ジャージのセットアップは着心地がバツグン!ヴァリスバイファクトタムの杢ジャージ1Bジャケット&パンツをレビュー

オシャレをする上で着心地を犠牲にしていないでしょうか? 特にセットアップは1日着用していて家に帰ったら疲れた……なんてことも少なくないはず。今回はそんな方にオススメしたいヴァリスバイファクトタムの杢ジャージ1Bジャケットを紹介します。

ジャージ素材でできたセットアップとは

こちらのセットアップは通常スーツなどで使われるウール素材ではなくジャージ素材が使われています。ジャージと聞くとトレーニングウェアを思い浮かべますよね。そうです、あの素材を使ったセットアップなのです。

そもそもジャージとは編み方の1種で正式名称はジャージー編み(メリヤス編みとも)で編まれた素材を指します。ジャージ素材の優れている点としては伸縮性に優れていることです。

また耐久性も高いため、トレーニングウェアに使われているくらい軽くて動きやすいのは御承知のとおり。デメリットとしては吸水性が良くないため、汗を吸い取るのに向いていません。

こちらをオススメしたい1番の理由としてはなんといっても着心地が楽なこと。

スーツスタイルやセットアップが疲れるのは、生地自体に伸縮性があまりないことです。タイトなジャストサイズで着こなしている場合、腕や足の稼働に応じて生地が引っ張られます。これらの生地は伸縮性がないので、動かした部分に負担がかかることになります。

加えて姿勢が悪いと服の重さが身体に分散されずに、ある特定の部分に負担がかかってしまいます。これがスーツを着ると疲れてしまう原因です。かといって、猫背などを矯正するには時間も労力も多くかかります。

その点、このセットアップは伸縮性抜群。それこそパジャマでも着ているかのような感覚で着こなせます。姿勢が悪い方でもスーツよりも身体にかかる負担は少ないでしょう。

またスーツは基本的にはちょっとした事でシワになりますが、ジャージ素材なのでシワになりにくいといった特徴があります。ただ柔らかい素材で元に戻ろうとする力が弱いので、裾や膝などストレスがかかる部分は次第に生地が伸びてしまいます。


https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/4050/14.jpg?d=201604281759

このように膝がポッコリと膨らむ膝抜けといった状態。こうなったらダサいことこの上ないのですが、アイロンである程度改善することができます。


https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/4050/16.jpg?d=201604281759

パンツを裏返しにして、膨らんでいる部分を中心に外側から中心に向かってアイロンを当てるイメージです。この時、アイロンを当てすぎるとテカリが出たり、生地が焦げたりするので要注意です。一瞬だけ当てて、離すという作業を繰り返しましょう。

杢目使用のセットアップ

またこのように一見するとブラック単色で地味な印象のセットアップですが

近くで見るとこのように表情ある素材となっています。こういった素材は杢と呼ばれているのですが、木目のように薄い色と濃い色で構成されています。

濃い色と淡い色の綿をそれぞれ合わせて紡いだ糸を使っているので遠目には黒に見えるのですが近くで見ると黒と茶色が織り混ざった表情のあるデザインに見えます。

遠めにはドレスライクなファッションに見えますが、近くから見ると柄物を着ているかのようにも見え、ほんの少しではありますが、脱地味に貢献できるセットアップになっています。

セットアップはもちろんカッコいいですけど、モノトーンやダークトーンの物だとどうしても地味に見えてしまいがちです。基本的にスーツやセットアップは生地に表情がないものが多いので、このように表情がある杢目の物だとあまり地味にも見えないのでオススメです。

ジャケットのサイズ46(Mサイズ相当)で着丈65.5cm、身幅53.5cm、肩幅43cm、袖丈59cmです。177cmで65kgの筆者でジャストサイズです。

パンツのサイズは4(Mサイズ相当)でウエスト76cm、股上28cm、股下75cm、腿幅30.5cm、裾幅16.5cm。筆者のように足が短いことも考えるとサイズ3でも充分問題なかったと思います。

また、パンツはベルトループがなくドローコードで調整ができます。履く位置で裾の位置を簡単に調整することが可能です。ただ最初の状態で股下が75cmあるので足の短い人は裾のお直ししてもらった方がいいでしょう。足の短い筆者はロールアップして着用しています。

デザインの細かい所、不満点

こちらボタンはブランド名が刻印され、模様が加工でつけられています。袖部分にはボタンが付いてはいません。

ポケットは上下共に外側に打ち付けられたパッチポケットなので、少しカジュアルな印象です。またジャケットの内側にポケットがなく、携帯や財布を入れる所が少ないです。バックをあまり持たない身としてはこちらが不満点です。

スーツでもそうですが、ジャケットの脇ポケットに物を入れてしまうとシルエットが崩れてしまうので、物を入れないことが好ましいです。

しかもこのジャケットはスーツなどでよく見られるポケットとは違い、外側にポケットが打ち付けられており、さらに素材が柔らかいので物がはっきりと浮き出てしまいます。大人しくバックを持ちましょう。

こちらのコーディネートはインナーにタートルネックのニット、靴はフェイクスウェードでできたスニーカーにカジュアルな要素として靴下、クラッチ、ニットキャップを着用しています。

コーディネートを考える時間が面倒だという方には打ってつけのアイテムです。価格はセットアップで税込5万7240円とお安くない値段ですが、それくらいの価値はあります。良かったら皆さん試してみてください。

マーボー

この記事を書いた人

マーボー

身長177㎝ 体重65㎏ 靴26.5㎝ 29歳

自他共に認める音楽好き。音楽からファッションに興味を持ち、アパレルに従事していたのでファッションと音楽関連の話に精通