ユニクロのウエストバッグは使いやすいトレンドアイテム!

ウエストバッグやウエストポーチ(ベルトバッグ)と聞くと、どういうイメージが浮かぶでしょうか? ひと昔前のアイテムやおじさん世代の機能性重視のバッグなど……オシャレとは無縁のモノを思い浮かべる方も多いと思います。しかし2018年の現在、ウエストバッグは春夏のトレンドアイテム。

昨年くらいからサコッシュがトレンドとなり、ユニクロではユニクロUなどのラインナップで取り入れられており、記憶に残っている人も多いでしょう。ただ、流行のネオンカラーであったり収納量が少なかったりと、普段使いはなかなか難しいアイテムでした。

しかし今回、登場したウエストバッグは、トレンドを追いつつも日常使いができるアイテム。機能性や使い勝手などを紹介していきます。

素材感と撥水性能


(ファスナーの金具も同系色/細かな配慮が見て取れる)

素材は、 本体は綿75%、ナイロン25%、メッシュ部分はポリエステル100%、裏地も同様にポリエステル100% 。商品説明を見ると本体の素材は、耐久性の高い『コットンナイロン素材』。触ってみるとわかりますが、化繊100%の一般的なナイロン素材よりも若干優しい手触りです。

また綿素材100%というわけではないので、適度にハリ感があります。この質感によってシワが出来にくくなっていて、中身がない状態でもペタンとせず、バッグ本来のシルエットが保たれます。

そこはそんな重要?と思うかもしれませんが、ウエストバッグ自体がカジュアル寄りなアイテム。シワができたり、シルエットが崩れたりするとヤボったさがでてしまいます。しかし、このアイテムはそうはなりません。ハリのある素材感とシンプル・ミニマルなデザインによって、コーディネートを問わず、合わせやすいアイテムに仕上がっています。

またこちらの素材は撥水加工が施されています。適度にあるツヤ感はおそらくそれによるものでしょう。これもカジュアルになりすぎないような素材感に一役買っています。


(数十秒程度置いておいたが生地に染み込むこともなかった)

なお撥水性能ですが、ためしに水を垂らしたところ、浸水せず、ダマになりました。ある程度の雨にも耐えられるようで、このあたりの基本性能の高さはさすがユニクロ。ただ少々気になったのは、少しチリやほこりが付きやすい様子。ツヤのある素材だから目立つのかもしれませんが、気になったら粘着テープなどで手入れをした方がいいでしょう。

2Way仕様と収納量


(メインベルトは外すことはできないが裏のメッシュ部に収納可能/またメインベルトは掛けたまま伸縮ができて利便性が高い)

このウエストバッグはメインとなるベルトのほか、細身のストラップが付属しています。ストラップを利用することで、片方肩掛けのショルダーバッグとしても利用可能。バッグの裏面にメッシュが付いており、ストラップを使用する場合は、メインのベルトをメッシュの隙間に収納できるようになっています。

『2WAY』仕様との記載ですが使い方としては、ウエストバッグなので腰に着装はもちろん、斜め掛けのショルダー、そして片側だけのワンショルダーと3WAY的に使用できます。

大きさは横29×縦17×幅5cm(ウエストベルト長さ27.5~94cm,ショルダーベルト長さ67~127cm)。側面にZIPが2つ付いており、それぞれの口で収納部も仕切られています。夏場のペットボトルなどは結露して、ノートや本などと一緒にいれたくないもの。整理のしやすさのほか、普段使いの利便性にも細かく配慮されているのがわかります。


(写真は10.5inchのiPad-proは、残念ながら入らない)

サイズ的にA4サイズは不可。10inch程度のiPadなどは無理ですが、iPad-miniくらいの7-8inchのタブレット端末なら入るサイズ感じ。書籍に財布にスマホ、あとはペットボトルくらいと、最低限の荷物は収納できるでしょう。


(手帳に本にペットボトル程度の収納は可能)

ベーシックで使いやすいカラー展開

カラー展開はブラック、レッド、ベージュ、オリーブ、ネイビーの5色。どれも彩度は低めで、落ち着いた色調です。ビビッドな色を求める方には物足りないかもしれませんが、定番の色使いとしては十分でしょう。ノームコアのファッションが落ち着き、脱地味へとトレンドは向かっています。しかしガラっとかわるものではありませんし、人の気持ち的にも切り替えるのが難しいもの。

ノームコアなコーディネートへのプラスアルファとして、小柄なバッグ類は使いやすく手の出しやすいアイテムです。すでにUNIQLO-Uなどでサコッシュをだしているユニクロです。今回、インラインにウエストバッグを持ってきたのも、トレンドを意識していないわけではないでしょう。ただ、流行を追うだけでアイテムを買うのはなかなか気が引けて、疲れてしまいます。

けれども、本アイテムは、キッチリとした収納性とミニマルなデザインもあり、一時で終わらないベーシックさが見て取れます。流行を押さえつつ、LIFE WEAR(ライフウェア)としての視点も忘れていない、ユニクロらしい良品。価格は1990円(+税)はお手頃で、オススメです。

おすすめバッグのまとめはこちらから↓

【69選】メンズおすすめバッグ「買って、使って」レビュー!【2018】

2018.10.06

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【87選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.10.13

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【42選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
Nazy

この記事を書いた人

Nazy

身長170cm 体重65kg 靴26-26.5cm(コンバース・オールスターは26.5cm)

アラサーからアラフォーになりつつある、シンプル&ベーシック好き。 「地味過ぎず」「行き過ぎない」でどう差別化するのかを楽しく模索中。 人見知りの人好き。根はインドア。ファッションを好きになり、ちょっとアクティブになれたことに感謝している。