ユニクロのウォッシャブルサマーニットを実際に洗濯してみた結果!

Tシャツばかり着てそのたびに洗濯していると、すぐに色落ちして首元が緩んでしまったり、変なシワが寄ってアイロンをかけることになったり、意外と手間がかかることがあります。そして、新しい一枚を買ってみたものの、コーディネ―トが単調になり、また次の一枚が買いたくなり、小さな出費が重なってしまう。

筆者にとって夏といえば、この繰り返しでした。そんな繰り返しから抜けだすきっかけになったアイテムがサマーニットです。とくにユニクロのウォッシャブルクルーネックセーター(半袖)が優秀。完璧!ではないけれど十分なコスパを誇る逸品だと実感しました。

夏にニットってどうなの?

まずニットと聞いて疑問に思うでしょう。「暑い」「洗えない」素材なのになぜわざわざ夏に着るのか。また、「相当なオシャレ人」じゃないと着こなせないんじゃないか、「凡人」の自分が着たら悪目立ちしてしまのではないかと思われる方もいるでしょう。

しかし、実際に着用してみると、普通にTシャツ感覚で着られます。むしろTシャツよりもスッキリしたシルエットなので、カジュアル感が薄れて上品に見えます。これが非常にいい具合です。また、袖が長めで上腕がすっぽり隠れるため、細すぎる、ムキムキすぎるという方にはなおさらオススメです。

暑くないの?薄くて透けない?

暑さについてですがですがこれも心配なし。素材は綿85%、ナイロン15%の混紡なので、実感としてTシャツとほとんど変わりません。ただし高機能素材のTシャツと比べると劣ります。汗を吸うわけではありません。そこまでの機能性を求めてはいけません。

生地自体は薄いのですが、少なくともグレーなら透けません。そこそこ目が詰まっているためでしょう。上の画像は下着としてタンクトップを着用しています。もっとも透けやすい白です。若干肩に浮き出る程度で透けてはいません。

(裾のリブ上に下着の裾がタプンと溜まってしまいみっともないですね)

ただ一点。ニットの下には下着を着ると思います。暑いですが下着はパンツインしてください。そうでないと次の画像のようにお腹ポッコリしてしまいます。

本当に洗えるの?

ニットは洗えないもの、いくら「ウォッシャブルといっても、ねえ」と筆者は思っていました。この記事の画像はすべて洗濯ネットに入れて普通の洗濯モードで3回、洗濯した後です。洗剤もよく見かける部屋干し系の何とかです。しかも平干しではなく、太めのハンガーに吊っていました。

首回り、特にリブの波打ちは気になりません。

裾、トップ画ではすこし波打っていましたが、着てみるとテンションがかかるためか、まったく波打ちません。

肩、ハンガーの「ポッコリ」跡はありません。若干の凹凸は下のタンクトップと鎖骨です。さらに特記したいのはシワです。Tシャツ、シャツは洗濯するとどうしても洗濯ジワが寄りますが、このニットにはそれがありません。洗濯ネットに入れていたこともありますが、洗濯してもほとんど劣化を感じさせませんでした。

高いんじゃないの?

価格はセールで500円(+税)、私が買った時もセールで1200円くらいでした。ユニクロ、恐ろしや……。この先10回洗濯してダメになってもこの価格なら満足です。色は2018年SSでホワイト、グレー、ブラック、オリーブ。XSから4XL展開です。筆者は身長175㎝、60kgでLサイズを選びました。

ネットでは在庫切れですが、まだ店頭にあると思います。店に寄る機会がありましたら探してみて下さい。来年もきっと販売するはず。また買います!

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【81選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.09.24

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【42選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16