深みのある色合いが格好良いユニクロのヴィンテージレギュラーフィットチノ

トレンドは「脱地味・脱ノームコア」

すっかり秋の訪れを感じるこの頃ですね。 ファッションが好きな人にとっては、重ね着はもちろん夏に比べて使えるアイテムが増えるということでワクワクしている人も多いかと思います。

今季のトレンド(流行り)はレザーの復刻やテーラードスタイルだったり、悪趣味を意味するタッキートレンドやオタクっぽい着こなしのギークなど、洋服初心者からするとわけわからないぐらい多くありますね。

筆者もトレンドとかはあまりこだわって気にしたりとかはしないんですが、気になるアイテムは自然とトレンド要素を持ったものがあるということが少なくありません。ファッションに興味を持っていると、自然と自分の気分がファッション界のトレンドと合致していくような気がします。

ファッション本作家でありファッションアドバイザーのMBさんのブログでも同じようなことを書かれてますね。http://www.neqwsnet-japan.info/?p=6666

まぁ小難しいことは考えずに今季のトレンドを一言で表すと、「脱地味・脱ノームコア」ということになります。そして、秋冬シーズンで僕が気になったアイテムはチノパンです。

黒系のスキ二ーやスラックスはもちろんデニムなども結構持っているのですが、秋冬に向けて黒系のトップスやアウターが増えていくことを考えて色味のあるパンツが欲しくなったのです。

全身黒のスタイルでもスタイリッシュでかっこいいのですが、脱地味というところを考えると色味があるのはもちろん、シワ感のあるカジュアルなチノパンに心惹かれてしまいました。

ただ、ジーンズに次いでカジュアルパンツの代表ともいえるチノパンですが、どうにも大学生感やおじさま感があって手を出していなかったアイテムになります。そんなチノパン食わず嫌いの僕でも、抵抗感なく履ける良品がユニクロにありました。

ユニクロ/ヴィンテージフィットレギュラーチノ 2990円(+税)

https://goo.gl/Sm2ZYD

このチノパンのどこに惚れたのか、詳しく説明したいと思います。

深みのあるオリーブカラーがミリタリーライクでかっこいい

まず、僕がチノパンに対してネガティブなイメージを持ってしまう要因のひとつに、チープな発色をしているチノパンが多いというところになります。 特に薄めのベージュ系のチノパンはこの上なくおしゃれに見せるのが難しいのではないかと思います。

なにせ、老若男女幅広い世代で愛用されているで、クロックスやユニクロのフリースぐらいおしゃれに見せにくいものになるはずです。

そういうわけで、色味については厳しい判断が必要となるのですが、ユニクロのヴィンテージレギュラーフィットチノについては安っぽい感じは一切なく深みのある大人っぽい色合いになっています。

特にいいと思ったのが、オリーブカラー。ミリタリーライクな表情で武骨さを感じる男らしい色合いがとてもいいです。

ミリタリーパンツと言えばカーゴパンツをまっさきに思い浮かべるのですが、カーゴパンツ特有のひざ下のポケットなどは付いていないスタンダードな5ポケットデザインなので、よりミニマルでシンプルなデザインになっています。

シンプルと言ってもコットン生地によるシワ感が強く出ますので、地味な印象も少なくごてごてしたミリタリーよりもすっきりとした印象がありちょうどいいバランスだと感じます。

素材についてはクラボウ社のウエポン素材(コットン100%)が使われています。ウエポン素材といってもなんのこっちゃかわかりませんが、ネットで調べてみると通常のチノクロス素材よりも肉厚でがっしりしたタフな生地のようです。

素材に関してはいいものであれば無条件で素晴らしいというわけではありませんし詳しいということもないんですが、こちらのチノパンは見た目以上に肌触りがしっとり(?)していてやわらかい履き心地になっています。

表面をよく見るとわずかに起毛感があり艶も出ています。履き込んでいくほどシワとともに、美しい陰影がついていくと思うと育てていく楽しみがありますね。

サイズ感はあえてワンサイズアップでゆるめをチョイス

身長178cm、体重64kgでウエストは79cmがジャストサイズですが、こちらはウエスト82cmのワンサイズアップでちょっとゆるめのサイズ感で履いています。コットン100%でストレッチ性もありませんので、ベルトが無いとずり落ちてしまう感じですね。

あえてワンサイズアップで履いてる理由としては、商品名にもついてるようにヴィンテージ感というところを意識してちょっと太めでクラシックなシルエットで履きたい気分になったからです。

裾丈については、ロールアップで履くことを想定してワンクッションになる長さでお直しをしました。 ロールアップなしの場合は、ゆるめのサイズ感とクッションがあることで下半身にボリュームが出てAラインシルエットも作りやすくなっています。

着こなし方は上下をドレスアイテムで挟んで大人っぽさを出そう

アイテム単体で見ると非常にコスパがよく、老舗メーカークラボウ社の素材を使用されているということでヴィンテージライクな説得力のある良品になりますが、コーディネートを組む際には少し注意が必要です。

デザインはカジュアルの代表であるチノパンに、シルエットはゆるめで色も入っているので、ドレス要素のないカジュアルなアイテムになります。とりあえずパーカーなどを羽織ったりカラフルなスニーカーなどを履いてしまうと、カジュアル感が強まってしまいおしゃれに見せにくくなってしまいます。

簡単にかっこよく着こなしたいのであれば、トップスと靴をドレス要素の強い大人っぽいアイテムにして挟んであげることで垢ぬけて見えるようになるのでおすすめです。

こちらは白シャツにレザーシューズをあわせていることで、大人っぽく見えるのはもちろんなんですが、オリーブカラーのチノパンを履いていることで地味過ぎにならないバランスになっています。

このスタイルに黒スキ二ーを履いてもシンプルなモノトーンでかっこいいのですが、どうしても地味な印象が出てしまいます。ベーシックなアイテムが十分にそろっているなら、色やシルエットに遊びのあるアイテムを追加するだけで着こなしの幅が広がりますね。

寒さが増してきたら、ニットやコートとかにもあわせてみてもかっこいいなと妄想してしまいます。

例えば、黒のステンカラーコートを着てみても上下黒じゃないだけで地味な印象がなくて古着ライクでかっこよくなります。真冬や真夏については厳しいかもしれませんが、コットン100%で厚すぎず薄すぎないちょうどいい生地感ですので、基本的にはオールシーズン履いても問題ないですね。

ヴィンテージレギュラーフィットチノについては、ユニクロが毎週行っている期間限定価格商品で1000円引きされていることも多くありますので、黒スキ二ーやスラックスは持っているしデニム以外のカジュアルパンツが気になる、という方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

ユニクロ2017秋冬まとめはこちら↓

【11/16更新】2017秋冬ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【全14点】

2017.11.16
よっこん

この記事を書いた人

よっこん

身長178cm 体重63kg 靴28.5cm

三度の飯より、服が好き、よっこんです。ユニクロ・guなどのファストファッションをメインに、シンプル&スタイリッシュな着こなしが大好物な26歳。 最近は古着の世界を知り、個性を出したコーデにも徐々に興味が出ている。