2019年ユニクロU春夏「ハイウエストツータックパンツ」はレディースアイテムだからこそのトレンドを取り入れよう

ファッション好きの間では毎回お祭り騒ぎになるコラボシリーズ。ユニクロにはないトレンド感があり、「ハイウエストツータックパンツ」は、「ワーク(作業着)」アイテムです。実はレディースですが、ワークパンツとしてデザインされているため、男性でも着こなし次第で着用が可能。万人にオススメできるアイテムではありませんが、ファッション好きであれば差別化には最適のアイテムになるでしょう。早速詳細を見ていきましょう。

「ワーク」トレンドを取り入れたデザイン

まず商品名にもある通りハイウエストなデザイン。普通に履いても腰の位置が上になります。シャツのように長いトップスを使えば隠れて見えないのですが、着丈の短いトップスや、タックインのような着こなしをするようなオシャレな方であれば、ハイウエストによる脚長効果はご理解いただけるはず。イメージが沸かない方も、試着の際是非ご確認ください。スタイルがよく見えることは、それだけでオシャレに見えるものなのです。

ツータック仕様で、腰にプリーツが2本入っていて、腰回りの可動に影響します。タックなし、ワンタックに比べて、格式高い印象。ともすればおっさんくささも伴いますが、逆にレディースアイテムながら男性的に見える要素でもあります。実際のワークパンツも、動きやすさを考慮して、タックとハイウエストで腰回りの余裕はたっぷりとってあります。

ベルトループには共生地のDリングベルトが付属しています。同色のベルトと言うだけで価値があります。悪目立ちせず、コーディネートの邪魔をしません。特に、黒以外の色のベルトは貴重です。

左右に大きめのポケットがあり、スマホは余裕で入る大きさです。

バックポケットは右側にしかありません。新品の状態ではしつけ糸がついているため、切って使いましょう

フロントの隠れホックは縦にふたつ並んでいます。股上に合わせてやや長めのジップフライで、フロント部分が比翼仕立てのためタックインした際余計な装飾がすべて隠れるのもポイントが高いです。ベルトで締め上げて着用しても、浮いて外れるようなことはありません。スラックスのように、内側にボタンもあります。

軽くて丈夫なキャンバス生地

綿100%使用。通販サイトの商品ページには「厚手」とありますが、全然そんなことはありません。デニム以上に軽やかな生地は、さらりとした肌触り。真冬以外、夏でも余裕で使えそうな厚みです。

実のところデザイン以上に、丈夫なコットンのキャンバス生地がワークパンツとしての表情を作っていると言えます。軽い素材感とは裏腹に、ストレッチも無く、しっかりとした耐久性の高いパンツです。

ワイドパンツはボリューム感あるシルエットのため、たっぷりと布を使うことになります。細身のパンツに比べて重量があり、素材によって歩いたときの纏わりつく感じも様々ですが、こちらは特にわずらわしさもありません。

しっかりとしたハリのある生地は、脚の形を拾わずどんな体型かわかりません。太っているのか痩せているのかわからなくなるため、体型を誤魔化すことが可能です。筆者の場合、ガリガリの細脚が隠せるため非常にありがたいです。

重みは無く軽い素材ですが、落ち感がイマイチ。ウールスラックスのようにストンと綺麗に落ちてくれず、生地がクシュっと裾に溜まりやすいです。そのため、裾上げやロールアップによって、裾をスッキリさせましょう。脚長に見えると共に、シワが出ないため野暮ったさもなくなります。

洗濯は、最初の1回のみ、手洗いしました。洗濯の際の水は、特に変な色がついているようなことも無かったため、色落ちは感じられず、現在は洗濯機に中性洗剤と柔軟剤を入れて他のものと一緒に洗っています。裏返して洗濯ネットには入れましょう。

(洗っても透明な水)

少々シワになりやすく、干す際にパンパンと伸ばすのがオススメです。またはスチームアイロンで簡単にシワが取れますよ。少々手間ですが、シワシワのまま着用は避けた方が無難でしょう。だらしない印象を与えます。また、洗濯後は生地が柔らかくなり、履き心地がよくなります。

気持ち大きめのサイズ選びがオススメ

58~76の7サイズ展開。このうち、73・76サイズはオンラインストア限定の取り扱いです。167㎝51㎏でかなり痩せ形の筆者は70サイズを選択しています。70サイズのそれぞれのサイズ寸法は、ヒップ105㎝、わたり幅39㎝、股上37㎝、裾幅29㎝、最長股下74㎝、股下補正範囲40~69㎝、ベルトの長さは97.5㎝。

