくすんだマスタード”と言う方がしっくりきそうな良い色。そして「68 BLUE」は実に上品な発色で、万人に支持されそうな仕上がりです。

価格は定価で3990円(+税)のところが、2018年10月25日現在、値下げで2990円(+税)となっています。このクオリティのセーターにしては格安と言うほかありません。多色買いする価値アリです。

ユニクロユー2018秋冬まとめはこちらから↓

【2018秋冬】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【28選】

2018.12.01

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【104選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.12.06

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【42選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
EQ03

この記事を書いた人

EQ03

身長178cm 体重64kg 靴27.0cm

洋服を“食”と共に、「コミュニケーションを最適化するためのツール」と位置付けています。物産展マニア。国内外を問わず、地域・人に根差した物語性のあるモノ・コトに惹かれます。コーディネートはワイルドよりもきれいめを。