ユニルメロングパンツの丈を切ってショートパンツに!?シアサッカーセットアップをレビュー

春夏のおしゃれは難しいですね。ついついTシャツやショーツに手が伸びてしまいがちだと思います。しかし、ディナーデートなんかにそんな格好では頼りないもの。大人っぽさをキープしたいですよね。

そんな際に簡単に思いつくのがロングスリーブシャツの袖をまくるスタイル。しかし、そこそこおしゃれに気を使っている人の間ではよく見かけるもの。

頭一つ飛び抜けたおしゃれがしたい! そんな願いを叶えるのが“ジャケットショーツのセットアップ”です。

街を歩いていてそんな着こなしの人を1日に何人見かけるでしょうか? それぐらい差別化できる飛び抜けておしゃれな着こなしです。そこで本稿では、春夏の飛び抜けたおしゃれを最高のコスパで実現する大人のジャケットショーツセットアップを「ユニクロルメール」より紹介します。

ドレス感と脱地味のバランスに優れ夏でも快適な素材、細部へのこだわり

ユニクロルメールのコラボはエルメスのアーティスティックディレクターを務めていたデザイナーがユニクロとコラボしたラインです。エルメスのアーティスティックディレクターとは言わばデザイナーとして世界のトップです。しかし、ユニクロルメールは2016年の春夏を最後に惜しまれつつ終わってしまい、その後はユニクロUというラインが代わりに立ち上がりました。

ユニクロUはルメール氏とのコラボという形ではありません。あくまでルメール氏はデザインチームを率いるリーダー的な役割を務めるにとどまっています。その為、ルメール氏のテンションも少し低いようで、ユニクロルメールコラボと比較すると若干クオリティは低いです(その分価格も抑えられています)。

要するにユニクロルメールコラボは世界でトップのデザインがユニクロの洗練された生産背景により最高の品質とコスパで手に入る、ユニクロ史上最高のコラボラインだった訳です。

今回紹介するアイテムはシアサッカージャケットとシアサッカーイージーパンツです。商品名のシアサッカーとは素材の名前です。春夏によく用いられる素材で綿100%ですが、生地に凹凸がある為に肌と触れる面積が小さく涼しさを感じさせてくれます。

同じ綿100%のジーンズなどと比べればその涼しさは段違い。見た目におけるこの生地の特徴は、何と言ってもこの凹凸の表情により無地でも地味さが緩和されている点です。これは無地のスーツ地と比較すると雲泥の差です。

これからのトレンドはシンプルなノームコアから徐々に装飾がある派手なコーディネートに移り変わっています。かと言って派手すぎてもいけないのが難しいところ。そんなトレンドにもピタリとはまるのがシアサッカーという素材なのです。

見た目には関係ないところですが、ユニクロルメールは作りが本当に丁寧。見えないところにも決して手を抜きません。パンツの生地の縫い合わせは生地のほつれを防ぐ為にパイピングの処理が。ロールアップした際には高級感をもたらします。

内ポケットもしっかり2つ備えており抜かりありません

体を綺麗に見せ、ドレス感のバランスをとるための意匠が随所に込められたデザイン

ジャケットはすっきりしたシルエット。重要ポイントである着丈も長すぎないため細みでスマートな上半身が作れます。

襟は小さいので違和感無しに立たせることが可能。襟を立たせることにより、顔周りに布地が存在するため小顔効果が生まれます。

パンツはウエストがゴム仕様なのでコーディネートに合わせて腰位置の調整が可能。タックを入れてゆったりしたシルエットを実現しています。広めの裾幅で脚は細く綺麗な印象に。股下は短めなので脚を長く見せられます。

ドレス感を程よく抑えたデザインもこのセットアップの特徴。ゴージライン(上襟と下襟が接している部分)の低さ、叩きつけのポケット。これらは全てカジュアルな印象を加えることに役立っています。

叩きつけのポケットはカジュアル感だけでなく脱地味にも一役買っています。こうしてドレスすぎないバランスとすることで、他のアイテムでバランスを調整せずに成り立つ使いやすさを実現しています。

でもショーツの展開がないよね? だったら切ればいいんです

そうなんです。ここまで紹介しておきながら実はこのセットアップはロングパンツしか展開してないんです。

こんなパターンはよくあるもの。ならば切ってショーツ丈にしちゃえばいいじゃん! 勘の良い方はそう思うでしょう。

しかし、ロングパンツをショーツ丈にするとどうしても裾幅が狭すぎるショーツとなってしまい、パツパツの短パンを履いた小学生のような印象に。ここでユニクロの幅広いサイズ展開が役立ちます。

私は171cm、68kgですが、ロングパンツのままで履くならジャケット、パンツ共にSサイズがベストです。しかし、ショーツにしたものは2サイズ上げてLサイズにしました。これなら裾幅が狭すぎることもなく完璧なサイズ感でした。

ユニクロは4XLまでサイズ展開がありますので、多くの方がこの方法を使えるでしょう。もちろん他のモデルでも使えますので、この方法を覚えておくとバリエーションがぐっと広がりますのでおすすめです。

お直し料金は私が利用したお直し屋さんでは通常の裾上げと同じ800円(+税)でした。しかも、ユニクロで出来ないお直しをする場合、ネット、店頭共に提携お直し業者の10%割引券が貰えるので更に安くなります。ちなみにユニクロ店頭でお直しが出来なかった理由はパイピングがあるためとの事でした。

サイズ選びはコツが必要

私の場合、サイズはジャケットがSサイズでショーツがLサイズでしたが、普段ユニクロではMサイズかLサイズが多いです。セットアップに関しては、おじさまの需要も考え大きめの作りにしてあることがあるのです。いつもMサイズだからといって安易に同じMサイズにせずに寸法をしっかり確認してお選び下さい。

特にショーツにする際の裾幅がいくつになるかは裾上げ前のワタリ幅、裾幅、股下から想定する必要があります。お手持ちのショーツなどを参考にするとわかりやすいでしょう。

股下は短ければ脚長に見えますが、短すぎるとゲイっぽいので膝の皿から10cmほど上にショーツの裾が来るようにしてみて下さい。もう一つ注意して欲しいのは、ポケットの袋が裾からはみ出ない長さにする事。これらに気をつければ綺麗なショーツに仕上がります。

ちなみに今回紹介したセットアップは、ジャケットが8990円(+税)、パンツが3990円(+税)。この価格帯では断トツのコスパです。セレクトショップのオリジナルや下手なブランドのものよりも優れているこのセットアップ。私はストック分も購入しました。ユニクロでの販売は終了しているため、ヤフオクやメルカリなどで探してみて下さい。

最高のコスパで飛び抜けたお洒落を

夏こそ周りに差をつける飛び抜けたお洒落をジャケットショーツセットアップで実現しましょう。ユニクロルメールなら最高のコスパで最上のものが手に入ります。しかも、ショーツへカスタムすることでユニ被りまで防げる。これならやらない理由はありませんよね。是非、挑戦してみてください。

アイーダ

この記事を書いた人

アイーダ

171cm/68kg 靴のサイズ26.5cm 34歳

ファッションにおいては常に女性を引き立てる事を心掛ける。エレガントでありながらも色気を感じさせる着こなしが好み。