【11選】メンズのオススメ腕時計を実際に買ってレビュー!チープカシオからオメガまで網羅【2018】

時間の確認は、携帯電話やスマホで行い腕時計をしない人もいますが、腕時計は時間を確認するだけのものではありません。腕時計はファッションアイテムとして、オシャレを楽しむこともできるのです。

今回は、ビジネスシーンではなく ”普段着” に合わせやすい腕時計をピックアップしたのでご紹介します。

HAMILTON(ハミルトン)/「ジャズマスター ビューマティック」

ハミルトンのジャズマスタービューマティックはシンプルで視認性が高くて軽い三拍子の揃った機械式の腕時計です。腕に着けても軽い着け心地です。ストレスを感じません。ベルトはメタルですが、別売りのベルトを購入して取り付けることで簡単に印象を変えることが可能です。

例えばレザー系にするとビジネスシーンに使えて大人らしさと気品溢れる印象を与えてくれます。文字盤はブラックの対比でシルバーと白のコントラストで視認性が高くなります。秒針は細い作りです。分針、時針は先細のテーパード型になっています。

分針、時針と時間ごとのくさび状のダイアルには暗い所で光る蛍光塗料が施してあります。10時から14時にかけてHAMILTONのブランドロゴがあり、3時の位置に日付表示がついています。文字盤の裏面には透けて見えるシースルーバックからはメカ好きな男心をくすぐる機械式ならではの精密さと意匠を感じます。

腕から外して16時間~18時間ぐらい持続可能です。通販で購入すれば¥6万1800(税込)です。故障、動作不良もありません。シンプルながら飽きのこない表情で長く愛着を持って付き合える腕時計です。

より詳しいレビューはこちらから↓

初めての機械式時計ならハミルトンのジャズマスタービューマチックがオススメ

2017.10.02

TIMEX(タイメックス)/「クラッシックデジタル(ゴールド)」

腕時計ですが、少し目立つアイテムです。色はゴールド、デザインもレトロフューチャーなデザインで特徴的です。「時間も確認できる」けど「装飾」の役目ももっています。シンプルな腕時計とブレスレットの中間的な立ち位置です。休日はちょっと変わったデザインの時計をつけると、リラックスした雰囲気がでて、お勧めです。

ベルトの「メタルエクスパンションベルト」はゴムのように伸び、着脱が容易です。筆者は、このベルトの効果で、出かける際にバタバタしていても、着ける気になり、使用頻度が上がった気がします。

バックライト機能「インディグロナイトライト」も装備されていて、夜間の視認性も高いです。TIMEXは世界で初めて、文字盤全面発光機能を採用したメーカです。

値段はTIMEX公式のオンラインショップで定価8000円(+税)です。同じデザインでシルバーもあります。「ゴールドは自分には少し派手かな。」と思った方はこちらもチェックしてみて下さい。

より詳しいレビューはこちらから↓

TIMEXクラシックデジタル時計はアクセサリーに抵抗がある男性にオススメ

2017.11.05

CASIO(カシオ)/「MQ-38」

ちょっとしたお出掛けに気兼ねなく使えて、見た目にもオシャレなカシオの腕時計「MQ-38」。「チープカシオ」と呼ばれる、カシオが販売した腕時計の中でも、安価ながらも機能的に充実している腕時計の1つ。

「MQ-38」は逆輸入モデルであり、シンプルでミニマムなデザインに仕上がっている。この潔いほどの無駄のないシンプルなデザインが洗練された印象を生み出し、大人っぽい雰囲気を醸し出しているといえます。

本記事でご紹介するモデルは長方形のスクエアフェイス、シャープでクールな印象がgood。オールブラックがシックでモダンな仕上がりになっています。何よりも非常に良心的な価格のため、傷や汚れも気にせずに気軽に使えるところもメリット。

TPOに合わせて使い分けるのも腕時計の1つとして手持ちアイテムに揃えてみるのはいかがでしょうか。

より詳しいレビューはこちらから↓

1000円台で買えるカシオの腕時計「MQ-38」は気兼ねなく使えてオシャレ度も高い

2017.11.17

CASIO(カシオ)/「カシオスタンダードMQ-24 -7B2LLJF」

チープカシオの中でも人気モデルのMQ-24。昔ながらのデザインで非常にシンプルな腕時計です。ベルト部分は黒、白い文字盤に数字と針は黒と、すべてモノトーンで構成されています。時計として必要な情報、機能以外は極力排除したミニマルな印象を感じさせます。

