2018年秋冬ユニクロUのポケッタブルモッズコートはロングコートデビューにおすすめ!

2018年秋冬のユニクロUのロングコートというと、ひときわ目の引くマスタード色のブロックテックコートを思い浮かぶ人は多いのではないでしょうか。今期のテーマカラーでもあるため公式サイトのルックブックでも多用されている色です。店頭で見て試着された方も多いと思います。しかし、「大きい」「カッパみたい」「高い」と感じて購入を諦めた方も多いのではないかと思います。筆者もその一人です。当初は購入する予定はなかったのですが、店頭で気に入って買ったのはポケッタブルモッズコートでした。ロング丈に抵抗のある人でも使いやすいアイテムです。

まず、モッズコートは今では、ロックバンドのSEKAI NO OWARIの代名詞的なアイテムになっていますが、もともとはミリタリーウェア、すなわち軍服です。寒冷地で動きやすいよう工夫が凝らされていて、ポケットや紐、燕尾服のような後ろの裾が特徴的で、これらにはすべて機能的な意味があります。

ミリタリーの源流に沿ったスタイル

前面は比翼仕立てになっていて、ボタンやジッパーが見えないようになっています。これはジッパーの引っかかりと風の浸入を防ぐための工夫です。

ポケットにはふた(フラップ)がついています。雨や雪が入らないような形になっています。ボタンが1つずつ付いています。

腰と裾には紐(ドローコード)があります。引っ張るとウエストが絞られますが、これは体に密着させてもたつきをなくして動きやすくするためのものです。また、裾は後ろが燕尾服のように長くなっています。魚の尻尾のように見えることからフィッシュテールと呼ばれています。前後の紐を太ももを通して結ぶことで裾がバタつかないように固定できるようになっているのです。フィッシュテールにはボタンがありますが、留めると裾が水平になって長さが少し短くなります。

市場では、差別化のために、余計なボタンやポケットを追加してアレンジされたモッズコートも出回っていますが、軍服のようなルーツのあるものに無駄な装飾を加えると途端に嘘臭く、安っぽい印象になります。「ポケッタブル」という仕様ではありますが、ミリタリーの源流に則しており嘘臭さや安っぽさは感じません。

サコッシュになるフード

薄いパーカーだとフードが立ち上がらずに寝てしまい、弱々しい印象になりがちです。ただ、このフードは内側に収納用の裏地と持ち運び用のベルトストラップが付いているので肉感があります。そしてドローコードを引っ張って調節するとフードが立ち上がります。顔周りに布があると対比効果で顔が小さく見えます。薄手のアウターながらしっかり小顔効果を出せるのはさすがといっていいでしょう。

また「ポケッタブル」なので、このフードの中に折りたたんで収納することで可能となります。


(A4のクリアファイルとほぼ同じ大きさになる)

収納時は20×30㎝のサコッシュのようになりますが、中身はパンパンになるので物は収納できません。撥水素材なので携帯用レインコートとしても活用できます。3日間折りたたんだ状態で保管してみましたが、しわくちゃにはなりませんでした。

やや甘い袖の絞り

袖にはボタンが2つあり、留める位置で絞り具合を調節できるようになっています。これも寒冷地のミッションに対応するためのモッズコートの機能です。しかし、絞りが緩いように感じました。もう1つ内側にボタンが付いていれば完璧です。ビッグシルエットでも、袖が締まっていればさほどダボダボには感じません。袖先(先端)が太いか細いかで、見た目全体の印象が左右されます。それだけ重要なポイントなので残念です。

フィッシュテールが少し邪魔

デザイン上仕方のないことではあるのですが、フィッシュテール(後ろ裾)とそのドローコードが歩くときに膝裏にコツコツ当たります。慣れましたが、これが不快に感じる方もおられるかもしれません。階段を下りる時に後裾が地面に着くのも気になりました。ですが、ボタンを留めると裾が水平になり、ドローコードが膝裏に当たるのも緩和されます。


(ボタンを留めると後裾が水平になる)

使用感

素材は撥水加工のナイロン100%。ご覧のように水を流してもしっかりとはじきます。同じユニクロUのチェスターコートやブロックテックコートだと羽織った際にずっしりとした重みを感じますが、本コートは肌触りの良い薄手の生地で軽い着心地です。防寒性は劣るので、インナーにニットやベストを着るか、レインコートとして割り切るのが良いでしょう。筆者は「36 BROWN」のカラーを選びましたが、合わせやすさを考えると黒が便利です。

身長168㎝体重68㎏の筆者はユニクロのトップスは肩幅の都合でLサイズを着ることが多いのですが、サイズはMを選びました。着丈は103㎝です。本コートはMサイズでも十分余裕がありました。オーバーサイズやマキシ丈を好まないこともあり、ジャストのMサイズにしています。

ロングコートは電車やバスに乗った時は膝まである丈が邪魔になって座りにくく、また着ていて暑くなることもあります。本コートは着たままでも座りやすく、脱いでサッと丸めてバッグにしまえるのが便利です。これらの点から、初めてロングコートに挑戦する人にオススメです。価格は値下げされて7990円(+税)。一部店舗のみの取り扱いとなっています。

ユニクロユー2018秋冬まとめはこちらから↓

【2018秋冬】ユニクロユーおすすめアイテム総まとめ【25選】

2018.11.11

ユニクロおすすめメンズアイテムまとめはこちら↓

【93選】ユニクロおすすめメンズアイテムを買ってレビュー【2018】

2018.11.15

「ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!」はこちらから↓

【42選】ユニクロを使ったおすすめコーディネート集!【メンズ】

2018.07.16
yokkoi41

この記事を書いた人

yokkoi41

身長168㎝ 体重67kg 靴26.5㎝

ユニクロGU愛好家。コスパとイージーケアにこだわる。我が身を使って洋服で自己肯定感を上げる実験中。それなりに効果は感じています。