ユナイテッドトウキョウのギザコットンサドルモックネックは春にゲットすべき一枚

春が近づき暖かくなってくると、カットソー選びに迷う方も多いでしょう。首元の高いタートルネックやニット素材でドレスライクにバランスを整えたいものの、これらは少し暑苦しいので、選択肢から外しておきたい。そこで筆者は、首元の寂しさをカバーしながら、ドレスライクでツヤのある素材であることを条件に選んだ一枚が、ユナイテッドトウキョウのギザコットンサドルモックネックでした。ベーシックなアイテムですが春、秋、冬と3シーズンをインナーとして使える優れ物です。

ギザコットンとは?

ギザコットンはスーピマ、新疆綿と並び世界三大綿のひとつ。これらはいずれも光沢、ツヤが強くキメが細かいのが特長となっています。非常に細く長い繊維で生地を作ります。ギザコットンは、植物性の油脂が適度に含まれているので、生地にはとろみがでます。

筆者の個人的な意見ですが、ユニクロのスーピマコットンに比べ、スーピマコットンは「繊細」ギザコットンは「やさしい、しなやか」といった風合いの違いがあると感じています。この商品もツヤがたっぷりあり、暖かい時期にはニットの代わりとして使えそうなほどです。生地の厚みもしっかりしています。洗っても毛羽立ちやシワがあまりつきません。ちょっとしたイージーケアといっていいでしょう。

各パーツごとの特徴

襟は商品名の通りやや高めのモックネック。Tシャツでありながら、通常のクルーネックと比べドレスライクな印象になります。襟は、ボディに比べ非常に柔らかい素材になっていて、首にしっかりフィットしながらも締め付けが少ないです。

袖の付け方はラグランスリーブ。これにより肩と素材の継ぎ目がポコっとなりません。肩線がきれいな曲線を描くような形になっています。裾の部分にはサイドスリットが入っていて、幅は標準的なものですが、裾が前後に広がることで体のラインがですぎることを防いでくれます。シンプルながらもとても考えられたデザインであることがわかります。

シルエットとサイズ感

シルエットはややゆったりめのシルエット。筆者は身長175cm、体重62kgの普通体型でサイズ3 。Lサイズ相当を着用しています。ワンサイズ下でもよかったのですが、筆者は仕事柄1枚で着ることが多かったため、リラックス感が強調される3サイズを選びました。

インナー使いがメインであれば2でもいいと思います。ハイクオリティ、スタンダードのアイテムだけに使い方次第でいろんな着こなしに対応出来るでしょう。

気になるカラー展開

色展開はホワイト、ブラックの定番色と落ち着いたトーンのグリーン、キャメルがあります。定番色の方はネットではすでにサイズ欠けや完売がでているようです。まだこれからの季節も活躍できるアイテム。気になる方はお早めに。定価は7344円(税込)

メンズカットソーまとめはこちらから↓

【2019】無地から袖ボーダーまで。メンズのカットソーおすすめ43点をレビュー! 

2019.04.18
ヴォーノ

この記事を書いた人

ヴォーノ

身長175cm 体重63kg 靴28cm

シンプルな服装が好き。脱地味を目指して日々奮闘中。プチプライスアイテムが多めです。美容師やってます。