付属のベルトを締めてウエスト位置を調節できる程度には余裕があります。64と67も試着していますが、着用時のシルエットは、サイズを下げた方が綺麗でした。しかし、腰回りが細くなることでポケットに手を入れにくく、使いにくさを感じます。カッコつけるためにも、ポケットに手を入れる所作がかっこ悪いのは望みません。

通販サイトのコメント欄を見てみると、小さめの作りとの意見が多いです。男性では人によっては苦しい可能性もあるためご注意ください。股上も、ハイウエストな関係上長くなっています。

ヒップは、筆者は普通体型の方に比べれば尻は小ぶりである可能性は高いです。それでもメンズアイテムと比較してもウエスト・股上がゆとりのあるサイジングのため、特に支障はありません。

裾幅は、ワイドパンツの印象を決定づける重要な箇所と言えるでしょう。細身のパンツばかりで慣れていないと最初は戸惑うかもしれません。中途半端な太さよりも、ドカッと太いほうが案外サマになりやすいです。是非慣れましょう。

恐らく裾上げが前提の作りで、かなり長めの丈です。男性よりも女性の方が脚が長く、ヒールの高い靴を履けばノークッションで裾上げする必要が無い方も中にはいるかもしれません。が、筆者はそんなに恵まれたモデル体型でもないため、現在の所は4回ほどロールアップして履いています。このくらいがちょうどクッションが出ずに最も長い丈で履ける長さとなっています。

春を感じるカラー展開


http://ur2.link/Mcvr

「09 BLACK」「34 BROWN」「35 BROWN」「58 DARK GREEN」の4色展開。使い勝手がいいのは間違いなく「09 BLACK」。適度に艶も感じ、ワイドパンツながらも、他の色以上に引き締まった印象になります。誰にでもオススメとは言い難いアイテム故、強くはススメませんが、ご興味ある方は一度掃いてみてください。

「34 BROWN」は、春らしくややピンクっぽい発色となっています。季節感を取り入れると共に、差別化が一気に進みます。男性が選ばれる場合、絶対に被ることは無いでしょう。筆者もこの色を選択しています。女性らしさがぐっと増すため、男性的な着こなしを意識しましょう。レザーシューズやテーラードジャケットを羽織るとか上品なアイテムがオススメです。掲載している写真の色味がバラついて申し訳ありませんが、上掲の写真が一番実物の色味と近いです。太陽光に当たる程、茶系よりもピンクっぽい発色を強く感じられます。

「35 BROWN」「58 DARK GREEN」は、「34 BROWN」とは逆にワークの作業着っぽいイメージが加速するため、着こなしが難しくなります。例えば女性の場合、つま先の細いパンプスを使ったり、タイトなニットをタックインするとか。わかりやすく女性らしさを感じられる着こなしの中に合わせるのがオススメです。

2019年、いくつかある内のひとつであるワークのトレンド。これは労働者のために作られた作業着を想像していただけると簡単です。男性的で汚れなどを想起させますが、女性らしく細いハイウエストのデザインやカラー展開をしているのが非常に賢いです。アイテム単体でいわゆる甘辛ミックスを再現しているため、レディーライクなコーディネートに一点こちらを使うだけで非常にオシャレな印象となります。

では男性が使うとどうなるか。レディースアイテム故のシルエットの綺麗さは、無骨な作業者の印象を程よく打ち消してくれています。メンズでありきたりなカーゴパンツなどは、世間的にダサいイメージが先行してしまい、なかなかオシャレに見せるのは難しいでしょう。程よくトレンドを取り入れたルメールのデザインだからこそ、今着て楽しいアイテムであると感じています。ちょっと変化が欲しい。既存の服に飽きた。しかしセレクトショップやデザイナーズブランドなど高すぎて買えない。尚且つトレンドも抑えたい。そんな欲張りな方々にこそ是非オススメしたいです。価格は3990円(+税)。

ユニクロユー2019春夏まとめはこちらから↓

【2019春夏】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【25選】

2019.07.06
ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【151選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2019】

2019.10.22
「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【76選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
TAKUMA

この記事を書いた人

TAKUMA

身長167㎝ 体重51kg 靴25.5㎝

オシャレになって見た目も中身も磨きたいアラサー男子。人に見られることに臆さず自信を持って、胸を張って生きて欲しい願いを込めます。細身のシンプルなコーディネートが好き。さあ「脱地味」しよう。