長さ調節の穴が11個も開いているため、手首が細くても余裕で装着可能です。ケースの大きさも縦38.8mm×横33.8mm×高さ7.8mmとやや小ぶりとなっており、女性や子どもでも着用できます。

精度は平均月差±20秒と気になるほどではなく、電池寿命は約3年間です。さらに防水機能も備えています。この値段でこれだけの機能を実装できるのは、さすがカシオと言ったところです。値段は、3132円(税込)です。しかもAmazonで購入すれば千円以下で手に入れることができます。

より詳しいレビューはこちらから↓

チープカシオの人気モデルMQ-24(防水)を水に浸けてみた

2017.11.25

Orobianco(オロビアンコ)/「TIME-ORA」

男性が最も自然な形で身につけることが出来るアクセサリー、腕時計。数ある腕時計の中から今回オススメするのはオロビアンコのチントゥリーノ。ビジネス用のものの流用と思われない編み込まれたレザーバンドが、手首をとてもナチュラルに飾ってくれます。

通常の革バンドと違い、編み込みバンドの特徴として「より自分にぴったりなサイズ調整が可能」ということが挙げられます。周りから見えることのない部分へも施されたブランドネームの刻印や、付属の重厚な収納BOXからはブランドの自信が見て取れます。

価格は定価1万9440円(税込)。生活防水や、日付表示もあるので最低限の機能性は問題ありません。唯一のデメリットは秒針が太いので慣れるまでは違和感があるということ。

しかし、一分一秒を争うような場面でない限り問題はないでしょう。それ以上に街着に合わせて使う手首の相棒としての活躍がずっと大きいです。筆者は最も使い勝手が良い黒を選びました。

より詳しいレビューはこちらから↓

腕時計はレザーバンドこそ街着に合う!オロビアンコのチントゥリーノをレビュー

2018.03.17

agnesb(アニエスベー)/「マルチェロ クロノグラフ ソーラーFBRD973」

アニエスベーの時計はソーラー式でベーシックな形なので年代を選ばずにつけることができ、初めて時計を買う人にもおすすめの時計です。特徴として文字盤の数字が手書きで書かれたような少し崩れたような形になっていることで僅かにカジュアルな雰囲気出ています。

バンドの色は薄いベージュで日本人に合う色をしています。それにより主張が強すぎることはありませんが時計は三首という視線が集まりやすい部位の一つである手首に位置するので、ほどよく目立つ印象を与えてくれます。

またこの時計は最初に留め具の位置を調整してしまえば腕につけるたびにバンドを締めなくていいので楽につけることができるのでとても便利です。

そこそこのお値段なので気軽に買うことはできませんが使いやすいので買って損のない時計だと思います。これからの暖かくなっていき半袖の服を着た際に手首が寂しくならないよういかがでしょうか?

より詳しいレビューはこちらから↓

仕事でも街着でも使える腕時計アニエスベー「マルチェロクロノグラフソーラー」

2018.03.19

agnesb(アニエスベー)/「サムワールドマップコレクション FCRT981」

アニエス・ベーの腕時計の正式名称は、アニエス・ベー サム ワールドマップコレクションです。1990年代に人気を博したSAM(サム)というシリーズに2000年に誕生以来、アニエス・ベーの人気定番モチーフとなった世界地図のデザインを取り入れた1本です。

フェイスやベルトはアニエスブルーと呼ばれるネイビーのような色で彩られていて、縁部や針のステンレスシルバーとのコントラストが映えます。デザイン自体はタウンユースに使いやすいものですが、色味に統一感があるのでカジュアル過ぎず上品で大人っぽい印象も保っています。

クロノグラフとカレンダーが搭載されており、メタルバンドなのでプッシュボタン1つで簡単に着脱可能など機能性も良いです。機械式ではなくクオーツ式ですが、見た目にはわかりませんし、高級感はあります。ネイビーは黒やシルバーに次いで合わせやすい色です。

黒やシルバーの腕時計はベーシックなものを所持している方も多いと思いますので、次の1本にはこの腕時計のような、遊び心に富んだデザインのものはいかがでしょうか。

より詳しいレビューはこちらから↓

アニエスベーのSAMはこれからの季節におすすめの腕時計!

