高コスパでユナイテッドトウキョウに適うものなし。マルチストレッチサイドゴムスラックスをレビュー

Tシャツに適当に合わせるだけでも、簡単にコーディネートを格上げしてくれるスラックス。とても便利なアイテムですが、ドレスアイテムなだけに、扱いが難しいところがあります。

「とにかく楽なパンツをはきたい……」「すぐシワになるから使いにくい……」、そんなスラックス初心者の方も、もちろん普段からスラックスを愛用されている方にも、オススメできるのが、UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ)の「マルチストレッチサイドゴムスラックス」です。

とにかくはき心地が楽なスラックス

 

 こちらがユナイテッドトウキョウのスラックス。見た目は普通のスラックスですが……。これが履いてみてびっくり。めちゃくちゃはき心地がいいのです。

その最大の理由は、ズバリ生地。縦にも横にも伸びる、マルチストレッチ素材が使用されています。

ジワっとした上品な艶がある生地ですが、これがよく伸びてくれるのです。シルエットに関しては、後で詳しく述べますが、わりと細みに作られています。しかし、この生地のおかげで一切ストレスを感じないんですよね。

「普段スラックスはかないから、どうもはき慣れない……」「スポーツをやっていて、ふくろはぎが張ってるから、細みのパンツがはけない……」という方にもピッタリ。椅子に座って股を開いたときも、グッとの伸びてくれますし、裾幅もけっこう細いですが、ふくろはぎが張ってる感じもありません。

もちろん、はき心地が良いだけではありません。とにかく楽にはけるようしようと思うと、本来のスラックスから遠ざかり、全く別物になってしまいがち。ですが、これはしっかりとスラックスのドレス感を保ちつつ、はき心地が良くなるように工夫されています。

生地に関していえば、ポリエステル65%、レーヨン33%、ポリウレタン2%の、いわゆるT/R素材ですが、スラックスに必要な「艶感」がちゃんとあります。ウール生地のようには見えませんが、決して安っぽくなく、上質な生地だということは一目で分かります。

また、手入れがしやすかったり、シワになりづらいのもT/R素材の魅力。確かに、ウール100%のスラックスであれば、はくたびにブラシでしっかりとケアしてあげないといけませんし、丁寧に扱わないとすぐに生地がテカってしまう。扱いが難しいのも事実。

ですが、「手入れが面倒だし、スラックスなんかはいてられるか!」「毎回アイロンをかけるのが面倒」という方も、これならそこまで気を使わなくて大丈夫です。もちろん、さすがにジーンズと同じくらい雑には扱えませんし、はいているうちにセンタークリースが消えてくるので、たまにはアイロンがけも必要でしょう。それでも、ウール素材の本来のスラックスに比べると、扱いはかなり楽です。

ちなみに、洗濯表示では水洗い出来ません。なので、クリーニング推奨ですが、個人的には、丁寧に手洗いすればあまり問題ないんじゃないかな……と思ってます。もちろん保証は出来ないので、自信のない方以外は止めておきましょう。

シルエットは腰回りゆったりテーパード

シルエットは、裾に向かうほど細くなっていくテーパード型。スキニーパンツのように全体的に細いわけではなく、ウエスト周りには余裕があるので、ウエストや太ももが気になる方でもはくことができます。しかし、膝から下はきっちり細いので、ちゃんと細みの印象を与えてくれる便利なシルエット。

テーパードパンツ自体、腰回りには余裕があるものですが、これはかなりゆったりしていますね。太もも周りは太めに作られていて、よりテーパード感が強調されています。スタンダードな細みテーパードな形のパンツとは少し違う雰囲気の、腰回りゆったりテーパード。

写真で見るとちょっと面白いシルエットですが、股上も深くなく、全体的にはスッキリした印象のパンツになりますね。ワイドパンツというほどではありませんが、「今まで細みのパンツしかはいてこなかったけど、ほんの少しだけゆったりしたのもはきたい……」という方にもオススメ。

腰にはタックが左右に1本ずつ入っている、ワンタック仕様。トレンド感を感じられます。ウエストはゴムになっていて、ちょっとウエスト位置高めではくイメージです。

サイズ感は、私は身長175cm、体重65kgで普段パンツはMサイズをはくことがですが、このパンツもサイズは「2」でちょうど良かったです。「2」サイズだと寸法は、実寸でウエスト73cm、股上29cm、股下79cmでした。

ディテール

それでは、「マルチストレッチサイドゴムスラックス」の、ちょっと細かいところも見ていきましょう。

ボタンはプラスチック製ですが、プラスチック特有のテカテカした感じはなく、チープな印象はありません。光沢は抑えられており、少しくすんだ感じに見えるように加工されています。ボタンだけが浮いて見えるようなことはありません。

ウエストのゴムは、左右のサイドにそれぞれ入っています。締め付け具合も程よく、このサイドゴムも、快適なはき心地に一役買ってます。ベルトなしでも着用することができます。

裾幅は「2」サイズで16cmで、やはりなかなか細め。丈の長さはアンクル丈ですが、流行っている一般的なアンクル丈のパンツより気持ち少し長めですね。私だと、くるぶしがギリギリ見える程度。

良心的な価格設定

ストレスフリーなはき心地で、生地やシルエットも綺麗。にもかかわらず、価格はなんと8640円(税込)という、パンツにしてはかなりお手頃価格。ユナイテッドトウキョウはやはりコストパフォーマンスに優れた物が多いですね。普通のブランドであれば、12000円くらいは最低でもするでしょう。

「UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ)」は、「STUDIOUS(ステュディオス)」などを展開していることで有名な、TOKYO BASE(トウキョウ ベース)が展開しているブランド。ステュディオスと同じく原価率が高めで、かなり価格は抑えられているのが特徴。

ステュディオス同様に少しモード寄りのテイストですが、シンプルなデザインの物も多いので、万人受けしそうです。メイドインジャパンにこだわっていて、品質も全体的に高めですね。「このアイテムが、本当にこの価格なの……!?」となること間違いなしなので、まだご存知でない方はお店を覗いてみてください。

今回ご紹介した、「マルチストレッチサイドゴムスラックス」、非常に使いやすいアイテムで、また年間通して着用できるので、そういった意味でも非常に高コスパなアイテムになっています。是非チェックしてみてください。

Kouki

この記事を書いた人

Kouki

身長175cm 体重65kg 靴27.5cm

普通だけど、かっこいい。そんなスタイルを目指して模索中。服自体はもちろん、服を着て楽しいと思える瞬間が大好き。 ツイッターでファッションについてつぶやいています。

twitter