2018.03.19

Daniel Wellington / Classic Sheffield

ダニエルウェリントンの時計は極限まで無駄を省いたデザインとなっています。文字盤はバーインデックスと長針と短針のみで、数字等は一切入っていません。ケースの厚さは6mmとかなり薄くなっており、主張の少ないデザインです。

ケースはステンレススチール製、輝きも十分にあります。ベルトはイタリア生産の革が使われており、こちらもレザーとして十分な深みがあります。中のムーブメントは日本製のクォーツ式、雨程度なら耐えられる防水性です。

風防はミネラルガラスですが、価格帯等を考えると、あまり気にならないかと思います。こちらのモデル、ケースの色はゴールドとシルバー、ベルトはブラックとブラウンの展開です。

さらにケースは36mmと40mmから選べます。こだわりがない限り、36mmのタイプを選んでおくと、馴染みがよく間違いありません。価格は2万2000円(税込)です。

高すぎずシンプルに使いやすい腕時計をお探しの場合は候補に入れるといいと思います。

より詳しいレビューはこちらから↓

2年半使って分かった!ダニエルウェリントンの腕時計が人気の理由

2018.04.03

セイコー  / ソーラーGPS時計 アストロン ASTRON SBXB093

「セイコー アストロン 8Xシリーズ ワールドタイム(SBXB093)」は圧倒的な時刻の正確性と、様々なコーデに合わせやすいデザイン性を両立した腕時計です。

GPSソーラーウォッチであるアストロンは、GPS衛星電波から現在地の正確な位置・時刻情報を取得し、すぐに時刻を修正してくれるので、時間がずれることがほぼありません。また、ソーラー充電ですので、基本的には電池切れの心配も不要です。

もちろん、機能性だけではなくファッション性もバッチリ。ケース素材はチタン製で、ザラツ研磨仕上げが施されています。バンド素材は天然クロコダイルレザーが使われており、そんじょそこらの高級機械時計にも負けない高級感が漂っています。

また、文字盤は真っ白ではなく、若干シルバーがかった光沢のあるホワイトになっています。文字盤のデザインも比較的シンプルになっており、いろいろなコーデに合わせやすいのも気に入っています。価格は18万円(+税)。

より詳しいレビューはこちらから↓

セイコーのアストロンはデザイン性と機能性を両立した腕時計

2018.03.26

オメガ / コンステレーション

普段遣いできるアンティーク時計、OMEGA(オメガ)Constellation(コンステレーション)(1960年製)をご紹介します。

アンティーク時計と聞くと、普段使いなんかとてもできないと思われるでしょう。しかし1960年代以降の機械式時計であれば、ケースの防水性が向上していたり、修理部品も豊富にあるので少々気を遣いさえすれば普段使いできるものもあります。

1960年製オメガ「コンステレーション」もオススメできるひとつです。ケースは34.5mmと小ぶりですが、文字盤は光沢のあるシルバーで、立体的なバーインデックスとスッキリしたドーフィン針の組み合わせで、シンプルながら魅力的なアンティーク時代の造りを堪能できる逸品となっています。

さらにムーブメントも精度に定評のあるキャリバーCal.551を搭載しており、現役で使用することができる実用性も兼ね揃えています。

しかし個体ごとの性能を見極めなくてはなりません。できれば近場で修理もできる信頼のおける専門店で買った方が安心です。価格相場は10万円前後です。

より詳しいレビューはこちらから↓

アンティーク時計は2つのポイントを注意すれば普段使い可能!

2018.03.27

SKAGENスカーゲン)/ 「233LSS」

今回紹介するスカーゲン233lssの特徴は、盤面が薄いことです。盤面は厚さがなんと6mm。この薄さがメッシュベルトとマッチしていて、見事な一体感を出しています。ケースの素材はステンレススチール、ベルトはステンレス、メタルでできています。

手に触れるとしっかりした作りで、それでありながら派手な主張はせずどんなコーデでも似合うでしょう。しかし、この時計には秒針がないため、正確な時間が知りたい場面には不向きでしょう。また、駆動方式はクオーツで、日常生活防水、風防にはミネラルクリスタルガラスを使用しています。

ベルトの長さはスライドパーツを動かすことで調節できます。筆者は腕が細く、無骨で盤面が厚い腕時計が似合いませんでしたが、この腕時計を実際に見つけてみるとジャストフィットで、腕の細さを強調することはありませんでした。

現在この時計は生産されてないのですが、筆者はメルカリで3500円でゲットすることができました。電池が切れていたため交換が必要だったのですが、ビックカメラで1000円でやってもらいました。電池交換代を入れても4500円だったため、安く手に入りました。

より詳しいレビューはこちらから↓

北欧の洗練されたデザインが魅力の腕時計「スカーゲン」をレビュー

2018.04.12